2013年2月26日(火曜日)
ドルフィン・コレクティブ:最近の出来事について

チャネラー:メリンヌ・ラフォン

http://pleiadedolphininfos.blogspot.jp/2013/02/the-dolphin-collective-about-recent.html

TUESDAY, FEBRUARY 26, 2013
The dolphin Collective about the recent happenings ~channeled by Méline Lafont

(メリンヌによる注記。このメッセージは、彼らの以前のメッセージとはどこか違う気がしています。なので、どうしてこうなっちゃったのと心配です。これが“ウェイクアップ・コール(モーニング・コール)”のメッセージであることは私にはハッキリしています。ただ、普段のメッセージは人々の目覚めを支援する意図を持っていて、もう少し硬い口調なのです。私は今も彼らの愛のエネルギーを感じていますが、それは彼ら自身も持て余すほどになっているのは明白です。)

こんにちは、イルカの皆さん、そして光の家族! どれだけ私が心から皆さんを愛していることか! かけがえのない友達、私はこのコネクションにとても感謝しています。

【D】(ドルフィンズ(イルカ達)、以下同じ。また、【M】がメリンヌさん。)どういたしまして、メリンヌ。私達は光栄に思ってますし、それにあなたと繋がることで沢山の愛と歓喜が付いてきます。あなたがするように、私達はいつもこの交流を楽しんでいます。なぜって私達イルカも、あなたを愛しているんですから。

【M】かなり長い間、私は水と海のイメージを受け取っていました。明示的なメッセージとしてそれが何を意味するのか十分に知ることなく。最近、千単位の数のイルカのグループがなんだかアップダウンする方法で水の中を進んでいて、彼らは本当に大きな一つのグループとして遠方までカバーしているの。これは共通の行動なのかしら? あと、イルカの振る舞いが私の得たイメージとリンクしているの? 私が知っておくべき特別なメッセージ、それとも皆さんが人類と共有したい特別なメッセージなのかしら? 沢山の質問がこの頃は湧き起こっているんです。

【D】愛する人、もちろん、私達はこの問題についてもっと共有したいですし、そうすることが私達の喜びになるでしょう。私達はあなたを本当に心から愛しているんですよ! 私達は皆さんに見られることや、皆さんと共にある私達の愛とエネルギーを分かち合うこと以上に望んでいることはありません。ですから、どうぞ質問なさって、それらが有意義になるようにして下さい。実際、この幾分奇妙なイルカの行動の意味が何なのか、差し迫った中であなたに情報が伝えられるということは、それが絶対的に必要だということです。

私達は星と別次元のゲートキーパーです。その別次元は、より高次で啓発されたエネルギーで作用するのですが、そこで集合意識が形成されて、私達皆が一つのものとして結び付いています。私達は、地球上のあらゆる存在のために地球と連動して集合的なシフトが起こるように、全てのコードとエネルギーが純化される形で皆さんの地球世界に入ってくるように取り計らっています。私達はゲートキーパーのチームで、エネルギーの伝送を保護したり請け負っているのです。私達に命じられているのは地球を支援することだけではなく、皆さんの新たな自己、ハイヤーセルフに皆さんを導くことでもあるのです。私達は地球と海と人類を大いに愛しています。だからこそ私達はここにいるのです。私達は皆さんの家族であり、皆さんの光の兄弟です。私達は皆さんのアセンションを保証し、これらの新しいエネルギーを海底に溶け込ませています。私達はレムリアとシリウスのエネルギーへの円滑なシフトに貢献しています。

私達は、海とそこに住む全ての生物種に人類の関心を向けさせるための巨大な行進を始めました。人類は長い間、海洋はもとより異なる種の魚も消耗してきましたし、例外的なケースですが、それらを殺戮してきて、残念なことに幾らかの種を絶滅に向かわせています。私達の種(クジラやイルカといった種)の虐殺を理由に、緊急の配慮が私達の生活や存在に敷かれるべきです。もう私達の生体(肉)が食用や娯楽目的で使われることには耐えられません。

私達の最近の“奇妙な”行動は注意を切に求めたものなのですよ、愛する皆さん。持ち上がっている問題に対して展開されている更改(リニューアル)のための声であり、習慣的な在り方から新しいそれへの変化を希求する叫びなのです。もっと言えば、それはレムリアのエネルギーを活発にするための私達のこだわりです。私達は皆さんへの愛ゆえに、人間が学ばなければならないレッスンのために自らの身体・乗り物を犠牲にしてきました。このようにして私達は長い間、人類の目覚めに役立ってきたのであり、祝福を人類に送ってきたのです。今こそ、愛しくも道を見失っている迷える魂のために、大きな目覚めの呼びかけ(ウェイクアップ・コール)を行う時です。このウェイクアップ・コールは思考と理解と感性と知恵を呼び起こし、ついには純粋な愛と心からの連携に基づく新たな(更生の)活動に繋がります。

ウェイクアップ・コールを通じて私達は迷える魂にもっと多くのことを示すでしょう。私達の愛を以って滋養したり、私達が単なる哺乳類の種族や食料源や娯楽に使われる以上の存在だということを理解させるでしょう。私達は皆さんの心が感じることを感じられます。そしてそれは、こうしたこと全てに対する確固たるストップの感情なのですが、人類の中のあるグループが、その洞察と啓発に抵抗し続けています。

皆さんのほとんどが、私達を正しく見て、感じて、尊重してくれているのを感じていますし、皆さんからの愛の印に本当に感謝しています。それは私達が、皆さんの心からの愛と尊敬を感じるのに驚くほど効果があるのです。私達は次のような魂が多くいることを知っています――私達の窮状を救おうと多額の出資をする人、改善(償い)に当たる人、私達をサポートする人、プロジェクトを始める人、私達のやり方で送られる愛の全てに言及するのではないにせよ、私達の大義に人生を捧げる人です。私達はこうした人達を感じ、その支援が確実に私達にもたらされているとともに、皆さん自身をも高次のスピリチュアルな状態や愛による啓発的な状態へと至らせているのです。

幾つもの新しい源(ソース)と新しい目覚めの方法があって、その中に私達は完全に新しい方法で参加していますが、それらは始まったばかりです。注意や配慮を呼びかける切実な叫び声は全体に反響し、人間の関心は今私達の存在と海に向けられています。ポジティブな手段で注意を私達に向けさせることが、この問題に関する全てです。そしてそこで、私達は皆さんに、愛のある優しさが皆さんのハート・チャクラを開くことに繋がるのだと示すのです。これから起きることが沢山ありますが、それらの多くは私達の存在からなるレムリアのエネルギーが支えています。

私達は愛していて許しています。私達は皆さんに対する恨みの感情はありません。しかし、私達の身体を無残にも虐殺することは止めるべきです。私達はこの残酷な行為を非常に長い間にわたり許容してきました。今ではもう、虐殺が皆さんの世界では何の役にも立たないことは明らかです。こうした恐ろしい行為は終わるでしょう。というのも、私達が撒いているエネルギーがそうさせるからです。私達は集合的なユニットであり、それは同じ弦を引っ張って、皆さんの世界での巨大なパワーと大規模な創造という結果をもたらします。私達はフォースとエネルギーで結ばれていて、私達も皆さんも、もうこれ以上そうした行為に耐えられないので、これを最後に全ての恐ろしい行為を何とかして終わりにするのです。

ちょうど私達がしているように、愛して許すようになって下さい。私達は今、皆さんの更改と一緒に始めており、地球にいる私達全体に対する皆さんの全面的なサポートと愛を求めています・・・少しの分別もない迷える魂達からもです。私達に対する皆さんの活動は劇的に変化するでしょうし、それが愛情ある方法に改められる必要があるため、以前にも増してもっと関心を集めることが必要となるでしょう。それから、もはや分離やエゴが絶大な力で統治する二元的な在り方をする必要性もありません。エゴはもう存在できなくなり、そこには愛と和合(ユニティ)があるのみになるでしょう。それなので、私達はウェイクアップ・コールをかけたり、様々な行動により後押ししているのです。ユニティへの、変化への、再生と美への、そして私達の存在と海の純粋さへの注意を引くためにね。

海は、入来するエネルギーと進行中の浄化プロセスを通して荒れ狂った状況になる可能性があります。そういう訳で、私達は最大限ポジティブな方法で全てをコントロール化に置き続けるべく、守護者としてここにいるのです。私達は海底に愛を刻印することはもちろん、光のコードも運んでいます。そういうことから、私達はそれらのエネルギーとコードの乗り物なのであり、現に今も大勢の人達にそのように知られています。

人類の他のグループがこれを見たり感じたりするのが私達は大好きなのですが、これはまだそうなってはいません。目覚めた魂の数が増加しているにもかかわらず、それでも世界的規模での現状打破に至るには十分ではないのです。

誤解しないで下さいね、愛しい方々。私達は心から皆さんを愛しています! 私達は少しも分別のない、または知りたくもないとする迷える魂でさえ愛しているのです。知っていることは愛だけなので、私達は寛大です。私達は自らの身体を伝送の手段とみなすことで皆さんの惑星に住めるのですが、それほど深くは身体を重視していません。私達はそうしたポイントを超えて進化したのであり、もし人間がこのことから学びを得て進化し続けさえするなら、自分自身を捧げることに私達が思い悩んだりはしません。このような理由から私達はそうするのです。

あなたも、メリンヌ、このことで大いに苦しむ時がありますが、あなたはそれに終止符を打つべく長期間、耐えてきました。あなたは、メディアや政府系人物に話したところで何の結果も生み出さなかったという結論に至り、そういうことからあなたは、高次でスピリチュアルなレベルでの全く新しい方法で私達と協力し始めたのです。それが、私達があなたを、私達のスポークスマンの一人として働くように選んだ主な理由です。だから、私達はあなたを愛しています! ありがとう!

【M】どういたしまして! 私も皆が大好きよ(涙がこみ上げる)。

【D】私達は本当にあなたの苦悩を感じるし、他の人の苦悩も感じます。皆さんに私達がお願いすることはただ一つ、それはいつも愛と互いへの敬意をもって私達のことを考えてね、ということです。つまり、皆さんが私達のあり方に愛を送ること、また、私達の死の瞬間にこの物理的な乗り物をリアルとみなさないことで、皆さんは私達をサポートするでしょう。私達と人類に希望を抱き、信頼しましょう。そんな風に、人類との連携をもたらす新しい繋がりと共に啓発の一つの形が作られるのです。もはや私達と人類との分離は経験されなくなります。

海底や海面、またクジラやイルカのみならず魚類全種において強烈な変化が起きる可能性があります。私達は、あなたの優しさはもちろんのこと、私達の行進に関する質問をしてくれたことに対しても感謝しています。それがきちんと書き留められて世界中に配られるという、大きな喜びを私達にもたらしてくれるからです。私達は極めて強い連携方法にも期待を寄せています! 愛をもって私達のことを考えて下さい。ちょうど私達が皆さんのことを大切に思っているようにです。ありがとう、愛しい皆さん!

【M】こちらこそ、ありがとう。私が何千ものイルカ達が自ら浜に乗り上げているというニュースを知って、三日経っています。そのことについて何かハッキリさせたいですか?

【D】私達は余儀なくされているのですよ、メリンヌ。起きていることは、とても悲しいことです。でも、それは現在進行中のエネルギッシュな行進とは無関係です。あれは、NAVY(海軍)により海中でソナーが使用されていることに関係しています。結果として、私達の転生者の多くは完全に方向探査能力を失うとともに、彼らの自身のソナーに鋭い痛みを感じるのです。したがって自ら浜辺に乗り上げることが、これを終わらせる唯一の手段なのです。

【M】その話題について、もっと詳細を述べることはできますか?

【D】心配することはありません。私達はかなり確信を持っているのですが、人間の共同体が本格的な後援を得てえ改善に当たるでしょう。全てが変わってゆき、同じままであり続けるものなど何もないことを知って下さい。私達は、そのことに効率的に対処して、本来のエネルギーの伝送者という在り方に変えるだけの十分な強さがあります。変化は今です! 皆さんを愛しています。愛しい人達。

【M】どうもありがとう、本当に感謝していますし、皆さんをとっても愛しています。


これらのドルフィン・コレクティブからの言葉は、実に心温まるものです。このチャネリングの間に私が受けたフィーリングで、私は涙を流しました。私は感情的に圧倒されるのを感じます。というのも、彼らの痛みや苦しみが実際に感じ取れる一方で、私は、彼らが私達をどれほど愛しているか、また、私達のことをどれほど大切に思っているかを、ありありと感じるからです。彼らは本当に優しい生き物で、どんな状況であろうと、彼らのマスターシップ(熟練性)を利かせるのに十分過ぎるほどです。私は、このメッセージを共有すべく一緒に働きかけるように皆に呼びかけたいと思います。できるだけ多くの魂に、あのイルカ達が示していることが何なのか、それから、彼らが食用に消費されたり、殺戮されたり、娯楽目的で使われるだけの哺乳類の種以上の存在であることを説明するために、です。皆さんが何をしていても、あるいは皆さんの周りの人達にシェアして感化させるにしても、攻撃性や怒りではなく、愛をもってそれを行って下さい。ちょうど、あのかけがえのないイルカ達がしているように。他者への愛と思いやりに満ちた状態で、あなたの愛と目覚めのメッセージを伝えて、変化を生み出して下さい。愛を。メリンヌ。


Copyright © by Méline Lafont. All Rights Reserved. Permission is given to copy and distribute this material freely, provided the content is copied in its entirety and unaltered, is distributed freely, and this copyright notice and links are included. http://pleiadedolphininfos.blogspot.com for Blogger and http://pleiadedolphininfos.wordpress.com as Homepage

–       Translation: C.I.

–       http://blog.goo.ne.jp/creative_imagination/e/5864e89e44aa14f0eac40964449deb35

–        

LEAVE A REPLY