Screen shot 2015-01-30 at 11.18.03 PM

DL・ゼタ 2014年12月1日 新しい時へとあなたを運ぶ、「別バージョンの自分」と同調する

http://5dascensionnow.wordpress.com/2014/11/30/dl-zeta-aligning-with-the-version-of-you-that-can-transport-you-into-the-new-time/

DL ZETA: ALIGNING WITH THE VERSION OF ‘YOU’ THAT CAN TRANSPORT YOU INTO THE NEW TIME

November 30,2014

新しい時へとあなたを運ぶ、「別バージョンの自分」と同調する


近年の加速したエネルギーは、より一層楽に現実化を起こさせるようになっています。このことは私達がさらに新しい時へと入ってゆくにつれて、今以上にそうなります。私達のスピリチュアルな任務を実現することは、多くの人にとってますます強まる願いになっています。もしもあなたがこの世界において困難さを感じているのなら、それはあなたが物質世界にビジョンを投影するというプロセスを試験している最中なのかもしれません。

私達はまずどんな時も、アクセスしたいタイムラインに沿って存在できる自分のバージョンを明らかにすることを求めます。ある意味、私達は実際のところ、現実を創造しているのでも具現化しているのでもなく、私達の今この時に対して既にパラレル(並行的)に存在するタイムラインに同調しているのです。

新しい時と最も強く同調した「あなた」に同期するステップ

自分自身の最高の可能性(ポテンシャル、潜在能力)に到達した時、あなたは自分のビジョンが息づくタイムラインに最も強く同調した『あなた』を受け入れ、そのタイムラインへ自らを送り込みます。私達はここで、あなたが最高の可能性に同調していけるような幾つかの提案をします。

始めるその時は、いつでも今

1)このプロセスを始めるのは、いつも今だということを認めましょう。今この時というのは、常にあなたの真の力の要です。今この瞬間には小さな歩みであっても、将来的に大きく力動的なシフトをもたらすでしょう。そのシフトはいつしか、新しい時の周波数にアクセスするタイムラインへとあなたを運んでくれます。

五次元のタイムラインに沿って存在できる「あなた」を現実のものにする

2)あなたの最高の可能性と同調したビジョンを受け取るべく心を開放すること。新しい可能性に共鳴する時、私達はチカチカとした光を知覚し始めたり、この可能性に関するビジョンを受け取り始めます。こうした光は、この現実がどんな風に見えるか、どんな風に感じるかを内観させ、その現実の糸に沿って出会うかもしれない可能性のタイプや機会への洞察を提起します。この光の兆しはインスピレーションの火花を散らし、あなたの想像力に火を点けます。このビジョンに魅了され、熱中し、あなたはそれをもっと学ぼうと探求の旅に出るのです。そのことを観察する心づもりでいましょう。この意図された創造に注意を向ける時はいつでも、あなたはそれにエネルギーを注ぎ込み、創造のエネルギー場は拡大していきます。

ひとたびビジョンを受け取り、それと同調することを選ぶと、次には、あなたのビジョンに最も密に同調した意識の側面を耕し、強化するプロセスが始まります。これは、あなたの創造性を実在のものにしていける側面です。あなたがこれを読んでいるということは、あなたは高次の波動や五次元のタイムラインに沿って生きることに興味を持っていて、あなた自身を新しい時に完全に入るように支援する『あなた』を実現する意志を持っている、ということですね。この『あなた』は、あなたの最高の可能性を象徴します。最高の可能性のある方向に向かわせてくれるバージョンの自分になる時、この自己は常にその時々で高次の周波数にアクセスする手段を見出します。

まずは、単純に意識の中でビジョンを息づかせる

3)新しいビジョンを単純に意識の中に存在させましょう。この初期段階では、どうやってこのビジョンを物質世界に投影させるのかなどと心配しないで下さい。新しいビジョンが私達の想像力の入り口にやって来たとき、すべきことはただそれに心を開き、可能性の一つとして快く迎え入れることです。新しいビジョンに対して心を開くために、そして強い可能性の一つとしてそれを意識の中で存続させるために、どんな風にビジョンを実行したらよいのかと知る必要はありません。私達がこうしたビジョンを成し遂げるためには、それに足るスキルや経験を得ていなければならないと考えるのは間違いです。これはさらに別のバージョンの欠乏性思考ウイルスで、それが私達にビジョンを実現するのに必要なものを有していないと告げているのです。だから私達は、気まぐれな想像で生み出された『白昼夢(空想)』としての欠乏意識を無視しなくてはなりません。

新しいビジョンが成長し、広がるようにする

4)この新しいビジョンがあなたの意識の中で育まれるように仕向け、養分を与えること。一日一日、一瞬一瞬、それがあなたのエネルギー場に存在しているものとして、このビジョンを観察するのです。そのビジョンについて問いかけを発し、それに慣れ親しみましょう。この可能性について学ぶに従い、私達は活発になり、そのビジョンに一番近い意識の側面と繋がり始めます。私達がそのことに注意を向ける度に、私達の可能性はエネルギーを集めて拡大します。そのビジョンの潜在性が実際の物質世界に現れるための臨界点に到達するのは、物質世界に落とし込めるまで培っていける意識の部分と十分なエネルギーで共鳴するほどに可能性が増す時です。

過去のトラウマにとらわれている側面を手放す

5)新しい可能性がそのエネルギー場で強さを増すにつれて、あなたは自分の中に存在する局所的な抵抗に気がつくかもしれません。一般的に言って、こうしたものは抱え込んでおきたい側面ではなく、それどころか、まだ癒されてもなく解決されてもいない感情や、それらに付随したトラウマが居座る過去の瞬間に存在する側面です。これらの側面はこの瞬間を適時『ブックマーク(お気に入り)』するエネルギーを保持しています。ですから、いずれもっと習熟した『あなた』がそれらを治癒して解き放ってあげられるでしょう。新しい可能性を耕し、始動させる準備をするにつれて、癒しと解放を必要とする領域が示されてきます。過去のトラウマの周りを取り囲んでいるエネルギーを解放してやるに従い、実際に働かせたいと願う新しい可能性に向かうべく、このエネルギーに改めてフォーカスし直せるようになります。

内なる寺院にて未来の可能性に出会う

6)内なる寺院を創造し、そこで日がな一日を過ごしてみましょう。新しい可能性との結び付きを強くする方法の一つは、毎日、意識内でその可能性と顔を合わせることです。内なる寺院は将来の可能性と出会い、一緒に働くのに絶好の場所です。この寺院はあなたが望むどんな形にもなれます。海の側にあるコテージにもなれますし、山々にある丸太小屋にも、熱帯雨林のツリーハウスにも、砂漠の中のテントにもなれます。あなたと出会うために、あなたが意図した創造物をここに招き、穏やかさと愛に満ちた雰囲気の中で一緒に時を過ごすのです。この高次振動の空間で、あなたは自分という存在のあらゆる側面を新しい可能性に乗せて簡単に見つけることができます。高次振動の周波数はいつでも、低次振動の周波数を癒し、牽引します。気分よく高揚する状態に日々入ることは、それがたとえ短い間であっても、自然と障害を取り除いて癒し、あなたのビジョンを実現する助けになります。

現実がどのように形を成すのか、その細部にこだわろうとする衝動を抑える

7)宇宙が新しい現実をあなたにもたらす時、それがどのような方法であっても受け入れるようにして下さい。どんな形で現実として現われてくるか、そこに偶然性を持ち込むのは間違っています。ある人達は、まず最初に高次のビジョンに気づくための資金総額を明らかにしなければならないと信じています。これは誤解です。私達の創造するものに偶然性や必要条件を設定することは、物質世界に創造力が到達するまでの道のりに障害と停滞を生じさせるだけです。例えば、あなたが世界中のスピリチュアルな聖地巡礼に着手したいと思っている場合、それを実際に起こすのに必要なお金にではなく、この願望にこそフォーカスして下さい。お金の山を想像するという抽象的で、しかも無意味に思える労働や隷属化をほのめかしていそうなことよりも、あなたの旅の構想がどんなものかということのほうが、ハイヤーセルフに対してもっとずっと刺激的であるのは簡単に分かります。あなたが意図を設定し、日々の生活の中で手掛かりや情報に対して意識して気をつけているならば、望んでいる現実創造へと続くパンくずの小道をきっと見つけることでしょう。

あなたの努力を妨害する思考ウイルスに注意を怠らない

8)「お前の夢など叶うわけがない、非現実的だ」と頭の中で告げてくる声に警戒するようにして下さい。これらは、あなたの子供時代に教え込まれたり、集合意識を通じて吹き込まれた思考ウイルスです。あなたのハイヤーセルフは「あなたは夢に生きることなどできない」とは決して言いません。同様に、あなたの直観も、あなたにとって本物でも真実でもない可能性がある夢やビジョンをもたらすことは決してありません。

「ビジョンを生きるといっても、あなたにそんな準備なんてできてないでしょ」とか「十分じゃないわ」とか「力が足りないし」とか「それほど心が成長しているわけでもないだろ」と言ってくる思考ウイルスによって、あなた自身を機能不全に陥らせるようなことは認めないで下さい。今この瞬間にもアクセス可能な最高の振動周波数と同調すると決めることで、あなたは力を奪ってくるそうした声に警戒網を張り巡らせることができます。それから先へ進むのです。

精妙なレベルで望む現実と同調する

9)物質世界に過剰投資する気持ちを手放すこと。今この瞬間にあなたが見ている周りの現実というのは、過去の創造を反映しているものであり、しかも流動的で変わりやすいものであることに気づいていて下さい。カチカチの堅固な『現実』なんだと騙されないで下さい。今この瞬間にあってそうしたものを堅固で不動の構造物と考える見方をしている場合、私達にはそれらを変える力がないと感じるかもしれません。確かに、私達は既に存在しているタイムラインを変えることはできません。しかし新しいタイムラインに移動することはできるのです。私達が生きている現実やタイムラインを変えるには、精妙なエネルギーとビジョンおよび意志が同調する中へと入って行かなくてはなりません。創造するというのは、有形のものをあちこち動かすという問題ではなくて、経験したいと望む現実と私達自身とを、生のエネルギーが意図によって成形加工される精妙なレベルで同調し、そして、既に存在している現実のタイムラインへと私達を力強く運んでくれるのを許可する、ということなのです。

望む現実と波長が合うフォーカス・セルフを採用する
(※Focus Self : ある状態に焦点が合っている自分)

10)創造したい現実を今まさに生きている、そういう自分のアイデンティティに同調してみましょう。新しい可能性のビジョンを受け取るとき、そこにはいつもあなたの意識のある面が存在します。それはあなたのビジョンを物質世界に投影するまでに育てることのできる意識であり、それによってあなたは、この新しい可能性が存在するタイムラインへと輸送されるわけです。新しい可能性にエネルギーを与えて促進するに従い、やがてそれが現実世界に投影するためにあなたがなるべき姿を教えてくれるようになります。こんな感じで、あなたは意識のその側面のアイデンティティを学び、それと同調し始め、それを自身の新しいフォーカス・セルフとして採用するのです。もしあなたが過度に今この瞬間のフォーカス・セルフに入れ込んでいるとしたら、あなたの今のフォーカス・セルフに奉仕や無常性や超越性の概念を受け入れるように教える自らのハイヤー・セルフと共同作業する必要が出てきます。あなたのフォーカス・セルフが全ての点において最高のものに従事することを学ぶと、その入れ込んでいる自己は脇へ退きます。それは、あなたの新しい意識の一面が、新しい可能性の存在するタイムラインへとあなたを輸送するフォーカス・アイデンティティ・セルフになる時が来た、ということです。

すべては神の完全性を伴って起きていると受け入れること

11)立ち現われてくる過去の一瞬一瞬は手放されるべきものですから、そうしたことで今の自分を裁くのは控えて下さい。あなたがかつて生み出したこと/きっかけを作ったことは、あなたを育んで賢くさせるための学びとなるようデザインされたことであり、今この瞬間に生きる『あなた』に力を与えるための計画だったのです。

©2010-2014 DL Zeta, Celestial Vision, All Rights Reserved

http://www.celestialvision.org

これらのメッセージはシェアされることを意図しています。そうしたいと導かれている気がするなら、あなたはこのメッセージを自由に他の人々とシェアして役立てて下さい。著者および発信元のウェブサイト・リンクを忘れずに入れていただけるようお願いします。

翻訳者:C.I.

***

この方は、以前から「新しい時(New Time)」として、今僕らが感じている直線的な時間軸とは異なるタイムライン概念を話されています。
スピリチュアルな世界観では5次元以降になると時間の概念そのものが意味をなさなくなる、ということが言われています。
それは、過去から未来という数珠連なりの時間軸も幻想と化し、様々な方向へと伸びながらも「今」という唯一の世界の中に統合されているとか、並行世界や別の周波数帯域で同時存在しているものとみなされます。また、いわゆる歴史上の「~~時代」と呼ばれる期間にしても、それらと今の私達が生きているタイムフレームとは必ずしも連続しているわけではない、という風にも考えたりします。 

そんな感じで、普段の日常的な認識からすると「?」となりやすい形而上的な概念ではあるのですが、それにもかかわらず、シンクロ的に、あるいはデジャヴ的にそうした事柄を経験して、ふっと「ああ、それってこういうことかなぁ」と思ったりすることもしばしばあるものです。

ところで、「新しい時」という言葉が使われていますが、実際にはそれは私達の日常感覚において「新しく」感じるだけで、もともとそれは初めからあったものであり、単にその状態を思い出すとか立ち返るといった性質のものです。でも、「新しい」っていうと、なにかワクワクする感じはありますね。

C.I.

http://blog.goo.ne.jp/creative_imagination/e/de19af86

1ec8ef158362acdfa97c0076

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here