アイシャ・ノース・・・活路の見付け方-パート254
2013年1月17日
 The manuscript of survival – part 254  Jan 17, 2013
http://aishanorth.wordpress.com/2013/01/17/the-manuscript-of-survival-part-254/
形勢が変わりました、到来するエネルギーのラッシュがまた勢いを増します。あなた方はこれを骨を通して感じることでしょう。これまでのように時に不快な副次的影響もあるでしょうが、事実としてこれはあなた方にとって、そしてあなた方の惑星にとって有益でしかありません。説明しましょう。
もうあなた方は到来するエネルギーの集中砲火に慣れてこられました。しかしエネル
ギーに埋もれるのは、時には痛みを伴い、これにまた耐える時がきていることに以前
ほど乗り気になれないかもしれません。しかし、このエネルギーはあなた方に有益な
のです、あなた方が苦しむのを私たちが見たがっている、悪意をもってやっているの
だろうと考える方も中にはおられるかもしれませんが、それは全く真実ではありませ
ん。そういう説明をつけたくなるのはわかります、肉体はこれらのエネルギーに適応
することを常に喜ぶわけではないことを私たちはよく知っています。皆さんもよくお
わかりでしょうが、このプロセスの結果に苦しむのはあなた方ですから。しかし、そ
の利益を得るのもあなた方です。このアップグレードの執拗さにしては、その利益と
いうのは移ろいやすく感じられる、それもわかっています。たとえそうだとしても、
もう一度エネルギー投入があることを知っておいていただきたいのです。それで不平
不満が吹き出し、大きく失望してしまっても、私たちはあなた方に気づいてもらうべ
く伝えます、その肉体的・精神的な不快感にも大切な理由があるということを。今は
わかりにくいかもしれません、ですから苦しい闘いとなる方々もおられることでしょ
う。それでも耐えて私たちにお付き合いください、あなた自身にお付き合いくださ
い。このエネルギー投入は必要であり、避けることのできないプロセスの一部なので
す。
微々たる慰めですね、わかります、しかしこれが私たちの提供できる全てなのです。
私たちはこのプロセスの傍観者でしかありません。ですからあなた方は私たちの激励
を今は必要としていないかもしれません。あなた方が今もっとも切望するのは、よう
やくあなた方がたどりついた、と思える静かなる確信なのでしょう、そして作業の終
わりを切望していることでしょう。以前の書状でお伝えしましたが、作業はあらゆる
ところで始まったばかりです。あなた方が不安を爆発させる前に言いますが、今あな
た方が行っている作業はほんの2~3週間前の作業とは全く別のものです。先月、あ
なた方は精力的にステーションを築き上げ続け、今や予定を遥かに超える高みまであ
なた方は到達しました。ただ、あなた方の旅はのんきな旅行者がただ風景を満喫する
ために出る旅とは異なります。あなた方はもっとはるかに面白い、困難ながらやりが
いのある場所へと旅をしているのです。なぜなら、あなた方は全く新しい世界へと
やってきたのですから。そこであなた方は全てを創造する道具となります。言いかえ
れば、今あなた方が受け取るもの、それは数々の建築ブロックで、それがあれば新し
い世界を築き上げる役割を担うことができるのです。ですから、痛みが大きくなるの
はあなた方の旅が新しい段階を迎えているという合図です。不機嫌な身体から発する
痛みやサインを、始まりの合図だと捉えてください。作業にまたとりかかる時なので
す、しかし今回の作業は素晴らしい喜びをあなた方にもたらすことでしょう。なぜな
ら、今やっているのは未来への所有権を主張することですから。その未来を創造する
のはあなた方です。その未来を実現するために役立つものを、あなた方はこの天から
降るエネルギーの大雨から受け取るのです。
ですから平静を保ち、冷静沈着でいてください。そしてたとえこの強烈なエネルギー
の波が幾度となくあなた方の足元をすくったとしても、あなた方は全てを引き受ける
準備ができているということ、あなた方にはそれに耐える以上の強さがあり、やがて
立ち直るのだということをを知っていてください。あなた方は、外からやってくるこ
の新しいメロディに合わせて演奏できる状態に十分に調整されています。ここ数週間
で、あなた方という楽器はずいぶん完成に近づきました。あなたの肉体は時に動揺し
ます、たとえあなたに調子はずれな音が聞こえてもそれは失敗などではありません。
つまるところ、あなた方はこのレベルで演奏するほどまだ練習を積んでいないので
す。ですからご自分に優しくしてあげてください。たとえ、始まりの時からあなた方
が望んでいたようにスムーズに事が運ばないとしても、ご自分を非難しないでくださ
い。ここは人跡未踏の地で、そこを曲がりくねりながら進んでいることを思い出すの
です。何度か踏み誤ることもありましょう。つまづいたとしても受け入れてくださ
い。私たちは受け入れます。ただ、あなた方が厳しい裁き手であることもわかってい
ます。それも自然なことです、ただあなた方がご自分にあまりにも高い期待を向け、
それに応えられないからと絶望しないでほしいのです。今は試し、失敗する時期で
す。あなた方皆が創造者としての新しい役割に落ち着くまである程度の時間が必要な
のです。ですから楽しんで、ご自分の前途について深刻に考えすぎないでください。
厳しくなり過ぎると喜びを見逃してしまいますから。作業自体は時に非常に骨が折れ
る時もありますが、これは本当に喜びに満ちた機会なのです。これまでにしておきま
しょう。新しい、より良いあなた自身にとりかかる時、その第一段階を迎え、準備に
かかられることでしょうから。
Translator: Rieko

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.