アイシャ・ノース

2013年6月2日

第2回・POND(池)の集会にようこそ- 6月2日(日)

 

Welcome to the second Gathering around the Pond, Sunday June 2.

June 1,2013

http://aishanorth.wordpress.com/2013/06/01/welcome-to-the-second-gathering-around-the-pond-sunday-june-2/

 

親愛なる友人の皆さん!

 

昨夜、それは素晴らしいビジョンを見ました。私はとうとうハートを開いたのです。自分の胸の中に手を入れ、ハートを持って外に出したのです。私がハートを手の中に持って宙に向かって手放すと、鳥のように羽ばたいていったのです。するとそれが美しい虹色の青い蝶々へと変わり、私の上で上昇してゆきました。私は更に胸を開き、光を内側へと流れ込ませ、光で一杯に満たしました。奥の隅々までです。すると私の胸から何百もの蝶々が溢れだし、飛んでゆきました。みんな最初に飛び立ったのと同じ、光輝く青い蝶です。全ての蝶々が世界へと飛んでゆき、一羽一羽がいろんな人のところに着地しました。皆さん一人一人にも、また私の家族や友人達、知らない人達、私のガイド達、そしてベールの向こう側にいる私のファミリーにも着地するのが見えました。

 

それはあまりにも美しく、愛が私を通して流れ、蝶々を通り、皆さん一人一人の中へと流れてゆくのがわかりました。でもそこで考えたのです、「これは与えるだけではなく、受け取ることも大切ではなかったかしら?」と。すると今度は全ての蝶々が着地した人々から光を吸い込んでいる様子が見えました。これらの人々の内の光は花の蜜のようで、突然全ての人々が美しい花へと姿を変え、蝶々に蜜をやっていたのです。それぞれの蝶々が吸っていた蜜のほんの一滴一滴が合わさって私に滋養を与えてくれるのがわかりました。そして自分を見下ろすと、私は何百ものあらゆる形と色をした蝶々で覆われていました。

 

その蝶々も私の光、私の蜜を吸っていて、わかったのです。ハートを光に開き、この蜜の贈り物を周囲の人々やあちら側で助けてくれている存在達から受け取るというレッスンを学び始めている人々が他にもたくさんいるのだ、ということを。

 

それはあまりにも劇的に美しい経験で、この集会そのものを象徴する最も完璧な絵でもありました。今回は私達が受け取る番です。私達がここにいる一人一人から、そして創造の全てが私達に差し出してくれる愛と光を受け取る番なのです。CC達は今朝、メッセージで次のように説明してくれました:

 

「明日、あなた方は座って自分の最も奥にいる存在と再び繋がるように招かれています。そしてあなた方の最も奥にある神聖な場所を開くように、さらに天からの光でこの神聖なるスペースを最大限まで満たすように勧められることでしょう。親愛なる皆さん、光はやってきています。まだ皆さんを遮っている障害物を手放せるように、助けの手を皆さんの元に差し伸べています。この障害物にかなりの影響を受けている人も多くいますし、一方では羽根のように軽い障害に過ぎない、という人もいます。しかし私達にとっては全て同一の重要性を持っています。ですからお願いします。あなた方がまだ内にたずさえているもの全てから完全に自由に解放されるよう、この光を受け取ることにYESと答えてください。

 

この旅はあなた方が古くからの荷物の一切を持たなくなった時に初めて完遂されるのです。そして今回、溢れながら流れているこの愛と光という天国からの贈り物を受け取る、ただそれだけであなた方はあらゆる限りの手助けを得ることができるのです。もう不必要となったものを全て洗い流す手助けをしてくれることでしょう。そしてあなた方が内にたずさえている隠れた宝物を発見する手助けもしてくれます。親愛なる皆さん、そこには自分ではまだ見たことのないものがたくさんあります。いま、その偉大さがようやく外に向かって輝き始めることができるようになります。それは皆さん一人一人、全員の内側にあります。あなた方がそれに値すると思おうと、受け取るに値しないと思おうと、そこにあり、私達には見えています。私達は全力を尽くして皆さんにも見えるようにします。今回、あなた方は全ての栄光をもって輝き始める時がきたのです。

 

もう一度言いますが、このプロセスはあなた方が独力で達成させるものではありません。それとはかけ離れています。このプロセスで外からの手助けにオープンになればなるほど、あなた方は強くなります。あなた方はとても広大で全てにおいてパワフルな何かの一部なのですが、自分を巨大な光のグリッド、お互いに永遠なる光を供給しあうグリッドのの輝く一つのポイントであると見なさない限り、あなた自身の光はしばらくすると弱まってしまうでしょう。あなた方はこの繋がりを認識せねばなりません。もう、あなた方は暗い海に浮かぶ孤独な存在ではないのですから。あなた方は光で相互に連結された巨大なグリッドの頂点にいて、目に見える存在です。あなた方は完全に統合された強化メンバーであることを受け入れれば受け入れるほど、あなた方の光は強力になります。独り旅は終わったのです。日曜日にはあなた方全員にとってこれが明確になることでしょう。あなた方はもう一度、この巨大な愛と光の海の中に身を浸すように招かれています。出来る限り深くまで飲みこんでください、私達からお願いします。」

 

私は自分がいっぱいになるまで最善を尽くします。皆さんも同様に飲んでくださるよう望んでいます。私達はどれほど自分が値しないと懸命に思いこもうと、その貴重な一滴一滴をいただくにふさわしいのですから。私達はこの旅に出来る限りの全てをささげてきました。いま、私達のカップを再度補充する時がきたのです。そして満たされるまでやめないでいいのです。皆さんを満たしてくれる源は決して枯渇しないのですから。ですから明日、6月2日日曜日、オスロで21時に私は座って自分自身と繋がります。そして源に私を粒子まで光で満たしてくれるように言います。私のチャンネルから不要なものは全て洗い流してもらえるように。この光の流れがもう二度と減速しないように。全ての皆さんも同様にしてください。

 

—-

 

オスロ21時は各地現地時間で以下の通りです。

 

ロンドン:20時

 

ヘルシンキ:22時

 

サン・パウロ:4時PM

 

ニュー・ヨーク:3時PM

 

エル・パソ:1時PM

 

ロスアンジェルス:12時PM

 

シンガポール:3時AM 月曜日

 

東京:4時AM 月曜日

 

シドニー:5時AM 月曜日

 

皆さんの現地時間はこのサイトで調べることができます:

http://www.thetimezoneconverter.com/

 

忘れないで、この集会に参加するためにきっちりこの時間に繋がる必要はありません。ただ時間をみつけて座り、皆さん自身のカップを補充するために開こうという意図をもってこのエネルギーに繋がり、皆さんのチャンネルをまだ塞いでいるものを光に全て洗い流してもらえばよいのです。

 

愛と感謝をもって

アイシャ

 

 

訳者注:PONDとはアイシャ・ノースさん自身のサイトのコメントを寄せる人々で作られたコミュニティの場です。瞑想は参加希望する人は誰でも自宅で参加できます。コメント欄にはどなたでもコメントできるようになっています。

 

翻訳:Rieko

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.