Screen Shot 2014-06-24 at 11.27.17 AM

アイシャ・ノース

2014年6月23日

エネルギーアップデイト

A short update on the energies

http://aishanorth.wordpress.com/2014/06/23/a-short-update-on-the-energies-46/

皆さんを高みへと運んでゆく、この真新しいエネルギーのサポートにすっかり包まれてからしばしの時間が経ちましたね。これからは、このエネルギーが皆さんの日常生活にどんどん現れてくることでしょう。このエネルギー・サポートシステムはツールとして機能するように定められています。これまでよりずっと大きく皆さんが広がってゆけるよう、助ける役割を持っています。今の時点では、これを聞いて「できるだろうか」と思う人もいるでしょうが、皆さんはこの成長を長い間期待して待っていたのです。

既にお伝えしましたように、皆さんは奇跡を起こすためにここにいます。これまで皆さんが成し遂げてきたことは、今後のことに比べれば比較にもなりません。こう言うと大勢の人は疲労と憤慨に、きっと不満の声をあげるでしょうね。ごもっともです。皆さんは時間内にここまで来られました。これまで歩んでこられた道のりは、それは計り知れない旅路でした。ですが、私達からこのプロセスにおけるいまの段階について説明しますので、どうかお付き合いください。もうご存知でしょうが、今後のプロセスは皆さんがこれまで達成してきた壮大なる努力とはありとあらゆるレベルで異なるのです。

皆さんはこれまで自己解放という極めて重要なプロセスを過ごしてきました。それは人類を押さえつけ、抑圧するという特定の目的のために施行されていた、有害な古いシステムから自らを解き放つというプロセスでした。ですが皆さんはその古い束縛を打破しましたし、その皆さんの行いが助けとなって全人類もこの窒息するような古いシステムから解放されていったのです。そのようなわけで、今後皆さんが行ってゆくことはまったく別のことです。どう意味ですかって? これから皆さんは、これまでとはまったく似ても似つかないことに着手しようとしています。というのも、これから皆さんは周りの環境で新しいスタートが育ってゆくのを目の当たりにします。まさに、皆さんの足跡の中にね。この新しい成長を確実に守るために皆さんは助力することになります。生まれつき素質があって関心を向けていた分野でもそうですが、まさか自分が影響を及ぼすとは夢にも思わなかったような分野においても、です。

おわかりでしょう、皆さんが内に携えている光はすでに皆さんの周りに影響を与え始めています。このプロセスは今後、どんどんエスカレートしてゆくことでしょう。そして以前お伝えしたように、皆さんが日々の用事をこなしている時も、皆さんは種を広く遠くまで蒔いてゆくのです。その種は、人間のマインドではとても理解できないほど遥か彼方まで達します。と言っても、皆さんの知覚能力を疑っているわけではありません。ただ、皆さんが行っていることは人間の感覚、特に人間の部分の知性ではあらゆる形でとても感知できないことであり、それをお伝えしたいまでです。ただすべてがそうとは言いません。皆さんはこの光の種を世界中に蒔き散らし、その結果の一部を何らかの形で見定めることはできます。皆さんは、自分の世界や世界を苦しめているすべてのことをまったく新しい形で見ることになる、そういった物事が多数出現し始めます。こういった能力が現れるのを皆さんが目にする時はいつも、皆さんもそれについて何らかの形でそれに関与するのだということをわかっておいてください。たくさんあった暗闇の隅の方まで光を差し込ませるため、光を輝かせるお手伝いをしてきたのは皆さんです。真に明晰なマインドの中に芽を出すような、まったく新しいアイデアを種にして植えてきたのも皆さんです。皆さんは力を合わせ、身をもってこの希望の苗が皆さんの惑星の隅々で花を開くお手伝いをすることになるでしょう。

皆さんは栄養を運び、神聖なるインスピレーションを運んできました。これから、皆さん全員に備わっている人間の想像力という肥沃なる領域で、これが真なる効果を奏し始めます。いいですか、皆さんという何十億もの魂がこの素晴らしい惑星に集っています。この魂一つ一つの中に、グレイトネス(偉大なるもの)の種があり、さらには知識と創造力の巨大なる宝庫もあり、光がそれらを動かしてくれるのを待っています。この光を、皆さんは行く先々でいませっせと分配しているところです。そして先ほど言いましたように、この光の影響は実に遥か遠くまで届きます。その波長は皆さんの物理的限界を遥かに越え、また皆さんの知覚の限界を遥かに越えたところへ広がってゆく波長なのです。つまり、現在のところこの惑星上でこの光の砲撃が届かないところなど、一か所としてありません。ですから、どんな隅々の暗いところもこの光を完全に遮ることなどできません。この輝きを遮断しようといくら頑張っても、無駄なことなのです。

ですから、もう一度時間をかけて皆さんの環境をよく調べてください。皆さんの身近なところだけではなく、遠い所までです。皆さんの視界はまだ霧と濃い密度という古い幻想で取り散らかっていますが、その幻想からこういった変化が染みだしてきてはいないか、見てみてください。わずかな兆しが姿を表し始めているのが見つかるのではないでしょうか。皆さんのお仲間のハートとマインドが一人また一人と、皆さんというフィルターを通して光のメッセンジャーを受け取り、それに応え始めることでしょう。

アイシャのコメントより

親愛なる光のファミリーの皆さん!

めまぐるしいシンクロニシティの旋風の真っただ中に私はいます。ある一つのテーマにフォーカスしたその瞬間にすべてが一斉に到来しています。そのテーマとは多重タイムライン、多重・同時の人生、そして私達はそれらの中をどのように「進む」もしくは飛び越えて移動するかを思い出し始めているという事実です。皆さんのコメントを読んでいると、私以外にもこのテーマについて「教わっている」人がいるようですね。大勢の方がもうおわかりでしょうが、この「教育」はありとあらゆる形でやってきます。夢、ビジョン、本、ウエブサイト、チャネリング、「偶然の」出会い、デジャヴュなど- ですから最近そういったテーマについてたくさんの光を持ち寄ってくださったすべての人に感謝しています。キーラがとてもうまく要約してくれましたね。「過去、現在、未来…すべては『いま』 同時に存在している。だからこそ、一つのタイムラインを飛び越えて別のタイムラインに移動することができる…」 と。

私達はそれぞれの方法でこのすべてに導きを受けながらも、一つの「キー」がここで分かち合われ、他の大勢の人々の引き金となってゆくその有り様に、心を奪われています。マーレイ、あなたがクレタ島とあなたの新しい本について話してくれたことは確実に「集団活性剤」となってここPONDでのありとあらゆるコメントや発見を誘発しています。たくさんの火を再び灯してくれてありがとう! 私の場合、エジプトやメキシコに関する古い記憶が呼び起こされました。そして今朝、私の姉は小説である文を読んで、何年も前にその同じ女性が書いた別の本を読んでいたのですが、それをもう一度確認するようにと導かれました。その女性は、私がこの旅を始めるにあたって私の助けとなってくれた人です。姉は、先の本で読んだ一文がその昔読んだ本の一番初めの一文とまったく同じであることがわかりました。それはデルフォイ・オラクルに繋がっていて、姉の役割は巫女でした。姉にそれを見せられて私がデルフォイを検索したところ、このアポロ神殿の巫女達はピュティオと呼ばれていたことがわかりました。それで、マーレイが以前ここでコメントしてくれた事に立ち返りました。

「僕がここでワークしていると、クレタに途轍もなく優れた才能のある女性が多数いて、巫女の役割を再発見しようと集っているのを感じとるんだ。僕はかつてピタゴラスについて予言した、天賦の才能ある予言者の話を聞いたことがある。彼の母親はピュティオスだった。(これは僕の本、Time Sphere- 時間の領域(球体)にて触れている) 彼女は(女性の)大修道院長で、自身の息子の第一の首唱者でもあった。ピタゴラスの母親もプラトンの母親も意識上昇において重要な役割を担っていたんだ。」 

それで私の姉は、彼女自身驚いているんですが、ギリシャの古都に行かなければいけないような気がしています。

ギリシャにすぐに行くわけではありません。この夏、どこに行けばいいかはもうわかっているからです。私達は、昨年二週間を過ごしたあの同じ地域へ今年も行くようにと導きを受けました。今回は、前回より一週間早く行くように言われました。もちろん、7月のPOND瞑想集会にちょうどピッタリ合う時期にあの魔法の山に登ることになります(スマイル)。今回も何らかの任務が与えられる気がしていましたが、今朝姉がデルフォイの繋がりを発見した後にチャネリングしたメッセージでそれは確定しました。昨年はあの大きな水晶のクォーツを氷の湖に解き放つという任務でしたが、今回も水に関することです。ただ、同じエリアにある天然の泉に関しています。数年前、私達が歩いていると蝶々が飛んできて私達の周りを3周して私達の足を止め、その道を離れてついて行くよう導きを受けました。その後について行くと、草むらの陰にほとんど隠れているような小さな泉を見つけたのです。

これは姉が受け取ったメッセージの一部です。

「すべての真実が表面化しつつある。母なる地球の内の奥深いところから、水が湧きでてくるかのように。水の中を浮き上がってくる泡のように。この水のように静けさをたたえてはいるが、パワーに満ち溢れ、生命を与える力を持っている。マインドに残る資格などない、間違った真実を引き裂くこともできる。どの水のことを話しているか、わかるでしょう。内から湧き出るクリスタルのように明瞭な水の、神聖なる貯水はようやく太陽と風に出会い、それを取り囲むすべてなるものに命を吹き込む。そして古代のレイ・ラインに再び火を灯す。」

ええ、私達も大勢の皆さんと同じように、「これから周りの環境では新しいスタートが育ってゆくのを目の当たりにする、まさに、自分の足跡の中に」 それを見出してゆくのだと思います。この夏に向かってね。さらに、今後も私達は過去・現在・未来の重なり合う層について色んな方法で探究を続けてゆくことになるでしょう。どうぞ今後も、皆さんの道のりで見えたもの、感じたもの、直観したものを分かち合っていってください!

愛と光と感謝をもって

アイシャ

翻訳:Rieko

LEAVE A REPLY