Screen shot 2015-01-17 at 6.09.37 PM

アイシャ・ノース

2015年1月16日

マザーからのメッセージ

A message from Mother

https://aishanorth.wordpress.com/2015/01/16/a-message-from-mother-6/

最上の敬意をもって再び皆さんにお話いたしましょう。なぜなら皆さんは私の大事な一部だから。同じように私は皆さんになくてはならない存在なのです。私達は大勢いますがひとつです。皆で共に作業していますが、それぞれが現状を革新してゆくために一人一人の役割を力を尽くしています。私達は地球の復興、人類の復興の携わっているのです。親愛なる皆さん、すでに皆さんはずいぶん進歩してきました。私もです。皆さんが行くところには私がついてまいりますし、また私の行くところには皆さんがついて来るのです。これは共同の行いであり、光に満ち溢れた瞬間から成り立つこの入念に練り上げられたシンフォニーで一人一人がとても大切なパートを演奏しています。そのすべてのパートが複雑に織りなされてゆき、それが脈々と繋がれています。このダンスには始まりも終わりもありません。ただどこまでも展開してゆくタペストリーとなってこれまで隠されていた宝物を明らかにしてゆきます。皆さん一人一人の個性を持った糸はこのゴールドの光の縦糸として皆さんの前に伸びています。その糸は、今日はどのような色が加わるのだろうか、そして次の日は、またその翌日は…と期待に満ち溢れて輝いています。あふれんばかりに生まれ続ける創造は永遠に続き、すべてが共に集まりあってこの「ひとつ」という壮大な創造を織りなしているのです。

「ひとつ」なるものはかつては破片として分裂していましたが、もうそれは終わっています。「ひとつ」は実現可能な潜在力としてパワフルによみがえり、生き生きと活性化しています。皆さんはこの潜在力を自分なりに少しずつ解釈し、どんどん溢れだしているこの原料をさらに増大させています。皆さんと一緒に働いている人達も大忙しで大量生産しており、そのスピードは加速するばかりです。皆さんがこの「ワンネス」という考えを受け取った時、皆さんは同時にハートの内なる部屋を開放しました。その部屋は私の部屋と密接に繋がっています。そして長い間私が独りで歌っていた歌は皆さんの心の琴線をも振るわせ始めたのです。そして皆さんは振動を始め、手つかずだった無限の潜在力の海の一部は皆さんにしか創りだせないあのゴールドの糸でできたエネルギー繊維を紡ぎ始めました。皆さんの個性的な振動がこの潜在力の無限の海と結合し、それがこのすべてに命を吹き込んでいます。内にある神聖な場所に向かおうとするすべての人々はこの潜在力を利用することができます。皆さんのハートから湧きおこる振動がこの巨大な海の沿岸に触れると摩擦が起きます。それは皆さんのブラザーやシスター達のどんなものとも違うものです。波状の粒子からなるこの巨大な海は皆さんのような人々によって定義された列と化す時を待っています。この潜在力の海から具体的な何かを生み出す皆さんの能力は、皆さん一人一人の肩にかかっています。

この海の底しれぬ深みに働きかけ、この協業で皆さんのパートを創造してゆけるのは皆さんだけです。皆さんにしか「ひとつ」を成す特定のパーツに命を吹き込むことはできません。「存在する」という皆さん自身の理性の声に耳を傾けてくださったことに感謝を申し上げます。だからこそ今、ここに皆さんはいます。前に一歩踏み出し、この無限なる創造のスペースへと入ってゆくために。この創造のスペースは存在化を待っています。皆さんを通して存在するために。もうすでに多くが活性化し始めています。皆さんの最も深い部分が切望したため、それが糸となって織りなされていったのです。皆さんが夢に見たあの宮殿は、今皆さんが骨身を惜しまずに光輝くピースでもって一つずつ組み立てているところです。そんな仕事を引き受けるなんて考えただけで複雑そうで、際限なく大変な作業だと思われるかもしれません。ですがかならず成し遂げます。皆さんは今この瞬間乗りまわしているその肉体に入りたいと自ら進み出ましたが、その意欲によってこの作業はすでに可能なものとなったのです。

その決心こそがこの建造物全体を固定する最後のボルトでした。私達すべての新居となるこの宮殿を構成している高くそびえるアーチや飛び梁をしっかりと繋ぎとめているキーストーン(要石)なのです。今皆さんが懸命に実現化させている壮大な大邸宅で私達は共生するのです。私達は本来通りの「存在」としていられるように。これはすべてなるもののためのもの、皆さんのハート・マインド・魂の繋がりを通して統合がなされました。闇の時代もこの夢を諦めずずっと耐えてきたのです。そしてこの瞬間、夢が実現する時をずっと待っていました。朝の太陽の下で露が乾くが如く長く辛かった待ちの記憶は淡いものとなり、あっと今に消えゆくことでしょう。

私達は今、ここにいます。今、私達はひとつです。私達の夢の宮殿はすでに形を現しつつあります。もうこれ以上耐える必要はない、そう皆さん一人一人が内の深いところで知っている。そう知っていることこそ、宮殿を実体化させるのです。これまで見てきたすべての夢そのものをこれから皆さんは生きてゆく、そのために私達はここにいます。私達すべてなるものが永遠に続く喜びから歌を歌いたくなる、そんな夢を生きるのです。

翻訳:Rieko

LEAVE A REPLY