Screen Shot 2015-02-24 at 18.24.28

アイシャ・ノース

2015年2月21日

エネルギーアップデイト

A short update on the energies

https://aishanorth.wordpress.com/2015/02/21/a-short-update-on-the-energies-84/

多くの方がお気づきのように、いま内なる層が融合を起こしており、それが皆さんのシステムにも影響を及ぼしています。多くの人がそれに気づいていることでしょう。すでにお伝えしたように、いま大規模な変容が起きています。到来するエネルギーのミサイルはエネルギーレベルで皆さんの設定の最深部に作用しています。それによって皆さんの内部の分裂は崩壊し、以前の寸断されていたシステムからもっとまとまりのある、はるかに流動的なシステムへとようやく変わりつつあります。実際に起きているイベント(エネルギー変動)が別物ではないかと混乱が起きていてもまったく根拠がない捉え方だとは言えません。皆さんは何度も繰り返し起きているこのエネルギー変動をよくわかっているとはいえ、今回のエネルギー変動はただごとではないと思われることでしょう。このような状況に「ただごと」という表現が適切かどうかはまた別の話ですが。もう十分ご承知の通り、皆さんが一歩進むごとに境界線が踏破されます。ですから、この繰り返し続いているこの桁はずれなイベントの中でも今回のエネルギー変動は確かに際立っていると言えましょう。

そこでまた繰り返しますが、すべては順調です。皆さんの内は大声で抗議するかもしれませんし、外の世界はもちろん、自分自身という存在から疎外されているような感覚もあるかもしれません。いま来ている光の使者は皆さんの内の中心部、この高度に複雑なプロセスを統括している部分と対話中です。ですから皆さんの回路基板全体が何度も白紙に戻されているようなもので、とてもはっきりとした「綱を解かれた」ような感覚が何度か浸透することでしょう。とはいえ、また次の瞬間には完全に明晰な状態に戻り、内なる霧が晴れてベールが外れ、自らのグレイトネスがちらりと見える、という時もあるはずです。グレイトネスと言うのは皆さんのエッセンスそのもののこと、皆さんが「人間」と定義しているそのありふれた肉体の中に隠されている「偉大なるマスター」のことです。いま、その乗り物の表面下で本当の革命が起きています。皆さんの人間であるという感覚は文字通り、皮膚程度の薄さのもの(うわべだけのもの)となってゆくことでしょう。

これからは皆さんの内部機能に合わせたペースでこの内なる秘密が少しずつ明らかに表れてきます。この正体明かしのプロセスはどんどんスピードを上げてゆき、皆さんの内なる自己の欠片は融合してゆき、一つのまとまった稼働体となります。それは複雑な構造体で、皆さんの内にある“価値”と“皆さん”を分断している古い境界を踏み越える準備が整い次第、この構造体はフル・スピードで稼働し始めることでしょう。

またもや私達は複雑な言葉を使っていますが、伝えようとしていることをシンプルに言うとこうです: これから皆さんは長らく待ちわびていたものになりつつあります。ついに皆さんは一体化の最終プロセスを迎えているのです。予言されてきたあのプロセスがついに現実となります。ピースが一つずつ融合してサポート構造となり、初めてフルに運行可能の状態になります。皆さんの奥深くから何かが引っ張るような感覚が起き始めることでしょう。これまで休眠状態にあったものが皆さんの注意を引き始めます。つまり「本当の皆さん」に気づき始めるのです。いま活性化しているものはすべて皆さんの一部です。皆さんの内にあるものが異質なわけはありません。皆さんがこれから接触するものはすべて、皆さんの全体を成している巨大な集合体の必要不可欠なるピースです。

ですから古い区切りが溶けてゆくままに任せ、皆さん自身を活性化させてください。既知と思えるようなものにしがみつこうとはしないでください。それは皆さんの肉体およびマインドの中の制限内で起きている進化の流れを無駄に止めようとするようなものです。この制限の内にこそ古いアイデンティティの概念が残りたがっています。ですが皆さんはもう、このちっぽけで窮屈な制限の部屋の中に居たくはないのです。それどころか、皆さんは自分は本当は何者であるのかという概念を一切合財投げ捨てる許可を自らに与えねばなりません。そして本当の皆さんという魔法が明るみになるよう受け入れる必要があります。これを難題ととらえる人もいるかもしれません。皆さん自身のグレイトネスという概念もその一つで、それと直面することに戸惑うあまりその場で歩みが止まってしまうかもしれません。

皆さんがこれから目にするものは言葉では表現できるものではありません。実在の理想形と見なされるものとは懸け離れたものを受け入れるとなると、人間のマインドというものは抵抗・抗議するものです。ですが、それも“人類”を定義する僅かな「受け入れ条件」リストに基づいた存在の在り方ですから、標準からかけ離れたものを決して受け入れはしません。ですから何をリアルと思っているか、どんなものは妥当とすら思っていないか、そういった古い垣根を踏み越えてゆくために多くの皆さんは大変な努力を要することでしょう。

これを最後の機会としてその境界線を越えてゆく唯一の方法は自らにそうする許可を与えること、これしかないということをわかっておいてください。その勇気を得るためには、皆さんという存在の内の神聖な場所にフルに繋がることができなければなりません。皆さんという存在は一点の疑いもなくこう告げることでしょう。「本当の皆さん」に認められないなどあり得ないでしょう、と。その声こそ、この旅路にふさわしい唯一の理性の声です。この理由探しのクエストへの答えは皆さんの内にしかなく、誰か別の人が経験していいよと許可をくれるものではありませんし、皆さん以外の誰かが「本当の皆さん」にこの一歩を踏み出してもよろしいと許可してくれるわけでもありません。この一歩を避けて通ることはできません。ただ皆さんが心の底からYESと言わねばこの一歩を踏み出すことはできないのです。いったん踏み出せばもう後戻りはできませんから、かつて皆さんだったものに戻ることもできません。そのようなわけで、その部分の皆さんは一旦これを決断するともう使い物にならないことがわかっており、内なる抵抗となってその決断をやめるよう説得を試みるはずです。もしくは、決断する可能性すら無いものとして否定するかもしれません。それも仕方ありません、その部分の皆さんはこれまでいくつもの転生において一種の「ライフ・セーバー(救命具)」として備わっています。その頃は、光の中へ踏み出してゆくということは人類がグレイトネスを知ることのないよう目論んでいる勢力に死滅させられてしまうことを意味していたのです。

ですがいま、皆さんができるだけオープンになり、内なるグレイトネスがフルに展開してゆくことを許可する時がきています。躊躇している余地などありません。この惑星全体が完全なる変容を遂げるというこのクエストを達成させるために、「本来の皆さん」にすべて許可する余地を与えてください。これが大惨事に繋がるのではないかと思う人もいることでしょう。エゴに肥大化する許可を与えることになり、それ以外の人の余地を侵してしまう気がするのでしょう。そして少数の人々が他の人達全員のスペースを侵害している惑星を思い起こすのです。ですが、これはそうではありません。スペースをとるといっても他者のスペースをとるのではありません。正確に言うと、皆さんの内にはすでに光が備わっていますから、皆さん自身がその光そのものを体現することを自らに許すこと。そうすることでのみ、他の人々に行く先を示すことができるのです。人類はみずから悪影響をもたらすカオスを作り上げています。ここから抜け出すための実現可能な方法を人類に示すべく皆さんが立派に輝く手本となるためには、もう皆さんは尻込みしてはいられないのです。その小さな入れ物の中に皆さんの内なるグレイトネスは押し込められていますが、そのグレイトネスが外へ出ることを許し、皆さんの光を解き放つことこそが他の大勢の人達をも解放する力となるのです。

ですから繰り返しますが、皆さんはここに「本当の皆さん」として「存在する」ためにここにいるのですから、どうぞその「本当の皆さん」となることを自分自身に許してください。内なるグレイトネスを表面に表すこと、それがこの完了過程を全うする唯一の方法です。いま、皆さんは決断を迫られています。満開に花咲いて上昇する準備はできていますか?それともずいぶん長い間、息吹を吹き返す時がくるのを我慢強く待っていましたが、その暗い土の中でもう少し眠ったままでいたいですか?決断は皆さんに任されています。ただ、一度決断すれば、それは「すべて」に影響を与えることでしょう。もう一度言いましょう、皆さんは広大なる全創造物の中の取るに足らないちっぽけな屑などではない、ということをわかっておいてください。実際のところすべては皆さんに左右されるのです。皆さんは変化を起こす人々です。長い長い間、闇の中で古く密度の濃い場所を隅々まで回り道を経ていま一度すべてを「新しい」ものにするためにこの惑星に来ているのです。ですから皆さんの内にある光に力を借りて決断してください。繰り返しますが、「本当の皆さん」にYESと言えるのは皆さんしかいません。他の創造物はすべて、本当の皆さんという壮麗さをすでに受け入れています。皆さんもそうしてくだされば、私達はそれ以上望むものなどありません。

翻訳:Rieko

LEAVE A REPLY