Screen Shot 2014-06-15 at 8.48.40 PM

アイシャ・ノース

2014年6月29日

エネルギーアップデイト

A short update on the energies

http://aishanorth.wordpress.com/2014/06/29/a-short-update-on-the-energies-47/

さあ、私達はまたやってまいりました。皆さんという存在の中にまたメッセージをお伝えしたい気持ちでいっぱいです。いま、皆さんはこの全オペレーションをまったく新しいレベルへと進める準備を整えて待っていますね。親愛なる皆さんは聖別されました。それもそのはず、皆さんは夜明けをもたらす者、光の守り手です。そしていま、この地球の至る所にいる皆さんは、この人間の身体という存在を通してこの世界を余すところなく輝かせようとしています。皆さんが動き回れば、光はそのまま皆さんの足跡をついて回ります。皆さんが動き回ると、まさに点火の嵐を引き起こします。この無常の世における皆さんの旅のすべてについても然りです。これは重層的なイベントであり、いまの皆さんの地理的情報、タイムラインだけではなくもっと広大なレベルに渡っています。このイベントを通して振動フィールドの全スペクトラムに再び光があてられるのです。

親愛なる皆さん、皆さんはプライマー(点火薬・雷管)です。この地で転生したすべての人生で、皆さんはプライマーでした。ですから、忍耐をもってここに滞在し過ごしてきたすべての人生を通して皆さんは基盤を築いていたのであり、それがようやく結実しようとしています。皆さんはこの惑星を何度も訪ね、そのたびに少しずつ、いくつもの層を重ねて基盤を築いてきました。この基盤はいま壮大な光の構造となって地球全体を照らし、さらにはもっと彼方に至るまでの光に輝きながら立ち昇ろうとしています。皆さんはこちらからそちらへ、生から死へ、何度も何度も移動してきましたが、その間に皆さんはまさにその足元に、その地面に種を預けてきました。そして母なる地球はそのたびに皆さんのDNAの中に彼女の種を預けてきました。これらの種は、いずれも休眠していましたが、いわば武装していたようなもので、実現化を迎えるための最後の変容スタートの合図をじっと我慢強く待っていたのです。

親愛なる皆さん、皆さんは招かれています。その呼びかけるコールが聞こえてくるでしょう。このコールのお陰で、大勢の皆さんの中ではすでに大きな成長が始まっています。さらには散在しているたくさんの種もしかるべき条件が整うのを待っていましたが、深い闇から頭をもたげ、自らをどんどん広げてゆき、光の中へ、そしてもっと遠くへと達して行くことでしょう。

皆さんは種をまく人として何度もの人生に渡って遠大な旅をしてきました。何度でも戻ってくるたびに真新しい肥沃な鞘を携え、何度も何度も戻ってきては、また新しい場所へとそれらを蒔き散らしてきました。その一つ一つには皆さん独自の刻印があり、一つ一つが存在となる順番を待っています。これから、スローモーションの爆発のように、というより内破と言えるかもしれません、これらのすべての鞘は開き、その素晴らしき中身が姿を表してゆきます。その日を境に、この惑星を荒れ地と見なすことはもう二度とありません。皆さんの母なる地球の胸元に、そして皆さんのDNAの中に安全にしまい込まれていたものはこれから栄養を求めて外に出てきます。集合体としての人類がハートを開き、それらが携えているものを心から歓迎してくれる、受け止めてもらえることがわかっているのです。あちこちで地面を踏みにじっている人はまだいるかもしれません。そうやって出来る限りたくさんの苗を踏みつけ、抑えようと必死になっているのですが、うまくゆきはしません。彼らがもみ消そうとしているエネルギーはただただこの天のグリッド、皆さんが力を合わせてその皆さんの足元にある地球に重ねたあのグリッドをさらに増やしてゆくばかりで、彼らはそれを補強しているようなものです。

皆さん、喜んでください。皆さんは光を回復させたのです。そしてそれを通し、皆さんが求めるままの生き方がこの惑星に全力で再び戻ってくるのです。まさに言葉通りにです。これは光明のエネルギーの大きな渦を解き放つようなもので、活気あふれる生命のソース(源)はたいへんな勢いをもっていますから、人の手や何らかの力をもってしても、とても手に負えるものではなく、何ものも決して止めることはできません。堤防はその流れをコントロールしようと精一杯がんばっていますが、この大きな渦が楽しげにその堤防一つ一つを破壊してゆきますので、皆さんはただ一歩身を引いてこの光と生命、愛の歓喜のショーが展開するがままに受け入れてください。もしかすると皆さんも引き込まれて何が何だかわからなくなる時もあるかもしれませんが、それでもです。いいですか、以前カオスには有益な効果があるとお話しましたね。これらの孵ったばかりの生命が発動する様は、カオスという描写があらゆる意味においてピッタリです。この驚くべき光はあまりにも長い間、じっと静止したまま抑えられていましたから、その目的を達成させるためには自由に思うがままに進めるよう、取り計らう必要があります。覚えておいてください、この光の洪水が歓喜をもって突進してきたために崩壊してしまうということは、崩壊するように意図されているということです。ですから信念、もしくはもっと具体的なものにしろ、堅くて古い構造にまだしがみつこうとしている人はこの結果生じる対立のフォースによって引き裂かれるような思いをすることでしょう。

この活気に満ちた生命あふれる光がカオスのように爆発しますが、これをコントロールしようなどという概念は一切捨てるよう、皆さんも最善を尽くしてください。この光の爆発は皆さんを内においても外においても馴染みある風景から遥か遠い所まで押し流すかもしれません。たとえそうなったとしても、光が皆さんを背に乗せて運んでゆくがままに身を委ねてください。そして、この光の洪水が皆さんをどこへ連れてゆこうと、そのスペースこそが皆さんのいるべき場所であるということもわかっておいてください。皆さんは大昔前、この星に初めの肥沃なる種を持って初めてやってきて以来、あの古い刻印をこの惑星に残してきました。皆さんはもう一度、これらの古い刻印と精密な整列を遂げるまで流されることになります。皆さんが母なる地球の、あの安全なるボールト(円天井の空間、保管室)の中にそれらを預けるたび、皆さんは生命に関する不可欠の情報も埋め込んでいました。未来の参考とするための言わば投錨、拠り所です。そしていま、その未来が決定的瞬間を迎えています。そう、その真実の瞬間とは「いま」です。

ですから、中心を据えて冷静さを保ち、ゆったりとリラックスしていてください。そして、皆さんの旅がどんな軌道を辿るのか、スピードはどうか、どんな影響が出るのだろうかといった期待はいっさい手放してください。一人一人の旅だけではありません、この皆さんの惑星全体のことも含めてです。現段階で皆さんが行うことはすべて、個人として光明を得るためではありません。すべてのためです。この惑星だけでもなく、さらなるものも含めてです。ですから、全創造物を代表して私達存在の中心より皆さんにお礼を申し上げます。これまで偉大なる作業を達成されましたが、何よりもこれから皆さんが着手されることに感謝しています。ようやく、この時がきました。皆さんがこの惑星の表面にこつこつと植えてきた、豊富にあるこの種一つ一つがようやく姿を表す好機がきたのです。一つ一つが壮麗なる光と色彩を放っています。無限の喜びが姿を表すと、皆さんの銀河の成分は予期と呼応にうち震えることでしょう。

翻訳:Rieko

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here