アシュターより
2013年3月1日
Ashtar talks – March 1, 2013
ASHTAR through Philipp
http://ashtarandphillip.blogspot.pt/2013/03/english-ashtar-talks-01032013.ht
ml#more

私たちからの情報についてなぜ多くの相違があるのか、尋ねられましたね。特に時間
に関する情報について、なぜ私達からのメッセージの中でも正確なものとそうでない
ものがあるのでしょうか?私達の方では、全てがいまNowという瞬間に起こっている
ことをご理解ください。特定の事象や、それらの繋がりを時間枠でとらえてお話しす
る時、私達はまず会合を行って何をどのように伝えるか決定するわけではありませ
ん。私達は一つの存在であり、一つの情報をお伝えするにあたって同意は必要として
いません。もう少し詳しくお伝えしましょう。
もちろん、私達は緊密に連絡をとりあい、情報交換をしています。もちろん、私達は
お互いに「会って」進行状況について意見を交換しますが、起こる事象とそのタイミ
ングについては、ワンネスの立場から最も進展する可能性のあるタイムラインを考慮
します。言い換えると、私達は一つの特定のタイムラインやそれを伝えるということ
についてお互いに同意する必要はなく、それは私達の間では共通の理解となっていま
す。これをチャネラーを通して伝えようとする時に、慎重さが要されるのです。
チャネラーの中には、特定のタイムラインを伝えたがらない人々がいます。私達はそ
れを完全に受け入れています(ご存知ですね、私達は自由意思を重んじ、決して侵す
ことはしません!)。私達はそれを受け入れながらも、私達の側では問題がいくらか
生じます。いまあなた方は進化のただ中にいてタイムラインの情報がいかに重要かを
理解しているためです。あるチャネラーがもし特定し過ぎたタイムラインは伝えたく
ない、またはタイムラインに関しては一切伝えたくないとし、一方で人類は起こるで
あろう事象や時機にかなった進展内容について情報を得たいとすれば、私達はどのよ
うに進めましょうか?私達のジレンマがおわかりですか?
そのような場合、私達はタイムラインを特定の事象と関連させることに重きを置き過
ぎるのです。私達は完璧に正しい予言をチャネラーを通してお伝えするかわりに、正
確さを保ちながらももっと全般的な概観をお伝えしています。このようにして必要と
されているタイムラインの情報と、チャネラー自身の自由意思を保つという二点のバ
ランスをとっています。もしあなた方が「粘り強く」チャネラーにタイムラインにつ
いての情報を与えるようにと何度も何度も繰り返して要請したとしても、私達はその
チャネラーを通して情報を伝えることはできず、その自由意思を重んじます。あなた
方もそうすべきなのです。
私達はあなた方を混乱させたくはありませんし、失望させたりはしません。あなた方
の進展は私達のハートにとって大切であり、私達が一つであるという唯一の真実をあ
なた方が理解いただける時を待ち望んでいます。進展させていきましょう、そうする
ことで開示のみに集中し短期的展望に何が起こるかにはやし立てられることのないよ
うにしましょう。
深い愛と共に
あなた方の兄弟アシュター
チャネラー:Philipp
ウェブサイト:ASHTAR TALKS
翻訳:Rieko

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here