Screen Shot 2014-06-05 at 9.37.13 PM

アーサナ・マハタリ・・・2014年6月5日 時 空の揺らぎ

http://lichtweltverlag.blogspot.jp/

JOLT IN SPACE-TIME, ASANA MAHATARI

channeled by Jahn J Kassl

translated by Franz

5 June 2014

親愛なる皆さん、

次元上昇 プロセスはこれから先の数ヶ月の間に強度を増し、これまでの所それは終わりではなく、終わりの始まりです。非常にしばしばもう終わり になったと告知されたので、これはクレージーです。しかしこれは本当のことで、始まりと終わりは一体であり、それが今なのです。

時空の停止

このレベルとこの次元上昇は大きく加速していて、 人間に条件づけられた意識からは、それによってあらゆることが減速しています。なかなか理解は出来ませんが、それでもこのプロセスが従う 法則が理解出来れば把握は容易です。

今、時間 は停止しています!人間の日常の気づきにおいては、これは次元上昇が遅れているか、あるいは変化したかという印象が創り出されていま す。時間は止まり、空間は”曲がり”又は”ワープ”しています。ですから、時空の飛び越し、揺らぎが起きています。つまり、人間の意 識のベールの前を減速した時間が通過してゆくと、私たちの終末が近づいてきます。そして私たちは無限に終末に近づきます。

今日は、全ての課題、全ての洞察、最初と最後の時 間の全ての光の戦士に対する指令も、ベールの向こう側での光の世界の実現もこのレベルに定着し、大イベントが起こるまで封印されます。

新しい忍耐試験?

どのくら い続く?短い、短い、それでも時空の中では十分に長い。その時までは全ての人間に印象が残り、役割によって時空に意識を結びつけられ ている者には次元上昇が又遅れているように思え、これは新たな忍耐力試験のように思える。そうではない、違う!

そうでは 無く、既に全ては起きているのだ!パズルの答えは時間と空間で、これらの制約は今ではもう無くなっている。

方向を見失わないように!

だから、 人間にとって不安定で大切な多くの力が作用しているこの時に必要な事は、エネルギーを十分に引きつけておくことだ。つまり、”招かれ ざる客”が侵入できないように、人間が正確に神の光に向かっている必要があるということだ。次元上昇のこの段階では、事実に直面し、 決断に自信が持てない者が捨て鉢になっているからだ。

時間は止まり、ダイナミックスは新しい質に達す る。忍耐強く、幸せであり、平和な気持ちを保ち、常に愛の中にいなさい。常に愛の中に!

私はあなた方の間にいます。

私はアー サナ・マハタリです。

翻訳  Taki

 

LEAVE A REPLY