Screen Shot 2014-06-05 at 9.37.13 PM

アーサナ・マハタリ・・・2014年7月28日  光へのパイロット

http://lichtweltverlag.blogspot.jp/2014/07/pilots-to-light-asana-mahatari.html

28 July 2014

PILOTS TO THE LIGHT, ASANA MAHATARI

channeled by Jahn J Kassl

translated by Franz

レポート:何日間か、毎日の状況の中で、中でも町 の方向を尋ねられることが最も多いのですが、あれやこれやと尋ねることによって、人々が如何に私に近づきたいと思っているかに気が付いて います。ほとんどの場合には、この人達が私のエネルギー場に入る”言い訳”として質問をするので、これらはエネルギー的にも肉体的にも高 度には浄化出来ていない人達です。

夢:私は 種々の動物たちと一群の非常に小さい鳥たちを見ています。私にはこれらの動物たちを重んじなければならないと言われています。なぜな ら、この動物たちは完全に道を見失わないように、迷えるソウルたちを導き、他の世界に連れて行くからです。(夢の終わり)

親愛なる 皆さん、

人間が絶 望的に、捕らえどころとエネルギーを探して全ての境界を越えて方向を探す、ということが起きています。最近、人間はこの世界での方向 を見失っています。そしてこれが人間たちに対して動物の兄弟が役割を果たす場所になっています。

ガイドと しての動物たち

実に、動 物たちは肉体的なレベルで人間の苦痛や苦悩を取り払うだけではなく、少なくともある程度は、それらの解放を助けますが、道に迷ったソ ウルたちを薄明かり又は光の中へと連れ出すことが出来ます。

今日で は、多くの不安定で神へとしっかり向いていないソウルたちである、求める人達は意識変成化物質や電磁波の影響のために絶対的に方向を 失い得ます。肉体的媒体の死の場合には、これらのソウルたちは絶望的にさまよい、あるいは自分が死んだことに気が付きません。

これは非 常に寒々とした四次元世界の中での滞在を延ばし、支援無しの脱出を困難にします。低次四次元のレベルは光に入れずあるいは入る意志を 持たないソウルやソウルの断片に満ちています。光への希望が全く埋もれているあるルソウルは動物たちの支援を得て光のゲートを認識 し、人間の次元上昇の為に作られている天への架け橋を渡る事が出来ます。

このレベ ルでは非常に僅かな数のマスターたちしか人間のソウルの救済に携わっていないと言う事実に基づいて、動物の兄弟たちは完全には放棄し ていない迷える人間たちを存在する全ての領域におけるより光に満ちた所への帰還サービスに従事しています。個々の動物又はグループは この聖なる恩寵のサービスにつき、”闇の中のパイロット”として動き、神に近づきたいという希望が完全に埋もれてはいない者たちが助 けを得て、この者たちに正義が行われるようにします。

質疑応答

既に決定 は為されています!ですから、”求める人間たち”が彼等自身で質問と答えを得て、自分で自分の内なる存在にたいする質問に関連する道 と方向を見いださない限りは、もはや答えは与えられません。

質問をぶ つける者が自分の怠慢を利用し、答える者が自分の無視を示す為に最善を尽くす質疑応答のゲームの時期は絶対に過ぎ去ったのです。

今日で は、ソウルの奥深くから来て、ソウルの純粋さから生まれた質問のみが考慮されます。時空の中で道を見失った者は道を見いだす能力を持 たず、最後まで責任を他者に預け、エネルギーを奪い続け、この過ちを”ゼロの時”まで続けるでしょう。今でも方向を求め、他者をあて にする者には答えは拒絶されるでしょう。答えを求める時は過ぎ去り、新しく次元上昇をするマスターたちは存在の全てにおける新しい役 割に同調し、最近では、完全にそれにかかり切っています。

希望の炎を燃やし続けること

”マス ターから生徒への”直接授業の時は基本的に過ぎ去りました。個々の人間を目覚めさせるための極度に効率的な媒体であった者はこの自己 強化の時には不適切です。それ故に、あなた方の間に最後の日までこの神聖であらゆる尺度を超えた厳しい仕事に没頭したマスターたちは あなた方の間に僅かな数しか残っていません。要約するとJJKのレポートと夢の解釈は次の通りになります。

1)   全ての者にとって、絶対の自己責任と自己強化の時が来ています!ある者にとっては祝福であり、他の者にとっては困難でほとんど不可能 なことであり、今日までこの者たちはそれを管理するだけの能力を得られなかったので、解決不能な課題だったのです。

2)   光への道、あるいは四次元の薄明かりへの道を見失う者であっても、神に近づきたいと思う心が完全に失われていない者は、時空の中で完 全に迷わず、より光が強い世界に入れるように、動物の兄弟たちの形での”地下世界への案内”を受けます。

3)   全ての生命体は世話を受け、あらゆるものは神の世話の手に預けられます。個々の人間にとって必要な一つのことは、神に近づきたいとい う希望を持ち続ける事です。

この炎を 燃やし続ける者は、支援が有ろうが無かろうが、道を見いだし、光への入り口を見いだすでしょう。

 

私は私である者。

私はあなた方の暮らしに入って行けるように、変革 の黄金ー紫色の炎を呼び寄せなさい。

あなた方が道なのだからあなた方は道を知っている のです。

アーサナ・マハタリより。

翻訳  Taki

 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here