恋愛関係

イエス

Pamela Kribbe 2013-2-14

親愛なる皆さん

イエスです。心からご挨拶します。私のこころはいっぱいに広がっています。兄弟姉妹の皆さんにお話しましょう。皆さんには親しみを感じています。皆さんより上でも高いわけでもありません。同じです。

私たちは地球にキリストの種を蒔き始めました。種はやがてゆっくりと成長し満開の花を付けます。地球の旅は、その旅を一つ終えました。多くの種が芽を出し、皆さんはいろいろな蕾になり始めています。私たちは、新しい意識で一つになることに献身的な魂の集団です。だから私を皆さんの上に立つマスターと考えることはやめてください。皆さんを抱擁して愛を分かち合う友人と考えてください。本当に深く皆さん全員を愛しています。

皆さんは愛に対して強い願望があります。他の人とそのような関係になることを求め、また神聖な結びつきを得たいと願っています。しかし、本当のところ、皆さんが願ってやまないものは自分の中にあるのです。それが自分自身の神聖な性質です。無条件の愛と喜びを持ったあなた自身なのです。自分のそういうところを感じると、故郷に来たような感じになります。人生の全ては楽になり、光り輝いて喜びに変わります。自分の中にあるのです。だから気分を良くしてくれるものを自分の外に探す必要はありません。自分自身バラバラでなく自分とユニティの関係であり、しかも他のすべてと深く親密につながっているのを感じるのです。

人間関係については、自分の中で一つである、ワンネスであることを受け止めていても、パートナーなど特別な人とだけ親しく出来るというところが一見矛盾するように思えます。自分の過去の重荷を受け止め、人生の山や谷を受け入れようとすると、その時に他の人の個性も同じく認められる余地が生まれます。その時には、他の人を自分が故郷に帰る(天国に行く)ための手段にする必要がなくなります。逆に、自分が感じる故郷を他の人と分かち合えるのです。このような関係は、喜ばしく、分かち合える関係で、ヒーリングの関係です。パートナーであっても友人であっても、子供でもいいのです。形は問題ではありません。しかし、恋愛関係や夫婦関係は、最も自分を呼び覚ます関係です。互いに深く触れ合い深い感情を引き起こします。まるで他の関係では一切できない、故郷に一緒に帰る約束をしているかのようです。

恋愛関係について話す前に、憧れの故郷という皆さんが生まれた元々のユニティであるところは、決して遠くはないということを思い起こして欲しいと思います。例えて言えば、遥か昔、皆さんは言わばパラダイスを後にしました。身体の中にいる魂としての旅を続け、自分を顕現し、数々の経験を重ねて宇宙の別の場所に行くためにある特別な形・体を選びました。

個別の魂として生まれて旅を開始した時、その大前提のユニティを放棄したのです。ユニティは愛と光の暖かい毛布のようなもので、非常に皆さんには当たり前だったものです。ユニティの状態で父母なる神がそばにいて安心感を覚え、一人ぼっちだとか爪弾きにされているとか恐れることはありませんでした。そのようなネガティブな考えは到底理解出来ませんでしたし、しかも神の力の原点が動き、皆さんは父母なる神のワンネスという繭の中から生まれました。

そのようにして生まれた目的は何だったのですか? そう、皆さんは独立した個別の神になれたのです! 皆さんは温かい愛と光の父母なる神の出自になることが出来たのです。その神の愛と光から無限なる存在が生まれ現れるのです。しかし最初別れを告げた時にはショックでした。ワンネスから別れてから本当に経験していこうとする際い、何も前もって知っていることがなかったのです、それを思い知らされたのです。個別の魂としてユニティから別れ自分の道を歩けるのを知ることが出来ましたが、そればかりでなく、知らない、分からないという恐怖や孤独、闇を初めて知るのです。

皆さんは今だにそのような別れを経験し孤独だったことを覚えています。そのために、非常に強い愛の関係を呼び覚ますことになるのです。でもその関係について話す前に、その故郷にいた時の原初の繋がりをいつでも味わい体験する可能性を持っているということを言っておきたいと思います。寝ている時に夢を見ない場合には、体を離れ、元々いた一番深い源泉である神と繋がります。そのように例えてもいいですし、自分の一番深い所のコア(核)と呼んでも結構です。そこはパラダイスです、決して離れていません、ちゃんとあります。でも、何十億年も前にそこを離れましたが、ワンネスは依然として皆さんの中にあります。意識からは決してなくならない切り離れない部分です。

夜、マインドが静かになり眠る時に非物質的な世界に入ります。それから、肉体を離れ、その源に入って自分自身をリフレッシュします。またもちろん、日頃から親しみのあるところでもあるその神聖なスピリットと繋がることができます。非常に静かになると、今という瞬間、その存在を感じ取ることができます。私たちは皆、その神の顔の一部になって一つになっている、どうかそういうことを感じてください。

胸の中央部のハートチャクラには、明るく美しいクリスタルがあると思ってください。そのクリスタルがそこにあってパワーを持っています。それを感じてみてください。このハートクリスタルは同時に皆さんのたくさんの経験を映し出して反射しています。このハートクリスタルはまた、周りのすべてと繋がっています。人から受ける感じは、このクリスタルが反射します。このクリスタルによって感じる気分や感情が、他の人のことを理解する助けになります。このハートクリスタルから他の人の経験していることやしたことを理解します。彼らの痛みや辛さ、失望が、はっきりあなたにも分かるのです。

このハートクリスタルは生きとし生ける全てのものに繋がっています。なぜなら私たちは一つだからです。しかも、このハートでそれが感じられるのです。胸の中央で感じるものはまさに皆さんが感じるものです。それは魂-ハートです。魂とハートを一緒にして感じてください。皆さんはハートで繋がっています。水平方向で全てに繋がっています。だから皆一つなので分かれていないのです。それでいながら、あなたは「一個」です、あなたはあなたであり他の人ではありません。あなたと同じ人は誰もいません。個別の存在です。そしてまた、縦方向で源、神と繋がっています。皆さんには肉体があり、肉体は、あなた自身の一片の神意識、つまりハートを収めているところです。

このクリスタルの大きさを感じてください。あなたの無限の意識です。好きな所に行けます。この体に縛られていません。今この体の中に一時的に入っていますが、それでも、どんな形にも制約されない広大なエネルギーなのです。あなたはその意識なのです。あなたは父母なる神の神聖な織物の一つをこの地球に持って来ました。あなたは自分の中で一つであり完全なのです。あなた自身はこのハートクリスタルのガーディアンです。そのことを覚えておいてください。では、恋愛関係に移りましょう。

人と恋に陥る時は、当初激しい歓喜の体験をすることがよくあります。まるで、何かが自分の心を打ち砕き、大きく口が開いてしまったかのようです。その何かは、長い間隠れていて、相手との出会いでしかその扉を開けることが出来ない、そのような何かです。他の人にあなたのその「何か」がわかるようには思えません。しかし、愛する人は、裸のままのあなたの美しさを揺さぶって目覚めさせるのです。あなたの人生に対する情熱と熱い思いが蘇ってきます。自分は見られ愛されていると感じ、あなたは自分自身の奥深いところで自分の不思議さを感じ、驚くのです。それが、虜のように夢中にさせる体験です。相手に夢中になっているように思えますが、実は自分に対して夢中になっているのです。相手があなたの中にあるものを呼び覚ますのです。そのあなたの中にあるものは、甘く美味しい、奇跡なのです! その時に目覚めて、本当に相手に尽くしたい、本当に愛されている、そう思えるのです。

その時人はこのトキメキの素晴らしさと不思議さ、驚きで我を忘れます。そして、その思い、感情を呼び起こしてくれた相手を何が何でも自分の方に引き寄せようとします。相手は魔法の杖を手にしています。そして初めて、相手に対してだけでなく、自分にも愛の気持ちを向けるのですが、それによって徐々に自分のことから飛び立ち、完全に相手のことに思いを馳せ、相手のことに関心が移るようになります。

その時から、相手との騒動が始まります。相手が与えてくれ、気分良くしてくれるそういうところを自分のものに、自分で抱えたくなります。相手もまた同じ思いで同じことをします。そして両者はこの主導権争いによって非常に戸惑いと混乱をきたします。このように、お互いに与えられる一番いいところが、時間の経過と共に一番低いもの、つまり嫉妬心や依存心を生じさせ、駆け引きを生み出します。こういうことが、誰もが人生で経験する非常に辛い落ち込み、または転落なのです。

どうして転落するのでしょうか? あなたの中には2つの性質があります。今ハートクリスタリルで説明したように、そこには愛があり、相手をきちんと見ることができます。そしてその素晴らしさを感じ取ることができます。ハートのそこからお互いに対等でバランスのとれた関係に入ることができます。互いを神聖な存在と認め、同時に互いに人間であることも見失いません。相手の痛みや不信感、失望、抵抗や反抗する思いを認めます。

しかし一方、腹の中では別のエネルギーが働いています。非常に強くて崩壊することに夢中になるものです。このエネルギーは放置され無視された(ニグレクト)インナー・チャイルドと呼びます。この子供のエネルギーは非常に強くて根深い痛みを抱えています。その痛みは、元々父母なる神のワンネスを離れて宇宙に誕生する時の辛さに端を発しています。この子供はまた、恋に落ちた時に目覚めます。そしてこの子はあなたのハートを覆い隠せるほどのいろいろな感情を抱えています。その感情はハートクリスタルを包み込み隠して、そのハートからそのロマンチックな恋の喜びや幸せが湧き出ているのだという事実を覆い隠します。この感情はずっとあなたに付きまとってきたもので、自分で創ったスペースであり、他の人たちによっても創り出されたものですが、今だに依然としてあなたに関わりを持ち続けています。

しかし、あなたの中の子供は辛い思いをし、関心を引き、愛を求め、認めて欲しいと泣き叫んでいます。その感情は長い間失っていたものです。そのあなたの中の子供は相手を束縛しようという気になったりします。自分にないものを得ようと、何が何でも必死にやろうとします。このようにして、子どもとハートクリスタルは全く正反対の立場になります。最初美しく見えたものは崩れかけ、互いに争い、望みのないバトルに変わります。しかし、何れにしてもそういうことが起こります。

魔法が消えかける時、あなたは絶望的になるかもしれません。かつてその人と完璧な愛を感じていたので何としてでもパートナーにしがみつこうとします。しがみつこうとして喧嘩になります。そして、一番古い痛みや怒り、諦めることの恐怖、憎しみなどの感情が表れます。もうその時には、相手の人を諦め手放すことは非常に難しい状態になっています。あなたはすべてが上手くいっていた時の素晴らしさを思い出して取り戻そう、その時に返ろうとするのです。

この段階で手放し方を知ることは非常に重要です。関係が悪循環に入るのを感じ、互いに相手を責めようとする時は、後退する時なのです。互いに悪あがきをして傷つけ合うことに発展しかねません。お互いに非常に深く心打たれて恋をしたのでその痛みはなかなか癒えません。

なので、コントロールを失っていると感じたら、敢えて引き下がってください。あなたは感情に流されているので心を開いてパートナに近づくことができなくなっています。見捨てられた、あるいは見捨てたという深い怖れを抱いています。自分を見失ってしまうほど人と深くつながることへの恐れです。また怒りや嫉妬心などの感情も起こりますが、重要なことは、その感情の激しさは、二人の関係そのままを表しているのではなく、あなたの問題、あなたの感情なのだということに気づくことです。関係はその感情の引き金になりましたが、その感情はもっと深い要因から生まれているのです。

そこで重要なことは、自分の中の、無視され傷ついた子供に向き合うことです。その子供が感情のバランスを崩している真の原因です。その子供に向きあう責任は相手にはありません。あなたもまた、相手のインナーチャイルドに向きあう責任はありません。自分の痛みの責任をなすりつけ癒してもらおうとすることは、二人の関係にとてつもない混乱を招きます。

そこで当初愛の絆で始まった関係がまずくなり、上手く行かなくなっていることについてどう考えますか? 事実、その時にははっきりした徴候がありますが、それを知る方法に、自分のインナーチャイルドとエクササイズをするのです。そうイメージしてエクササイズをしてみるのです。

では、今、パートナーの正面に立ってください。あるいは、パートナーでなくても今とても大切な人でも結構です。そしてあなたのインナーチャイルドにあなたの左に立ってもらいます。自分が10歳以下の子供になったつもりになり、その子供を左に立たせてパートナーと対面します。では、その子が愛する人にどんな反応を見せるか見てください。その子の最初のリアクションを見てください。その子に聞いてください。「なぜあなたは目の前の彼(彼女)にそんなに惹かれるの? そんなに夢中になるのは相手のどこなの? どうしてそんなに夢中になってしまったの?」。それから、「今どんな気持?」と聞いてください。

最初の時の関係に何かあったのですか? 子供はその時の愛を感じられますか? ヒーリングが起こる関係においてはその質や特徴は今でもあリ、失われていません。それによって今も生き生きしてきて、心温かくなります。同時にあなたのパートナーは自分の問題で上下に揺れ動いてもっと人間らしくなりました。しかし、元の魔法はまだそこにあります。その魔法のお陰で問題を乗り越えられます。その魔法がないと気づき、インナーチャイルドが愛されていない、不公平に扱われていると感じたら、その場合、あなたに気づいてほしいことがあるのです。インナーチャイルドと一緒にそれを見つけてください。

状況を明確にするために、インナーチャイルドのイメージを消して、今度はあなたがパートナーの前に立って、二人の間で与えるエネルギーと受け取るエネルギーの流れ方を見てください。先ず、あなたは相手に与えているものを見て、それを感じてください。言葉にする必要はありません。感じるだけでいいのです。あなたから相手に何が流れるか、それをじっと見てください。そしてその時どう感じるか、感じてください。こうして与えると活気が出てきますか、それとも虚しく、疲れきってしまいますか? 与えると蘇りますか、それともそれによって何かを失った感じになりますか? 先ずその感じをしっかり掴んでください。

相手に与えるものを見た後で、今度は逆のことをしてください、相手から何をもらいますか? その感じが来たらその最初の感覚をただ信頼してください。受け取ったもののどこが気分良くしてくれますか? なぜ心が開くのですか? 受け取った結果、自分自身幸せだと感じますか? 癒しが起こる関係の本質は、相手があなたに何かを与え、それであなたの心が喜ぶということなのです。

最後に、破滅的な関係にはもうひとつ徴候があります。胃に近いところ、太陽神経叢で、エネルギーコードで相手と繋がっているのが感じられます。敏感な人は、そのコードを感じることができます。あなたが探し求めているのは、相手を自分のものにする必要があるという感情です。相手はもうそばにいないと考えるだけで、もうあなたはパニックに陥ります。何かがそのコードを引っ張っているのです。それが感じられれば、それは実質的にエネルギーのへその緒(コード)で、それであなたと相手が繋がっています。そして「私はそれが必要だ、それなしではやっていけない!」という感情を起こさせるのです。そのパニックに陥れる感情で、自分は一人ではやっていけない、と思い込むのです。少なくとも、相手なしでは何も出来ないと思います。そういう依存心によって破壊的な関係になるのです。

癒しが起こる関係においては、離れた場合、互いに寂しい思いをするのは自然なことです。楽しいと思うのは当然ですし、だから相手の伴侶になりたいと願います。相手を求めるのですが、でも相手が必要だということではありません。しかし関係が崩れると、悪意のようなものが働きます。相手なしではいられないとか、幸せになるにはその相手がいなくては生きていけないという依存心が生まれます。それこそが私の人生!というのです。その思いが実質的に自分を弱くするのです。相手に拒絶されることを非常に恐れています。それであなたは益々小さくなり、緊張し切って押し潰されてしまいます。二人の関係は、最早楽しいところはなくなり、始めの頃の開放感はなくなっています。

こういうことを自分なりに静かになって感じてみてください。またこのようなことを感じてしまうような関係になるのではないかと怖がらないでください。下降線をたどる関係になっていることが分かった場合、パートナーは、お互いの立ち位置を知るために肉体的にも感情的にも自ら離れていくことがよくあります。そのような時、徹底的に話し合っても役に立たないことがよくあります。先ず、あなた自身が自由になって自分のハートクリスタルに戻れる余地を作るのが先決です。その美しいクリスタルの中に意識を向けてください。それはあなたのエッセンスです。相手にそれを見つけてほしいと期待をかけないでください。クリスタルはいつもあなたの中にあるのです。それは神の囁きで、静かになった時に聞こえてきます。

そのクリスタルから、いまだに苦しむあなたの中の子供に光が注がれているのを感じてください。子供は、受け入れてくれる人や、愛、安心感を自分の外に探しています。その子にあなたの光線を降り注いでください。すると、クリスタルの光が、あなたのお腹の深い、深いところに流れて足を伝わり、地球の中に入り繋がります。

それがあなたの光、あなたのユニークな魂の光です! あなたは身体でこの光を味わい経験するためにここにいるのです。あなたの特別な光はユニークで、それはあなたの天使の光です。それに繋がっていれば、あなたの人生に癒しが起こる関係を引き寄せます。他の人を「必要」としなくなります。また、他の人に「完璧になって貰う」必要もありません。最終的にあなたが望むように自分を考えてくれる人、こうして欲しいと思うがままに無条件で自分を受け入れ理解してくれる人、そういう人は必要でなくなります。

無条件に受け入れ愛することは、あなたのハートの中でだけできることなのです。他の人にそんな義務を負わせないでください。そのような完全な愛は、あなたとあなたの真の自己との間にあるものです。それは自分にしか与えることができません。そして与える時、あなたは他の人にとって愛の泉になるのです。完全に自分自身に正直で自分の真実に繋がっているからそうできるのです。暗いところも含めて自分を好きになり愛してください。つまり、もがき苦しむあなたのその子を好きになって愛してください。

自分を愛する時は、相手の本当のことが楽に見えてきます。相手が言うことを一つ一つ自分のことに関わる話だと思い、それで傷つき、攻撃的になる必要はありません。相手の言動は相手に関わる問題です。そう考えられると、感情的にならずに対応するのが簡単になってきます。相手はあなたの魂を救済する責任はありません。責任はあなたにあるのです。あなたは自分の世界、自分の現実のマスターなのです。

皆さんは自己成就の道の上を歩いています。既に、あなたのハートクリスタルで他の人に触れている人がいます。愛と希望の火花を与えています。変動と移行の今この時に地球に来ていただいてありがとう。私は皆さんと一緒にいます。深く慮っています。皆さんは私の兄弟姉妹です。愛しています。

Copyright © Pamela Kribbe – Permission is granted to copy and redistribute this article on the condition that the URL http://www.jeshua.net is included as the resource and that it is distributed freely. E-mail: aurelia@jeshua.net

 翻訳 ライトワーカー・マイク

LEAVE A REPLY