ス 罪と罰は幻想です

John Smallman 201365

ニュー・エイジが到来しました。その時を知らせるものは至る所ではっきりしています。神聖な愛の場は地球に広がり続け、地球はすべてを愛の道で包み込んでいます。その「愛の道」にいない人もいます。愛が強くなり愛で包み込まれるこの地球に心動かそうとしない人には、そうしたくないと決めるだけの相当の努力が必要です。人間が苦しみ悩みを断ち切るのは神の意志です。人間が苦しんでいる時も長い間神の意志に包まれていました。人類は今神の意志と繋がることを選びました。それが、「ニュー・エイジ」なのです。神の意志と繋がることなのです。そして、自分を一時的にくるんでいた恐怖と分裂した儚(はかな)いベールを切り裂くことによって繋がろうとしています。

過度に閉じているのは止めようと決めてハートの愛を抱く時、見ず知らずの人とも明るく繋がり合います。目覚めに向けて愛の流れに乗っています。なので、喜んでリラックスし、感謝し、すべて神聖に守られている、これまでもそうだったということを知っていてください。愛に包まれ分かち合う時の愛の暖かさに浸り、愛のフィールドの中にいる時に、新たな友人や知人が出来ると期待してください。

「予め決まっている」などというものはありません。それは、恐怖に基づく考えです。神の意に反した人間に対して神によって課せられた苦しい報いだと言わんとするためにでっち上げられたのです。したがって、神に背くと、「神の意志に従順」であり救われる人とは正反対に、地獄に落ちるというわけです。救われ天国に行くか、地獄に落ちるか前もって決まっている、だから何もそれを変えることは出来ない、という考え方でした。明らかにナンセンスです。すべて意識を持つものは、神のハートにとって大切です。いかなる犯罪でも「悪行」にも関係なく、誰もが神の愛という無限の不可思議さを経験していきます。

愛だけが本当です。だから永遠です。愛のない、どんな苦しみ痛みに見えることも本当ではありません。はっきりと手放そうとすると消える幻想なのです。皆さんは今そのプロセスの中にいます。足元の幻想を振り払って前に進み、いつも愛をもとうと決めて前に進んでいます。

そのような意図を持を持ち続けられるようにガイドやメンターに手助けをお願いすると、皆さんは故郷への道を歩きます。何ものも行く手を阻むことはできません。わざと愛をもたないようする場合は道から外れることはあります。が、すぐに道から逸れたことが分かります。そして、愛のない思いを手放して、愚かにも批判したり責めたりした人や、自分をも許せるようになります。

愛があなたの本質です。幻想によって迷うことがだんだん少なくなります。だからそのためにあなたは目覚めて後戻りはしないと決めたのです。聖なる神の意志に繋がろうとする愛の決意から逸れても一時的、短い期間です。ハートの中にある愛の炎は、日毎に益々燃えています。自分の中で神が絶えずいることに気づかず、感ぜずにいようとすることは不可能です。

故郷(天国)に導く光、一人ひとりが持つ愛の炎は強くパワフルです。永遠に隠し通し、拒否し、知らないでいることはできません。その炎は輝きます。それを拒否する人生があったとしても、愛がなくなる時は片時もありませんでした。逆に、あなたの態度が変わり、またその愛に気がつけると信じるのを辛抱強く待っていました。その時が、今なのです。だから、恨みや憤りを抱え続けることは誰にとってもますます難しくなっているのです。以前なら、多くの人が恨みを抱え苦みに満足していました。傷つけられ攻撃された相手に仕返しをし、元を取り返そうとしました。そのような自己満足の感覚が、今はかすんでなくなろうとしています。そしてそうなっている自分に驚くのです。

これが、目覚めの初期の合図です。あなたにそういうことが起きていれば、喜んでください。辛い時期は終わりです! 以前は、恨みつらみ、懲らしめてやろうとする悪意にしがみついていることに気づかなかったかもしれませんが、そういうことで決着をつけようとする感覚がだんだん消えている今、自分の意識が変わってきているのが分かるようになっています。これには驚くこともあるでしょう。自分は親切で優しく人を受け入れる人間だ、恨みを抱えないのが自分だと思っていて、その点に納得していました。ところが、今改めて、実は、恨みを抱えていたということに気づいて驚くわけです。

あなた自身を許してください! 自分を責めることや後悔、罪悪感を持つことに何ら利点も救いもありません。間違いをしても、それが分かって修正しました。そうやって自分の中に愛が大きくなれるスペースを作り、自分の愛の無いところを手放したのです。事実、あなたは非難されませんし罪もありません。

罪と罰はあなたを縛る幻想です。この幻想によって、自分は神を知らないという思いにさせ、まして、神の永久の愛のぬくもりに預かる事もできないと思わせます。逆です、あなたは神の愛に浸っているのです! そこでこそあなたは永遠に存在するのです。幻想の中にいたので、一時的に忘れていただけです。「リアリティ(真の現実)」の中で永遠に完全な創造を行うところ、つまり、故郷に戻る準備をする時、もう、本当でないお遊びの時間は終わりになります。

あなたの愛する兄弟、イエス

翻訳 ライトワーカー・マイク

https://lightworkermike.wordpress.com/2013/06/06/jesusbyjohnsmallman/

http://johnsmallman2.wordpress.com/2013/06/05/blame-and-guilt-are-illusory-concepts-which-tie-you-to-the-illusion/

 

 

LEAVE A REPLY