images

インフルエンザワクチンには許容量の25000倍の水銀が含ま れている 2015年11月26日

https://alignlife.com/articles/flu-vaccine-contains-25000-times-more-mercury-than-is-legally-allowed-in-drinking-water
Flu vaccine contains 25,000 times more mercury than is legally allowed in drinking water
October 26, 2015By Ethan Huff

年中行事のインフルエンザ予防注射の列に並ぶ前に、知っておく べきことがある。最近のNatural News 食 品研究所での試験の結果、最近では、妊婦、幼児、老人、などほとんどすべての人に勧められているインフルエンザワクチンの中に非常に 高いレベルの神経毒物質である水銀が含有されていることが発見された。英国の製薬巨大企業である、グラクソ・スミス・クライン(GSK)が製造した1バッチの薬瓶には、51ppmの水銀が含有されて いることが分析の結果判明したが、これは環境保護庁(EPA)の水道水に関する規定上限値の25000倍である。

この衝撃的な発見は最新の高精度質量分析技術によって行われ た。数百万の人たちが毎年インフルエンザワクチンの接種を受けるがこの危険な事実を全く知らされていない。

翻訳 Taki

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here