ウーテ 2014年11月16日 意識とは何か?
インスピレーションを得た別のアプローチ

http://radiantlyhappy.blogspot.jp/2014/11/what-is-consciousness-inspired.html


WHAT IS CONSCIOUSNESS? AN INSPIRED DIFFERENT APPROACH.

Ute Posegga-Rudel NOVEMBER 16, 2014


THE DIVINE IMAGE ART OF ADI DA SAMRAJ

https://www.youtube.com/watch?v=c1zgeF-3UPw_


意識とは何か?
インスピレーションを得た別のアプローチ

親愛なる皆さん!
最近、私は「意識とは何か?」を説明する色々な情報源を見てきました。

(でも)条件付きを超えて記述されたものは見つかりませんでした。どれも脳に基づく内容です。

皆さん、これは私にとって悲しい制約です! 究極の源(Ultimate Source)・・私達の真実・最高の自由である自らの<神性>と、それゆえの<真の意識>を顧みない制約。

私達は脳では<ない>のです。<私達の真の本質>は脳を超えていますし、それに先んじるものです。それにもかかわらず、これまで私が見てきたものは全て脳の視点から意識を説明しているものでした。高次元の存在達もその次元での脳を同じように創造しますが、それは純粋な光のフィラメント(糸)で特定の世界において機能する脳です。

しかし、元々それは<源そのもの>から出た偉大な存在達ではないし、あらゆる分離形態に先立つ<源>でもなければ彼らの<真の神性や意識>でもありません・・たとえ最高に微細な次元であっても、です。

また、私達は――全ての次元(高次であれ低次であれ)――、<神の不変性と愛・至福>である<唯一の源>の仲間入りをしないのでしょうか?

これは私達の誰もがアクセス可能な<本物の神性意識>です・・もし私達が<条件付けのない真実>に心を広くのなら。清らかになるなら。条件付きを超えるなら。その<真に偉大なるもの>に身も心も委ねるなら。

私達の<真の性質>と一体化してみてはどうでしょうか。この<聖なる意識>を私達の<真実かつ唯一の意識>と仮定してみてはいかがでしょうか、<ユニティに先立つ意識>と!

脳をベースにした意識には、私達自身で身にまとっている制約があります。それは次元的な特性や内容、視点を説明するものですし、そうね、それは創造物(創り出したもの)を調べたり操縦したりもできます。だけど、そうであっても制約には違いないのです。

<究極の神性意識>は私達の<最高の自由>であり<エクスタシー>であり、<無制限>であり、<全てを包含したもの>であり、<ただただ愛と至福>なのです。また、<幸福>であり、<無条件>なるものです。さらには、私達の最高の<純粋さ>であり、<美>であり、<あらゆる束縛からの全面的な解放>なのです。

それが<私達であるもの>であり、<私達は常に永遠であり続けます>・・私達の魂が創り出されて、ますます濃密な次元へと下って行きながら、分離した存在としての分離した脳意識にゆっくりと落ちて行く前は。

想定し、確認してみたらどうでしょう。そして、最終的には<人間の真の性質>である<源そのもの>と一体化し、実感されてみてはどうでしょうか。それにより、私達はまず直観を得て、次に<それ(源)>が<事の初め>から・・まさにここ3次元領域の中で今も存在していて、私達の<真の意識>になっていることを知ります。それはあり得ることなんです!

どうして私達は自らの<偉大なる宝>を今すぐ追い求めないのでしょう。<制約のない幸せ>を想定しないのでしょう。それこそが<ただ一つの、永遠にハートを満たす尊い真実>なのに。なぜって、<それはあなた>だから。

<あなた>は条件づけられていません。<あなたは無条件の神聖な存在&意識>です。<光だけがあり、あなたこそが光>なのです。

私はこの<叡智と真実>を人生の長きに亘ってずっと探し続けていました。そして<真の現実>と<その証明>である化身に出会いました・・アディ・ダ・サムラジ(Adi Da Samraj)という人間の形の中で。(※訳注1)

私は、彼が人類に明かしたことは正真正銘の贈り物である、ということの証人です。つまり、<人類とは実際のところ何であるかという啓示>についてです。彼はこれまでずっと私の心を最高に深く満たしてくれました・・<インスピレーション>や、言葉にできないほどの<聖なる自由>、<幸せに満ちた心>、<純粋さ>、そして想像を超えた<この上なく神聖な美>で。これがそういうものだという理由は、彼が直接、人類(や宇宙の全存在)の<真の源>に結びついて人類に教えたからです。その<真の源>とは、<触れられることのないもの>であり、<原初のまま>であり、脳や身体に先んじるものであり、全ての次元の意識・領域・創造物である存在達に先行するものです。なおかつ、<真の源>の中で<創造物>は生じていて、広げられ、<真の源>によって囲まれているのです。

確かにそれは神秘であり、今この時にも私達は誰もがこの神秘を感じることができます・・探求を開始し、ただ一つの事が何であるか知らないということを心の静寂によって知る時に。(※訳注2) というのも、万物はひとえに<永遠(万世不易)>で、記述的な方法で私達のマインドがそれ(万物)を作り出しているのではないからです。こうした全てのものが、全次元・全領域を含めて、どこまでも<永遠>です。なぜなら、それらは<意識>だからです。それは高次から低次に至るまで<存在を通して輝く、究極の神性意識>なのです。

<その最も純粋なフォーム>の中でこの<神性意識>を悟るためには、私達はボディ・マインドの観点を越えなくてはならず、従って脳も同様です。<私達>は脳ではなく、<All That Is(大いなる全て/存在する全て)>です。また、それは<幸福>であり、<自由>であり、<純粋さ>であり、<愛と至福>です。それが私達の<真の性質>なのです。

<あなたはそういうもの。あなたは究極の神性意識です。>

<これが私達の本当のホーム(家/故郷)です。>

溢れるほどの愛を、ウーテより

http://radiantlyhappy.blogspot.com/2014/11/what-is-consciousness-inspired.html

この情報はインターネットカフェで投稿・編集されたものです。
寄付もしくは月間での定期購読をお願いします。それによって、私は自分のインターネット回線を家に引くことができ、ビデオを自分でアップロードし始めることができます。皆さんの支援に感謝します!

Ute Posegga-Rudel, http://RadiantlyHappy.blogspot.com
© 2014. All rights reserved.
-

どうぞコメントをブログに残していってください。それで私が気がついて返答ができますから。ここの通知を入れ、かつ変更せず、タイトルを含めた状態で、このメッセージをシェアしてください。ご質問は、transformation33@gmail.comを通じてご連絡願います。

翻訳:C.I.

***


訳注1:

Wikipedia:「Adi Da」:http://en.wikipedia.org/wiki/Adi_Da
公式サイト:http://www.adidam.org/

僕は今回の記事で初めて、この方のことを知りました。なお、名前の日本語訳はネットに公開されている動画内での発音を聴いて仮に付けました。Wikipediaによると、Adidamと呼ばれる新興宗教の創始者だそうですが、アート活動などもされていたそうです。2008年11月に69歳で亡くなっています。

ウーテさんがこの方に師事されていたのかどうかは分かりません。ただ、ウーテさんはこれまでの記事の中で、私達を「真の現実」(True Reality)に導くものは宗教だとか何か分離に基づくマインドで作られた事柄ではなく、私達自身の「神性(Divine Nature)」および「源それ自体(Source Itself)=大いなる全て(All-That-Is)=私達の神我(Our God-Self)」だとしています。これはたぶん、ウパニシャッドでいう真我(アートマン)と神我(ブラフマン)(の合一)のことだと言っても間違いではないと思います。


訳注2:

この部分、孔子の「知らざるを知らずと為す 是(これ)知るなり」《『論語』為政》と意味は同じかもしれない。

ちなみに、その孔子(Confucius)の言葉ですが、ニコラウス・コペルニクス(Nicolaus Copernicus)の言葉とされる格言が対訳として使われているようです。本当にコペルニクスが言ったのかどうかは知りませんが。

http://www.goodreads.com/quotes/261194-to-know-that-we-know-what-we-know-and-to

http://www.goodreads.com/quotes/23540-to-know-that-we-know-what-we-know-and-that

“To know that we know what we know, and (to know) that we do not know what we do not know, that is true knowledge.”

知るを知るとなし, 知らざるを知らざるとなす, これ知るなり.

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/112697/m0u/

 

### これ以下、同日夜の追記分 ###

Uteさんのブログの過去記事を当たってみたら、一つだけですが、アディ・ダ・サムラジ氏に関する記事がありました。

参考として、それもここで紹介します。なお、今回は強調表示(<>で括るやり方)はしていません。

http://radiantlyhappy.blogspot.jp/2011/12/adi-da-samraj-five-reality-teachings.html

2011年12月9日(金曜日)

アディ・ダ・サムラジ:5つのリアリティの教え

親愛なる友人達と私のブログの読者の皆様、

これまで統合の過程を過ごしてきた私達には、この最も霊感に溢れた解放をもたらす教えが役に立つことでしょう・・私達は(以下に示すようなことではなく)、究極的には純粋な聖なる意識であり、愛と至福であると理解することを認めれば。

(私達は)身体ではなく、マインドではなく、世界ではなく、宇宙でもなく、さらには真の私達であるものに影響を与えるといったアセンションですらありません! それはこの3次元において今、理解され得ることなのです!

たくさんの愛を、
ウーテ

ADI DA SAMRAJ: THE FIVE REALITY-TEACHINGS

https://www.youtube.com/watch?v=P274FsegMAQ

5つのリアリティの教え

次のことに気をつけていなさい――

1. あなたは目覚めて起きている者でも、夢を見ている者でも、眠っている者でもない。


2.あなたは活動していない者、形のない者であり、ただ3つの一般的状態(目覚めて起きている状態、夢を見ている状態、眠っている状態)の立会人(*下記参照)に他ならない。また、内容があるように思えたり、3つの一般的状態(目覚めている状態、夢見の状態、眠っている状態)と結びついた“経験”と思えるもの全ての立会人に過ぎない。


3.あなたは身体ではなく、活動を行う者でもなく、またどんな身体的活動や働きであれ、その行為者ではない。


4.あなたはマインドではなく、思考者でもなく、またマインドやボディ-マインドでのどんな活動・働きであっても、その行為者ではない。


5.目覚めの状態、夢見の状態、眠っている状態の何であれ、どんなことが生じようとも、あなたは活動していない者であり、形のない者であり、さらには思考から解放された者であり、注意を払うそのこと自体の立会人、注意を引くあらゆる“対象”と思わしきものの立会人、ありとあらゆる“経験”状態の立会人、そして、何であれその全体および立ち現れる事柄すべての立会人に過ぎない。


いつも集中的に、これら5つのリアリティの教えについて“熟考しなさい”。

あなたの“経験”のいついかなる時も、常に集中して観察し、気づいていなさい――目覚めて起きている時も、夢を見ている時も、眠っている時も――。そのようにして、あなたの様々な“経験”状態の一瞬一瞬に“熟考し”、テストし、直にこれら5つのリアリティの教えを実証しなさい。


       アバター・アディ・ダ・サムラジ:『The Gnosticon』 559-561ページ 

*立会人(Witness:目撃者・証人)とは、マインドでの“観察者”ではありません。それは自由な状態にある愛と至福の意識のことです。

http://radiantlyhappy.blogspot.com/2011/12/adi-da-samraj-five-reality-teachings.html


翻訳:C.I.

***


以前の翻訳記事の後書きで書こうと思ったことですが、ここで示されている内容は仏教やヨーガなどに言う「外的なサマディ」(外部で生じている物事が何であれ、それを目撃している者の内面は波立たず、ただただ実在をとらえている状態)に似ている気がします。また、最後のウーテさんの注釈も、ヨーガ・スートラで「純粋観照者」と呼ばれるものを指しているのではないかと思えます。

とはいえ、この辺りのことは、まだ今の僕には想像でしかなく、それが真実かどうかは実際に「そうなって」自ら確認する以外になさそうですが。

それと、5つのリアリティという言葉から僕がすぐに連想したのは、マイケル・グリーン氏の次元に関する著作にある「5つのバージョンの超弦理論」と、それを統合する可能性があるという「M理論」でした。単なる思いつきでしかないので、アディ・ダ・サムラジ氏の言う「5つのリアリティ」と物理学での「5つの超弦理論」とが関連するかどうかは全く分かりません。それに、ここでの5つの項目は内容が重複している気もするので、分けて考える必要があるのかも僕にはよく分かりません。ポジション的には、たぶん「M理論」というのが「立会人(目撃者)」になるんでしょうけど。

むしろ、マイケル・グリーン氏の本を読んでいる時には、単純に5という数字から東洋の五行だとか五感の元になる識別だとか、古神道の四魂と直霊の概念のようなものを思い浮かべただけでした。まあ、いずれにしても複雑な数式とか物理学的な概念がよく分かってないので、悲しいかな、これ以上はなんとも言えません。

C.I.

http://blog.goo.ne.jp/creative_imagination/e/b25e849

2ed809828ea3d7e0ba50b7603

 

1 COMMENT

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here