screen-shot-2016-10-25-at-12-04-01

10月21日:エンジェリック・ガイド~あなたの問題を手放す方法~

http://www.angelic-guides.com/2016/10/21/letting-go-of-your-problems/

本日は、通常は難しいとみなされているけれど、人生をより良い方向へ変える為には絶対に不可欠な事に着目していきたいと思います。みなさんが創造したいと望むものの為のスペースを作るべく、人生の中で“うまくいっていない”部分を無視する、もしくは軽く見る方法を学ぶという話です。

私たちがお話ししようとしているのは、人生の中で「大きな問題」とみなさんが思っている事に対して、みなさんが強く意識を集中しがちである件についてです。多くの方は、問題は無視すればするほど大きくなるだけだと教え込まれてきました。だって、自分で解決しなければ誰がしてくれるのか?と思ってしまいます。という訳で、この件は一段と目覚めている方さえをも毒してしまう事があるので、取り上げる必要性を強く感じています。

みなさんの周りで起きる出来事や状況で“裏目”に出ている事、もしくは自爆したかのように思える出来事も、あなたを崩壊させる為ではなく、実際はあなたの利益の為に起きています。そういった状況の真っただ中にいて、閉じ込められた迷宮の出口をどうにか探そうとしている方にとっては、非常に信じがたい事かもしれない事は承知しています。しかし、問題というのはまさにそういう事で、あなたがそのゲームをプレイする意志がある限り、その迷宮はあなたを捕え続ける事ができるのです。つまり、問題に対してあなたが継続的に意識を注ぐ行為の事を言っています。

「解決しようとしないでどうやって問題は無くなるの?」とよく聞かれます。その答えは「あなたがそこに意識を集中させている限り、もちろん解決しません。」という事になります。理由はとてもシンプルです。あなたが意識を集中させたものは必ず拡大します。あなたと同調しない物事を、あなたは経験する事ができません。というのも、問題に心を奪われ、執着するとあなたは問題そのものと同じバイブレーションにしか同調できません。その反対に、楽しい気持ち、平穏を感じるような事に意識を向け直す事を選択すると、あなたは文字通りチャンネルを変えたかのように;楽しさや平穏、喜びといった新しいバイブレーションとしか同調しなくなります。

初めてこういった事を実践される方は、気を紛らわす方法を色々と考えてみてください、例えば、音楽は気を紛らすのには最適で、時に全く違う思考へと導いてくれたりもします。その他には、人それぞれですが運動をしたり、自然の中でのウォーキングが心をスッキリさせる効果があるようです。他にも、瞑想、読書、楽しい仲間と過ごす事など様々です。みなさんの方法がどれであれ、全く新しいバイブレーションへ自分を持っていく方法である事に違いはありません。

“火”を消すには、酸素の供給を止めて餓死/窒息させるしかないのです。それはみなさんの抱える全ての問題にも全く同じ事が言えます。みなさんが起きている問題とは正反対の事柄に意識を集中させる事で、その問題が存在できなくなるようにする事ができます。

みなさんの世界において最も美しい事実の一つは、何にでもあなたの意識を燃料として注いで拡大させる、もしくは反対に注がないで窒息させる事ができるという事です。過去・現在・未来であるかに関係なく、あらゆる状況にあなたが意識を注ぐと、それは素早くあなたの‘現在’となります。その集中度合いが強ければ強い程、現実にやって来る速度は早まります。ですからこそ私たちは言います、自分の周りで問題が起きているようであれば、それを早く払いのけてください;あなたがそこに意識を注がない限り、あなたの周辺には長くいられませんから。どうか、ご自分の考える事一つ一つに意識を向けて、その考え方を上昇させ、意識を上昇させ、人生を上昇させてください。

このメッセージが何かしらの形でお役に立てたとしたら幸いです。

愛と光を送ります。私たちはあなたのエンジェリックガイドです。

Copyright © 2012-2016 by Taryn Crimi. All Rights Reserved. Permission is given to copy, share and distribute this material, provided the content is copied in its entirety and unaltered, is distributed freely, and this copyright notice and links are included. www.Angelic-Guides.com

訳:JUN

LEAVE A REPLY