オリオンの高等評議会〜自分の振動的一致を見つける

2013年7月25日 ホーキンス・マーウッド経由

Channeled by Holly Hawkins Marwood
Transcribed by Paul Marwood

こんにちは、親愛なる皆さん、我々はオリオンの高等評議会です。

時間は前進しているとともに、あなた方のますます多くの人達が、あなた方の惑星を超えた多くのソースからの知識、智慧、及び情報について話し、接触し、そして体験しています。あなた方の多くがチャネリングされたメッセージに耳を傾け、幾つか完全にしっかり共鳴するメッセージもあれば、それほど強くは共鳴しないものもあります、そして我々は今日、これについて話すためにここにいます。

多くの情報は正確であり、また多くの情報は不正確です、そして、何が真実なのかを知るにはどうすればよいのでしょうか?あなた方にしていただきたいのは、先ず第一に、その情報を聴いて(読んで)いる時に:

あなたの身体はどのように感じていますか?

あなたのエネルギーはどう感じていますか?

それは、開放性、より大きなレベルの理解、より大きなレベルの平和を造っているように感じるでしょうか?これは、その情報が必ずしも全く能天気でお花畑であるというに限らず、起こり得ます。そしてそこには、自分にとっての「この情報のそつのなさ、妥当性」の感覚があります。あなたがそれを、彼方の領域からの我々の一部(この時にあなた方の惑星に情報を共有している者達)からの情報を聴いているときに体験しているのであれば、それはあなたに相応しいということが分ります。

あなたの親友なり、あなたの知る尊敬する誰かが、あるソースか別のソースのチャネリングを本当に聴くとしたら、どうでしょうか。彼らは本当にそれが好きなのです。それが彼らを向上させるのです。それは彼らに有意義なのです。その人をあなたがどれほど愛し尊敬するかで、あなたもまた聴くことを選びます。あなたには、同じ反応がないかも知れません。あなたには快適にも、向上するようにも、安心するようにも、自分の人生についてのより大きな理解に至るようにも感じないかも知れません。

だからと言って、あなた方のうち一人は正しくて一人は間違っている、とはなりません。情報が一人には共鳴しもう一人には共鳴しないのは、それが黒だから白だから(正しいからあるいは間違っているから)ではありません。それは、響きと振動的共振に因ります。その情報がそれがそうするままに来らせて、各々の個人がそうするままにそれと共振するのを許してください。それの多くは、振動的一致に関してのことです。判断(裁き)に関することではありません。それは、より良いとかより良くないとかに関してではありません。それは、振動的一致に関してです。

あなた方がチャネリング情報(今日日入手しやすい多くがあります)の世界を探査しつつあるに際して、我々は、その情報システムの中に自分の振動的一致を見つけるように、あなた方にお願いします。その中には自分にマッチ(一致)するものもあれば、マッチしないものもあることを理解してください。何故ならば、「チャネリング情報」だからと言って、それが万人にとっての振動的一致であることは意味しないからです。

くれぐれも、それが自分に相応しく感じないかどうか、言われていることが自分に響かないかどうかで、情報のラビット・ホール(ウサギ穴/悩ましい状況)に陥らないでください、また、チャネリング情報を「それに従わなくては」というだけで決めないでください、いけません!あなたはあなたの内なる羅針盤に従ってください、それは以前我々が話したことです、それがあなたを案内します。あなたのハートとあなたの「魂」が、何が自分と共振するかに案内します、そして、それこそが自分の決定点です。その他のものが、自分が共振しないからといって間違いか誤っていることになりますか?なりません。その情報は、それが共振する人達のためにあります。

とは言ったものの、あなたがさらにもっと高いレベル;自分の「魂」が自分に行くように望んでいるところに関して、より高い共振のレベルにチャネルを合わせもするよう、我々は求めます。それというのも、この瞬間に自分に相応しいところでマッチする振動的一致というのがあり、また、自分の「魂」が向かいつつあるところにマッチする振動的一致というのがあります。さらに、その、自分の未来に感じる断片もあります、「これがそのタイプの情報だろうか、これは私を向上させて、私の未来であるかも知れないところ(自分の未来における共振を感じるところ)を見せてくれているのだろうか?」と。そうであればそれが、あなたが提携したいソースです。

実は打ち明けると、怖れや平凡さや心配や懸念(自由を抑制する傾向の感情)の中に人類を保つことに取り組んでいる、情報のソースがあります。彼らはある意味、あなたの意識の周りに、自分自身の内なる案内への信頼の周りにバーを置いて閉じ込め、未来について恐れを染み込ませます。

あなたが怖れの場所に生きていて、締め付けられるのを感じている場合、裁くことなく次のことを理解してください、現在起こっているアセンションのプロセスを失速させるか歯止めをかけるべく、現状を維持することに取り組んでいるチャネリング・ソースが幾つかあります。それで、それについて自分がどう感じるか、それが恐れや締め付け(因みにそれは非常に習慣性の感情です)を造っているかどうかを見るために、あなたが自分の内なる羅針盤を使いますよう、どうかお願いします、それは自分の最高の利益で自分のためかどうかを査定するよう、我々はあなたにお願いします。

我々は、自分がいる必要があるとあなたが感じるところについて判断(裁き)はしませんが、我々があなたにお願いするのは、それがどのように感じるかについて、あなたの内なる羅針盤とともにチェックインすることです。それらは、あなたを未来、つまりアセンションのもう一つの側面(人類が「一体性」とお互いの信頼、及び生命のより大きな絵における信頼のありさまに生きているところ)に動かしていると感じる、恐れや締め付けなしの、オープンなエネルギーの一つである感情でしょうか?

ある一つの側面として、これについて我々が話したのはこれが始めてですが、それはしばしばやって来ており、対応することが今重要です。何ぶんそれはあなた方の惑星上ではあなた方の意識のより新しい部分である故、チャネリングされた言葉、チャネリングされた情報を神格化することなきよう、我々はあなた方にお願いします。他のあらゆる情報ソースと同程度にそれを見て、それとのインタラクション(対話/ふれ合い)について賢明であってください。あまりに悪いニュースばかりの場合にあなたがテレビを消すかどうかを選ぶのと、全く一緒です。自分の「魂」の進展に相応しい方向に自分を動かしていると感じるチャネリング・ソースにチャンネルを合わせるよう、我々はあなた方にお願いします。

我々は、次の考えをもって今はあなた方のもとを離れます、親愛なる者達よ、あなたの「魂」を燃料とするその内なる案内、その内なる羅針盤を知って信頼することが、常にあなたを相応しい方角に案内します。

幸せであれ。

我々はオリオンの高等評議会です。

© 2013 Copyright Holly Hawkins Family Trust

This channeled message may be reproduced in it’s entirety provided it is kept in it’s original form and not altered or changed in any way, with the Author and a link to www.AkashaHealingStudio.com clearly displayed as shown below.

Author: Holly Hawkins Marwood           www.AkashaHealingStudio.com

 

http://www.akashahealingstudio.com/high-council-of-orion-channeled-message-25th-july-2013/

翻訳 ソウルカメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here