オリオンの高等評議会〜それを自分自身のためにやってください 

2013年8月11日 ホーキンス・マーウッド経由

Channeled by Holly Hawkins Marwood

Transcribed by Paul Marwood

こんにちは、親愛なる皆さん、我々はオリオンの高等評議会です。

今夜我々は、単純なフレーズで始めます。

「それを自分自身のためにやってください!」

あなたには、する必要がある物事か、やらなくてはならない物事、さらには、自分がやらなくてはと思う物事さえもあるのが分る時がありますが、そんな時には、気が進まな

いような、抵抗を感じるような、ある厭わしい感覚がつきものです。言い訳を見つけるのは簡単です、あなたの時間を占める物事はあなたのエネルギーを占めてしまいます、突然書かれる必要のあるE-メールは早々とやっつけてしまわなければなりません、あなたを邪魔し得る物事というのは、何であれ、あなたがそれに抵抗がある場合に、あなたを邪魔するものです。

それでも、あなた方の多くは分っているように、していることといえば、避けられない物事の先送り、ですよね?

そうした、自分がやりたくなかった物事を、抵抗とか恐れとか狼狽に関して考えたり、他の誰かによって騙される感覚を持つ代わりに、それをやってしまうとしたら、どうでしょうか、あなたの感覚を、「それを自分自身のためにやる!」に転換出来るとしたら、どうでしょうか?それが自分のエネルギーを如何に転換するかを、感じて頂けないでしょうか?

洗濯のような平凡な仕事一つとっても、その洗濯をすることの中で、そのプロセスをやり通したいと思うことへの抵抗をあなたは感じかねないと、我々は言うことが出来ます。

・服を洗濯機まで持って行く

・服を洗う

・服を乾かす(外に吊るして干す、あるいは乾燥機に入れる)

・服をたたんで、それらをしまう

そして人は、たとえそれが翌日着る必要があるものだとしても、その手近な仕事に対して、非常に厭わしい感覚を持ち得ます。

しかし、洗濯というこのありふれた仕事を引き受けること、そしてそれに対する潜在的な抵抗の中で、自分の展望を、以下のケースにちょっと転換するというのは、どうでしょうか:

「これを、単に自分自身のためにやっている、としたらどうだろう」

「私はこれを自分自身のためにやっている、だってピカピカの洗い立てが必要だし、明日履く靴下が必要だし、明日の仕事に着るにふさわしいユニフォームが必要だからね」と。

それをするのを選択するのは自分自身のためである、というわけです。洗濯という非常に平凡で簡単な例を我々は取り上げましたが、あなたはそれを拡大して、人生で若干の抵抗を感じる他の領域、あるいは恐れを感じる領域にさえ、応用することが可能です。恐れというのは抵抗の一つの形です、また、全ての抵抗は恐れの一つの形である、とすら言っても過言ではありません。

特定の事例においてはそれを見分けるのはより困難ですが、しかしそれは、恐れなのです、抵抗なのです、故意にぐずぐずしているのです、あなたがそれを延期するために選ぶ理由がたとえ何であろうと、その仕事は去ってはくれません、それらを、自分自身のためにすることを選んだ、としたら、どうでしょうか?

ボス、夫、妻、子供達、お父さん、お母さん、コミュニティー、コミュニティーという認識、宗教組織という認識、などのためではなく、それが何であれ、自分自身のためにそれをする、ということです。自分がするあらゆることを、外部の理由、外付けの確認のためにする代わりに、「私はこれを、自分自身のためにする」と言ったとしたら、どうでしょうか。

自分の反応を観察してください、何かを達成することが出来るにともなうその安楽を観察してください、如何に自分のエネルギーが開放されて、如何に自分の抵抗から解放されるかを、観察してください。すると、あなたがそれと知る前に、もうその仕事は為され、その用事は完遂されます、そして他のなにより重要なことには、抵抗のエネルギーが開放されたために、以前そこにあったものを超えてはびこる、エネルギーの一つの流れがあります。

「それをただ自分自身のためにしてください」という視点から、我々はなにも、あなたが自己中心的で、利己的で、貪るようである人生を生きるように唱えているわけではありません、我々は、一つのエネルギー的な視点からあなたにお話ししているのです。恐れのエネルギー、及び抵抗のエネルギーというのは、気兼ね(遠慮、制約)のエネルギーであり、口ごもらされる(束縛される)ことの、ピン留めされることのエネルギーであり、人が、抵抗と恐れの見えないバリアーによってさえ、口ごもらせられてピン留めされる場合、その人は動きを造ることが出来ません、そして我々が常に話している、自分の「魂」の場所というのは、常に、より大きな動きと拡大のエネルギーのことです。

あなたが、「それを自分自身のためにやる」ように自分自身に求めることの、この場所に移るので、それがたとえどんな抵抗の場所にあるどんなことであっても、あなたを拡大の動き、新しい視点の動き、アラインメント(提携、整列、配置)の明晰性の動きの、その場所に開きます、そしてあなたがそれをするとともに、そのエネルギーの流れの、その結果を体験し始めます。結果は、そうした仕事をしてより気分よく感じる、その電話をかけて、そのコミュニケーションを持って、より気分良く感じる、それが抜かりなく満遍ないので、より成し遂げたように感じる、などです。あなたには、自分の心の背後でしつこく苦しめているものがありません。そして、一つの人間的展望からは、それは自分の人生をより楽にしますが、我々の展望からは、あなたの人間人生がより楽になるに際して実際に起こっていることは、あなたの人生において、エネルギーがより楽に流れているということです。

締め付け、制限、意見や恐れを解消して、あなたは自分の人生を開きます、あなたは自分の光を開きます、あなたはこのより大きな流れを許します、そしてあなたがそのより大きな流れを開いて、さらにもっと多くが流れ込みます。これらのメッセージの一部は少しありきたりのようであるかも知れないとはいえ、我々はあなた方の一人一人皆とエネルギーのレベルでワークしているのだということを、常に思い出してください、また我々はあなたに、自分の人生を変えなければならないという、そのレベルの自己エンパワーメント(権限付与)を見るように望みます。

あなたには自分の人生を変える究極的なパワーがある、ということです、そして、自分の人生が違った風であるためには、他の誰かか、他の何かが違った風である必要がある、というそのパラダイムを、あなたは壊すことが出来る、ということです、あなたは自分自身で自分に権限を与えます、あなたは、先ず自分のエネルギーを転換することによって、自分自身で自分に権限を与えます。

あなたは、自分のエネルギーを転換する場所としての毎日の仕事と毎日の体験、で始めることが出来ます、そして、自分のエネルギーが転換しているというそのことで、自分がより権限を与えられた人生を送るというそのことで、あなたは自分自身とともにより大きな信頼に生きており、より大きな明晰性と安楽で自分の人生を動き通すことが出来るように、毎日の人生で自分の「魂」が輝き通すことを、許し始めています、そしてそれの結果というのは、より大きなレベルの歓喜弥栄と自分自身に対する満足であり、次にあなたは、それを外に、あなたが出会う全ての人々まで拡げることが出来ます。

全てこういうことは、非常にシンプルな考えである「ただそれを自分自身のためにしてください」、から流れ出ます、そして我々がいつも提案するように、これで遊んでください。あなたが厭う物事、あなたがしたくない物事、あなたが延期したい物事、あなたが抵抗する物事に、果たして何が起きるかという、この考えで遊んでください。あなたがそれを一つの自分自身のための究極的な行為として行い、自分のエネルギーが、そのエネルギーが動くとともにより多くエネルギーを受け取って、あらゆることが楽になるように動くのを許すとしたら、どうでしょうか?あなたは、大宇宙の中で無限のソースによって動かされる、一体のエネルギー無限供給体です。

幸せであれ。

我々はオリオンの高等評議会です。

© 2013 Copyright Soul Genesis

This channeled message may be reproduced in it’s entirety provided it is kept in it’s original form and not altered or changed in any way, with the Author and a link to www.AkashaHealingStudio.com clearly displayed as shown below.

Author: Holly Hawkins Marwood           www.AkashaHealingStudio.com

http://www.akashahealingstudio.com/high-council-of-orion-channeled-message-11th-aug-2013/

翻訳 ソウルカメラ

  

 

 

 

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here