Orion

オリオンの高等評議会〜個人的な一貫性

2013年12月20日 ホーキンス・マーウッド経由

Channeled by Holly Hawkins Marwood
Transcribed by Paul Marwood

こんにちは、親愛なる皆さん、我々はオリオンの高等評議会です。

今年中の我々のメッセージの多くは、非常に個人的に指向されたものでした。それらのメッセージは、あなたが自分は誰であるかという「真実」との提携に至るべく、そしてそのように生きるのはどういうものかを体験し始めるべく、そしてあなたがもっともっと、あなたの「魂」の場所から(自分自身の直感力と案内を信頼していて、自分の道に相応しいものに対する自分自身の抜け目なさを信頼している、その場所から)自分の人生を生き始めるべく、あなたが自分自身との新しい関係性を見つけるのを助けるためにここにありました。

大きな移行のこの時の間、自分である者に対する最大の明晰性とアラインメント(提携/心合わせ)で自分の道をエスコートするべく、自分は誰であるかがハッキリしていることが、一人一人の「ソウル(魂)」に大切です。我々は、「Self/真我」に対する、「Soul/魂」に対する、ミッション(任務)に対する、「魂」に導かれる個人的な「真実」に対する、このレベルの明晰性について話します。そしてそれは、あなたの「パーソナル・コヒーレンス/個人的な一貫性」と呼ばれます。あなたが自分の行動に一貫性を持って生きている時、あなたの思考、あなたの感覚はことごとく、この、自分の「魂」との提携の場所から案内されています。それこそはあなたの「真実」です。そしてあなたの「真実」は常に優しくて、慈悲深くて、信頼しています。人が自分自身との、そして自分自身のレベルの「真実」とのコヒーレンス(一貫性/統合性)に生きている時、恐怖、心配、不信や怒りの感情が落ち去り始めることに気付きます。そしてさらに、犠牲/被害者感覚のエネルギーが消えて、セルフ・エンパワーメント(自己権利拡大)に席を譲るのが分ります。

今この時に必須で繋がっているべきなのが、こうした性質であり、こうした人間体験です。この時この瞬間にあなたに出来る最も重要なことは、自分の「魂」と共にある個人的なレベルのコヒーレンス(一貫性)です。あなたが自分の「魂」レベルの「真実」を生き始めるのはその場所からであり、そうすることであなたは、自分の「光」をハッキリと世界に輝かせます。あなたはそれを、自分の行動と交流の全てで、世界にハッキリと輝かせます。その時あなたは、あなたの周りの人達が彼らに適した方法で彼らの「光」に繋がるのを、可能にします。一人一人のソウルが、自分自身のレベルの個人的な一貫性と真実を見出します。

恐怖や心配から解放され、外側のソース(源)のせいにする被害者意識の感覚から解放されている、その場所からあなた方が生きている時、あなた方は、自分達一人一人皆が「世界の光」であるという「真実」に生き始めます。「世界の光」として、あなた方一人一人に、この時に世界にもたらす自分自身の贈り物(才能)があります:それは自分自身を向上させます、人類を向上させます、そして最も重要なことには、この時に世界の中にあるエネルギーを向上させます。というのは、世界(あなた方が自分自身を見出す惑星)は、もっともっと、表現される「光」を必要としています。「光」が議論されるのではなく、夢見られるのではなく、本当に表現されるのを必要としています。あなた方の一人一人皆に、自分の「パーソナル・コヒーレンス/個人的な一貫性」に繋がって「世界の光」になる、その無限の可能性があります。

幸せであれ。

我々はオリオンの高等評議会です。

© 2013 Copyright Soul Genesis

This channeled message may be reproduced in it’s entirety provided it is kept in it’s original form and not altered or changed in any way, with the Author and a link to www.AkashaHealingStudio.com clearly displayed as shown below.

Author: Holly Hawkins Marwood           www.AkashaHealingStudio.com

http://www.akashahealingstudio.com/high-council-of-orion-channeled-message-20th-dec-2013/

翻訳 ソウルカメラ

 

 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here