オリオンの高等評議会〜恐怖に起因するエネルギー的な締め付け

2013年9月28日 ホーキンス・マーウッド経由

Channeled by Holly Hawkins Marwood

Transcribed by Paul Marwood

こんにちは、親愛なる皆さん、我々はオリオンの高等評議会です。

今日のメッセージは、自分の恐怖や心配や懸念の結果の、エネルギー的な締め付けについてです。

あなた方の多くがこれを知っており意識的にこれに気付いているとしても、我々は、自分の感情のエネルギーというこの考えを、補強したいと思います。そしてそれは、そのエネルギーが、自分が望むものを成し遂げるのを可能にする方向で、何をし得るか、もしくはそのエネルギーが、自分の人生で起こったり現れたりして欲しいと願う物事から実際に自分をブロックする方向で、何をし得るか、という考えです。

それで、心配とか恐怖とか懸念とかストレス、あるいはさらに、ある特定の結果への強い嗜好、というこの場所にあなた方はいるので、ちょっとしばらくの間、締め付けについて話しましょう。また、あなた方がしていることというのは、それがより硬いレベルの密度になるまでに自分のエネルギー・フィールドを締め付けているということを、我々は強調します。そしてそれはその分、自分のエネルギー・フィールドが流れるのを許しません。

あなたがこれをエネルギー的に見れば、それはあたかもまるで、流れる代わりに硬くなり始めるかのようです。あなた方のとても多くが、自分の道を自分の未来に視覚化し、投影し、想像するという、この考えで励んでいます。そしてそれは美しくて素晴らしいのですが、それは、自分がそのビジョンの実現を如何に締め付けているかと紙一重です。本当に重要なのは、エネルギーが、その流れが維持されるような(あなたがそのエネルギー学でワークするのを学ぶように)、そのような方向で流れるのを許すことです。

もしあなたが成功というものを、一つの特定の方法で(「それでこそ私は成功したと言える」という一つの特定の枠で)現れるものとして見るとします。また、人々が「リストを作って、自分の道を自分の未来に視覚化して想像して感じなさい」と言うからといって、それがどのように見えるかのリストをあなたが持つとします。それは善しですが、もしあなたがそれをあまりにも締め付ける場合、それはエネルギーの流れを可能にしていません、それはある意味、エネルギーを金属の箱の中に入れるようなものであり、その金属の箱は、その流れを起こすことが出来ません。

あなたが自分の道を自分の未来に視覚化して想像して感じる際に、さらにあなたは、何であれあなたが現れ(顕在化)でワークしているその素晴らしい関係性で、思いもよらない可能性、自分が予期しない形で現れる可能性、成功していたり平和であったり幸せであったりする可能性さえをも、許したとしたら、どうでしょうか。たとえそれが、正確に自分が思い描くようにではないとしてもです。

そう、あなたが自分が欲しいものについて明確である一方、そこにはさらに、思いもかけないことを許す、エネルギーが予期せざる方向で流れるのを許す、この、エネルギーに対する開放性があります。そしてあなたがそうする際、自分のエネルギー・フィールドの差をしっかり感じてください。自分が願い望んでいるものに対する明晰性がありながら、さらに自分のフィールドに入り込んで来ている何か予期せぬものに対する、「それは期待に適うかあるいはもっと良いか」という、予期とか興奮とか浮き立つ気持ちの明晰性もある一つの状態に生きるのは、どんな感じがするのか、その差を感じてください。

我々は一つのエネルギー的観点からこれを言っています。あなた方のエネルギーが、より大きな締め付けられてしまう可能性を持つこの時へ、私達は移りつつあります。そしてあなた方がそうしてしまうとともに、あなた方は、自分が幸せであるかまたは平和に感じるために、自分の人生がそう見える必要があるというようなあなた方の考えに、絶えず自分の気付きをもたらしたがります。しかし、あなたが幸せで平和で満たされていると感じ得る、そして自分の周りの全てのエネルギーの自由な流れを許しているその率直さ(その開かれたエネルギー学)を保っていると感じ得る、新しい方法がまさにその曲がり角にあるとしたら、どうでしょうか。それは、あなたの周りにあるものに対して、そのエネルギーにより集中し、より敏感で、より信頼してさえいる状態を、あなたに可能にします。

自分のエネルギーを観察している、そして自分の動機付け(モチベーション)についての明晰性、自分の展望(ビジョン)に関する明晰性、自分の願望についての明晰性を観察しているという、この考えで遊ぶように、我々はあなた方に奨励します。が、同時に、あまりにもキツくそれにしがみつかないように、その展望を、ひな鳥を持つように、それを絞め殺さないように(チョークホールドしないように)、自分の手の中の揺りかごであやしておいてください。何故ならばチョークホールド(抑制するように抱え込むこと)は窒息させ、チョークホールドは動きを許さないからですが、しかしあなたの手の中であやされている小さなひな鳥は、動くことが出来て、育ち、生き延びることが出来て、そうすることが出来るようになれば飛ぶことさえ出来ます。

それが、エネルギーに対するこの開放性を造ります、そしてあなたは、自分のエネルギーを、自分の生命で優しく、が、意識的にあやすことが出来ます、そのやり方というのは、変化における一つの微妙な転換ではあるも、しかしエネルギー的な観点からは、それは自分の生命のエネルギーに対する反応における、より大きな安楽を可能にします。

幸せであれ。

我々はオリオンの高等評議会です。

© 2013 Copyright Soul Genesis

This channeled message may be reproduced in it’s entirety provided it is kept in it’s original form and not altered or changed in any way, with the Author and a link to www.AkashaHealingStudio.com clearly displayed as shown below.

Author: Holly Hawkins Marwood           www.AkashaHealingStudio.com

http://www.akashahealingstudio.com/high-council-of-orion-channeled-message-28th-sep-2013/

翻訳 ソウルカメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here