Screen Shot 2014-05-26 at 3.51.52 PM

カバールメンバーとしてウオークインになるボラン ティアの歴史 2014年5月25日

http://s3alpha.net/forum/many-of-the-cabal-are-having-walk-ins-direct-intel-may-25-2014

History of volunteers as walk-ins

Posted by ARCTURIAN on May 25, 2014 at 9:27pm

ボランティアの歴史

多くの 種々のレベルのボランティアがこの惑星と全ての住民の次元上昇を確かにするために人間とのコンタクトを許されました。まず第一に、ET、次元上昇したマスター、天使、そして神さえのようなソースからのメッセージ を伝達する光と繋がった多く人間であるチャネラーがあります。彼等のミッションは初めは、次元上昇の準備のためにあなた方に必要な多 くの情報を伝達することでした。

次元上昇 の時が近づくに従い、そして、人々の目覚めが十分には早くないので、別のレベルのボランティアが送られてきました。彼らは三次元です でに進化していたスターシードですが、人間に対する愛によって、三次元の人間の体に中に戻り、物理的に人々の目覚めのために必要なエ ネルギーを中から外へという形で放射するために生まれました。

天使の領 域にいる私たちの銀河の兄弟、姉妹たちは直接には介入できないので、内側からの目覚めのために絶対に必要な力強い解決策が必要でし た。そこで、これらのスターシードたちがこの惑星上での経験の大多数には普通には適合せずに地球に降り立ちました。

彼等は自 分たちが普通とは異なることを分かっていますが、人間を遷移に対して備えさせる多くの役割を果たすために幾度となく目覚めの状態で転 生してきたことがあります。ある時間の後には、さらに多くのボランティアがこの惑星に来る必要が出て来る事は明らかです。

私たちに は時間が無くなってきているので、これは重要な問題になり始めており、緊急の行動が必要です。ここから離れようとしているソウルに代 わってより多くのボランティアを使命を果たさせるためにこの惑星に送り込みますが、かくしてウオークインのボランティアの波がやって 来つつあります。

翻訳  Taki

 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here