ガイアからのメッセージ・・・私、あなた方の惑星との協力を  2013年1月15日
http://radiantlyhappy.blogspot.jp/
GAIA: COOPERATE WITH ME AND YOUR PLANET!
By Ute Posegga-Rudel

親愛なる皆さん、私はガイアです。
これは、私の子供たちのためのメッセージです。私は多くの点であなた方の母親です。私なしでは、あなた方の人間の肉体による経験は不可能なことは確かなことです。私はあなた方のハート、あなた方のハートトーラスだけではなく、周囲の電磁場とも一体です。

あなた方のハートの中心で経験する静寂は、私、ガイア、地球のソウルと私のハートとの惑星的でスピリチュアルな直接のつながりがあります。

今お話していることは、私が愛していて、大いに気にかけているあなた方の幸福のためです。

これを話させて下さい!今は強くなるべき時です。多くの光が注がれていますが、それは又、いまだに密度が高く、光に抵抗しているエーテル層を滞らせています。あなた方が経験している不平衡の全てがあなた方自身に起因しているのではないのですから、あなた方がこれを理解することが大切です。

今、及びこれから先の時に備えてください!私の惑星としての体の電磁場の乱れがしばしば生じるでしょう。この理由は一つだけではありませんので、特別な注意が必要です。

あなた方の感情的、心理的、肉体的なバランスを保ってください。あらゆる暮らしの分野で、あらゆる種類のストレスや誇張を避けてください。深く呼吸をしてください。あらゆることを単純にし、全ての行いを穏やかなものにし、エネルギーとバランスを保ってください。
必要なこと、全体に貢献すること、自分を支持することのみに集中してください。
私の電磁場も変化するので、これが必要なことです。まだ比較的ゆっくりしたペースですが、あなた方のエネルギー場にかなりの衝撃があるでしょう。

大切なことは、ハートで感じることによって、時々加速されるかもしれないあなた方のメッセージ、想念を制御することです。静寂な場所でハートの中に安らぎを求めてください。それによって、あなた方は想念場を制御するだけではなく、オーラ場のバランスも取れます。これは又、何も知らず、何が起きているのか分からないあなた方の兄弟、姉妹たちにも沈静効果をもたらします。

このような時には、ますます不安定になってくる環境中のエネルギー的な安定のための導管を作ることが必要です。

私の惑星としての体の結晶核の奥深くまであなた方のグラウンディングをすることによってハートに静けさをもたらしてください。これを毎朝、起きた直後に行い、自分で必要性を感じたら、日中、夜にも繰り返してください。あなた方をはぐくみ、バランスを取っている私の体の中心と強いエネルギー的なつながりを作ってください。

中心をとって、静けさを保つことがあなた方人間にとって今最も大切な条件になりつつあります。なぜなら、これはあなた方自身と、あなた方の周囲のエネルギー場を安定化させることになるからです。

このメッセージを読み、呼びかけを感じているあなた方一人一人にお願いですが、どうか自分自身だけのためではなく、大きい観点を持っていない人間ファミリーに対しても、この点に責任を持ってください。これがあなた方がここにいる理由であり、あなた方が同意している理由なのです。

今その時が来ていて、忙しさに紛れたマインドを変え、自分のハートの中心から、自分自身のスピリチュアルな進化のためだけではなく、この惑星への奉仕のために生きてください。

ハートの静寂はバランスと平衡の場をつくりだしますので、必要なシフトと、避けがたい混乱の最中にも受け入れ可能な方法で全ての人にとっての生命の維持を保証します。
地球の電磁場やあなた方自身の体のそのほかの不平衡に対する衝撃が走る可能性がありますが心配しないようにしてください。それを想念場でとらえずに、ハートの静寂さの中に留まるようにしてください。これによって全てのことに平衡がもたらされるでしょう。

どのようにして静寂の場を見出すのでしょうか?感謝、愛、共感を実践してください。暮らしの中に喜びを創造してください。全ての者の中に美を見つけ出してください。これらは皆、ハートの中の静寂の場を広げる態度です。感謝、愛、及び共感と喜びの核の中にある静寂を見つけ出してください。

これら全てのものの質は天から与えられたものであり、あなた方が示すべき道なのです。

人間は、今とその惑星との協力を学ばなければならない時です。あなた方が例を示せば、他の者もあなた方に従うでしょう。

ありがとう、愛する者たちよ!
私はガイア、あなた方の地球である母。

翻訳 Taki 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here