Screen Shot 2015-02-09 at 10.16.23

グルタミン酸ソーダ(MSG)とアルツハイマーの関係及びその予防 2015年2月8日

http://www.jbbardot.com/frightening-link-connecting-msg-alzheimers-prevention-treatment-and-what-you-need-to-know-to-protect-yourself-and-your-loved-ones/

Frightening link connecting MSG and Alzheimer’s – Prevention, treatment and what you need to know to protect yourself and your loved ones

Posted by JB Bardot

8 February 2015

グルタミ ン酸ソーダ(MSG)は保存料、香味料、として使われている食品添加剤で、ほとんど全ての食品に種々の量が各種の名称で添加されてい る。この有害な添加物はかなり多くの副作用を示し、アルツハイマー病を促進させる毒として指定されている。

天然のグ ルタミン酸塩はタンパク質を含有する全ての食品中に見いだされるアミノ酸で、人間の体内でも生成され、健康的なメタボリズムと頭脳の 機能にとって大切な物質である。しかし、過剰なグルタミン酸塩がMSGの形で食品に添加されると、神経毒性の副作用が現れる結果になる。食品が加工される時に、少量のMSGの形が加熱によって活性化され、神経系に長期的な損傷を与え、個人にネガティ ブな反応を起こさせる。

2000 年の5月に、ジョーンズ・ホプキンスはMSGが感受性過剰、免疫系の反応過剰を引き起こす神経刺激剤になると宣言した。追 加的にパトリック・マクグリアとエディス・マクグリアは雑誌 Scientific Americanの2000年6月号にアルツハイマー病は自動免疫反応のような反応を示し、体の自然防衛システムが自己自 身に向けられる可能性があると報告した。ベータアミロイド蛋白が脳に沈着し、MSGの毒性を増すように見え、アルツハイマー患者の退化を加速させるとは、 the Journal of Neuroscience誌による報告で、1992年以来研究者たちに知られている。

MSGが神経系を過剰に刺激するので、アルツハイマーとアレルギー患者はたばこの 煙、花粉、空気中の化学物質、アレルギーを引き起こす食品など各種の外部からの刺激に過剰に反応する。マクグリア夫妻は、抗炎症剤の 使用がアルツハイマー患者治療の秘密で、グルタミン酸塩の効果を低減するとしている。

グルタミ ン酸塩の効能を阻害するディメボンとして知られる薬剤が抗ヒスタミン剤として用いられているが、神経系を鎮静させる神経系保護剤とし てある程度効果がある。しかし、まず第一に神経毒を含む食品を患者から遠ざけることが第一である。末期のアルツハーマー患者を抱える 家庭の多くでは、ナトリウム含有量が低く、香料としてのMSGを多量に含む食品を用いている。

MSGの過剰摂取対策

アルツハ イマー患者の保護について実行が容易な方法はグルタミン酸塩の過剰摂取を避けることである。

商品の品 質表示を見てMSGとそれを含有する物質を含む食品を避けることが大切である。この手順のみでも 全ての人の神経細胞劣化防止に役に立つ。

追加的に、レシピにMSGを用いている中華料理などのアジア系レストランのような場所を避けることである。醤油にはMSG無添加と記載されていない限り、必ずMSGが添加されている。

レストラ ンで食事をするときには必ずMSGを使っていないことを確認すること。

神経系の 鎮静

ある種の 補助食品、ビタミン、ハーブ、ホメオパシー療法はグルタミン酸塩反応による興奮を抑え、神経系を鎮静させ、ストレスを軽減する。

患者の症 状次第で、ウコン、ビタミンB、イノシトール、アルファリポ酸、非GMOのレシチン、唐辛子、カモミール、マチン、銀杏、などが選択される。

アレル ギー反応の低減

グルタミ ン酸塩はアレルギー反応を促進させるのでアレルギー反応を抑制するグルタミン酸塩阻害抗ヒスタミン処置剤がアルツハイマー患者に有効 である。カモミール、ジンジャー、緑茶、ラベンダー、ユーラシアハーブ、ペパーミントのようなハーブがホメオパシー処置用の選択であ る。

MSGと食品に見せかけているグルタミン酸塩様の化学物質を食品製造に用いているも ののリストを参照されたい。

http://www.jneurosci.org/content/12/2/376.abstract

http://www.msgtruth.org/alzheim.htm

http://www.hopkinsmedicine.org/press/2000/MAY/000518.HTM

http://www.sciamdigital.com

http://www.truthinlabeling.org/UnderstandingNeurodegen.html

翻訳 Taki

LEAVE A REPLY