http://2012portal.blogspot.jp/
Monday, October 8, 2012
MAKE THIS VIRAL!
DAY OF DECISION

決断の日 : 2012年10月21日
今は行動のときだ。今は我々自身の手で世界の運命を決める時だ!それゆえに、機会の第二の窓の始まりにおけるこの決断の日に、大きかれ、小さかれ、一人であろうとカップルであろうと、グループで集まろう。

地球の自由市民として歴史上初めて、我々自身の運命を作り出す機会を持つように、大勢で集まって、我々の惑星をあらゆる闇の勢力の暴虐から解放する決断をしよう。

この日における我々大勢の努力は、プランが実を結ぶ助けをするきっかけになるだろう。この日の私たちの行動は、自由と独立の宣言になる。この運動を広めよう!世界中にこの情報を流してほしい!ウエブサイトとブログで広めてほしい。代替メディアを知っていたら、この情報を送ってほしい。フェースブックグループを作ってローカルな人たちのグループに知らせてほしい。これについてのビデオを作りユーチューブに投稿してほしい。

この運動の効果を生むために必要な最低限の基準数は世界で118000人である。集中力が不足しているのなら、144000人と考えられる。

これを読むことと決断をすることとは全く違うことである。世界のある地域では早朝ではあるけれども、出来るだけ多くの人に実際に参加してほしいと思う。

カバールは自由意志と決断の力を理解している。彼らは自分たちの自由意志を用いて人間のためのネガティブな決断をした。これが、これだけ長い間我々を支配下に従えることができた理由なのだ。
 
我々は世界中全く同じ時間に、地域毎には違う時間、10月21日、22日に活動を行う。日本時間では、10月22日午前10時半になる。

3:30 pm HAST October 21st (Hawaii)
5:30 pm AKDT October 21st (Alaska)
6:30 pm PDT October 21st (Los Angeles)
7:30 pm MDT October 21st (Denver)
8:30 pm CDT October 21st (Houston)
9:30 pm EDT October 21st (New York)
10:30 pm BRT October 21st  (Rio de Janeiro)
2:30 am BST  October 22nd (London)
3:30 am CEST October 22nd (Paris)
3:30 am SAST October 22nd (South Africa)
4:30 am EEST October  22nd (Bulgaria)
5:30 am MSK October 22nd (Moscow)
7:00 am IST October  22nd (India)
9:30 am CST October  22nd (Beijing)
10:30 am JST October  22nd (Tokyo)
11:30 am AEST October  22nd (Sydney)
上のリストにあなたの地域が載っていなければ、
http://www.timeanddate.com/time/map/
を参照のこと。

この時間で行うことは、次の通り、
1. 数分間呼吸を整え、心と体をリラックスさせる。
2. 電気の青い光が銀河のセントラルサンから立ち上り、自分の体を貫通して、地球の中心まで透過する様子をイメージする。それから、我々の惑星を解放し、人々を自由にする決断をする。
3.  あなたが解放のプロセスにどのようにして貢献出来るかをイメージする。自分の才能を発見し、自分がこの才能をどのようにして我々の最終的な人々と地球を自由にするというゴールに向けて使うかの決断をする。

決断の日の後には、あなた方は自分の決断を日常生活において実行に移す多くの機会が生まれるだろう。あなた方は自分の内なる声によってどのように実行するかの導きを受けるだろう。あなた方の決断は実生活で試されるだろう。ある外部条件、又は非物理的なネガティブな存在があなた方の決意を変えようとするかもしれない。ここにおける鍵は、単に、外部条件の如何に関わらず自分の決断を変えないことである。解放に向けてポジティブな決断をした各個人は、光の勝利に向けて価値のある貢献をすることになる。
 
注意 : この日、10月21日は、イベントが起きる日ではない。
第二の窓についての情報は、
http://2012portal.blogspot.com/2012/08/window-of-opportunity-2-secondwindow-of.html
決断の日についての最新情報は、
http://2012portal.blogspot.com/

戻る2012年のシナリオ

翻訳 Taki

 

LEAVE A REPLY