コブラ・・・2013年10月12日 2013年の機会の窓 
http://2012portal.blogspot.jp/2013/10/window-of-opportunity-2013.html
Saturday, October 12, 2013
Cobra : Window of Opportunity 2013

新しい機会の窓がこの惑星の表面上に開かれるだろう。この機会の窓はイベントが起きるのではなく、起きる可能性が高まることを意味する。この機会の窓の範囲内では、太陽の磁場反転が起きるであろう。チジェフスキー教授による科学的研究では、ソーラーサイクルが最高潮になる前、又は後、2.5年以内に重要な社会的変化が起きる確率が80%であることが決定された。

この機会の窓は、10月18日の半月食とともに開く。この月食は、幾重にも重なった歪エーテル空間からの非物理的なネガティブな者たちの排除の加速のきっかけになり、この排除プロセスはかなり強力である。

11月1日には、もう一つの冥王星-天王星の直角配置が起き、強力な動的緊張が解かれる。これが米国政府の閉鎖が解決する可能性が最も高い時であり、好ましい結果が予期される。

11月3日には、コンゴ上空で完全複合日食が見られる。この日食は1996年のコンゴへのアルコンの侵略時に作り出された異常の解消の始まりになるだろう。

この機会の窓の転換点はアイオンのポータルの、2013年11月23日における活性化を起こすだろう。このポータルⅠの重要性については、別のブログでお知らせする。

その後、11月28日には、彗星アイソンが 太陽に最も近づく近日点に達するだろう。この彗星は空にすばらしい光景を描き出す可能性が高い。アイソンは宇宙船ではない。そのエネルギーは、監獄惑星地球を越えて大衆の意識を拡張させるきっかけとして役に立つ。

機会の窓は2013年12月25日に閉じるだろう。
  

翻訳 Taki 

LEAVE A REPLY