コブラ・・・2013年5月22日 イベントの水平線
http://2012portal.blogspot.jp/
Wednesday, May 22, 2013
Event Horizon

全ての機会の窓、すべてのポータルはイベントの水平線の近くまで私たちを引き寄せる量子的飛躍である。各ポータルが開くと、より多くのエネルギーが生成され、エネルギーがある点に達すると、それが突破のきっかけになる。

これが圧縮突破の瞬間であり、デービッド・ウイルコックが夢で見た、多くの稲妻を伴う嵐なのだ。これらの稲妻の一つ一つは、光の超次元的な戸口であり、圧縮突破に際してこの惑星の表面と内部とを光で接続する圧縮ワームホールを象徴している。

イベントは時空全体で、時間を前後してさえ、強力な光の脈動を送る。これがある人たちが既にイベントの夢、印象、ビジョンを受け取った理由なのだ。

5月25日にポータルが開いても、ドレーク、ベンジャミン・フルフォードなどから聞いた噂にもかかわらず、まだイベントは起きない。これらの噂はイベントに向けて必要な前段階である、この惑星の表面上の光の勢力のある作戦を反映しているに過ぎないのであって、まだイベントそのものではない。

イベントが起きる前に、非物理的なネガティブな勢力が排除されなければならない。さもないと、彼らは、カバールによるMKウルトラ、及びモナークというコードネームのプロジェクトに基づく、厳しいトラウマによってマインドにプログラムを仕込まれている地球表面上の2百万人以上の人たちの動き出しのきっかけを作るだけである。これらのトラウマを仕込まれた人たちは、易々と、エーテル、及びアストラールプレーンから、自分たちと他の者に対して暴力的な行動を始めさせるアルコンの手仕舞いのゲームの一部にさせられてしまう。

非物理的なネガティブな勢力は、今、この惑星の表面近くに集まっていて、人間の周囲に集中し、光の到来を防止しようとしている。彼らにとってはこれがもう少し長く生き残るための唯一の手段なので、エントロピーと混沌を維持するために実行しているのである。

これが今までまだ言ったことがない実体の、ある形なのだ。彼らはエネルギー的に不可視になる点にまで環境に溶け込む傾向を持っているので、目に見えない者と呼ばれている。彼らは下部メンタルプレーンに住んでいる。彼らの目的は、人間を奴隷化する為に、人間のマインドの能力を閉じ、
愚かさを侵入させることなのだ。彼らには主に、1980年代の純粋な始まり以降、1996年のコンゴへの侵略後のマインドにプログラムを仕込まれたカルトにまで悪化させた、組織的宗教、後にニューエージ運動への、多くの歪んだ信念システムの導入の責任がある。これら目に見えない者たちの主なトリックは、旨くないものを人々に否定させる、”全てよし”であり、旨くないことを変えさせる本来的な力を人々から剥ぎ取ることなのだ。

アルコンたちはいまだにエーテルとアストラールのHAARPスカラー電磁場技術を利用して、いわゆる一次異常を維持している。一次異常とは、ランダムな波動関数であり、カラビ-ヤウのマニホールド、マイクロブラックホールの場、量子的ふらつきの巻き込み場、常に光を抑圧しようとする反生命の半意識場の歪みである。これは宇宙の創造において発生した純粋なポテンシャルによってもたらされたものであり、ワンネスのアンチテーゼなのである。これは創造における主要な誤差であり、あらゆる苦悩の主な原因になっている。残りの全ての宇宙の一次異常は、今この惑星の表面に集められつつあって、この、私たちの惑星の最終的な解放をさせる最後の変革を待っている。地球はその後、最後の光の点として銀河ユニオンに参加するようになる。

非物理的なアルコンはいまだにこの歪んだ異常場から作られるワームホールを利用して一つのインプラント脳半球から別の脳半球へと自由に移動している。

光の勢力が非物理的なHAARP電磁場を除去すると、ブラックホールの特異点は剥ぎ取られ、マイクロブラックホールは消失し、カラビ-ヤウのマニホールドはまっすぐに修正され、一次異常は私たちの宇宙から永遠に消え去る。これがあらゆる苦悩の終わりの始まりであり、人間にとっての真の癒しになる。

この時は非常に間近に迫っている。光の最終的な勝利は近い!

翻訳 Taki 

LEAVE A REPLY