サウル〜あなた方のハートは、終わりのない喜びが流れ込もうとしている広大な空間です 2013年7月10日 ジョン・スモールマン経由

現在あなた方の惑星で進行中の「愛」の絶え間のないほとばしりは、最高に強力な影響を持ちつつあります。その影響は、それと係り合って人類を覚醒の一歩手前まで連れて行くのを援助するべくここにいることを選んだ、「光」を担う者及び道を体現する者でさえ、はっきり完全に分っている者は幾人もいません。空気に、雰囲気に、一つの軽さがあります。それは、主流ニュース・メディアが世界中の紛争、政治的及び経済的な不安定、そして事故と大災害などのドラマに集中しつづける中においてさえ、人々を元気づけています。しかし、長い間固有だった秘密と腐敗を暴いてやり直しながら、容赦なく闇から離れて「光」に移るにあたって、人類のエネルギー・フィールドの振動数の高まりを示すサイン ー 見ることを選ぶ人々には非常に見えるサイン ー は、本当にあります。

「光」があなた方の家です;それがあなた方が属するところです;それがあなた方が自分の永遠の存在を持つところです。あなた方が経験していたもの、幻想 ー 表面上の永劫にわたって、あなた方にそれだけが唯一の現実であると思い込ませるために最善を尽くして来た悪夢 ー は、終わろうとしています。とても誘惑的且つ否応もなくあなた方のハートに殺到している「愛」は、それとの同調にない全てを手放すようにあなた方をうまく助長しています。「それ」がそうするので、自分のハートというのは、怖れ、心配、不安、そして時に容赦なく薄れゆく、より幸せだった時の記憶、などが入っているだけのほんの小さな容器ではないことに、あなた方は気付きつつあります。そうです、それは広大な空間です、あなた方を煩わせていた全てを手放すとともに終わりのない喜びが流れ込もうとしている、無限の広さの空間です。私達の「父」の神聖なフィールドによって抱きしめられて包まれるために、自分のハートを完全に開くように意図して ー 断固として意図して ー ください、そして、自分自身と人類を覚醒に持ち込んでください。

そうすることが自分の選択というのであればそれは「神の意志」でもあるのですから、あなたが目覚めるのに失敗する術はありません。しかしながら、「彼」がご自身の「意志」をあなたに強制するということはありません。それどころか「彼」は、あらゆる瞬間に「彼」があなたに提供する「愛」を受け入れるためにあなたが自分のハートを開くことが出来るまで、根気よく、そして優しく待ちます。本当のところ、あなた方は眠っているに過ぎないのです、そして、永遠にずっと眠ることは不可能です!実際、あなた方が現在どうも完全に引き込まれるらしい眠りこけた悪夢というのは、おそらく一つの否定の状態として説明されることも可能です。そして否定の状態というのは、無期限に維持されることが出来ません;結局のところそれは、最も予期せぬ形であなたの意識的な気付きに噴火します、そして多分全く恐ろしいことに、自分が葬った問題に必ず立ち向かうことを、それを怖れるあまりに疎かにする場合、それらははるかに辛過ぎて対処出来ません。

愛情のない全てを手放して、恐れでしばしば施錠されボルト締めされるハートの扉を解錠せしめるために、対処する必要がある問題は、誰しも持っています。あなた方は、絶えず気前良く差し出されている「愛」を受け入れるためにハートを開きますから、怖れの必要はありません、平和と満足が流れ込んで、あなた方のハートは巨大に成長し、「神」があなた方に提供する全てをフル活用するべく、永遠に拡大します。目下のところ、幻想の中にいるあなた方のほとんどが自分のハートを施錠してボルト締めしたということは、そればかりかあなた方は、あらゆる機会に交流するあらゆる者に「愛」を無差別且つ無条件に提供して共有することによる、可能な唯一の方法で自分のハートを養うことに失敗したということでもあるのです ー そしてハートはその結果、むしろ縮みました。

あなた方の多くが既に行い、また多くは行うプロセスにあるように、絶えずあなた方に提供されている「愛」を受け入れる選択をあなた方が決定する場合、人類に対する全体的な影響は驚異的です、全く持って驚異的です ー そしてそれは誇張たり得ません。あなた方はただこれをするためにこの時にここにいます:ハートを開いてください!あなた方は特にこの目的のために、人類の進行中の進化のこのポイントで受肉することを選択しました、そして、あなた方が自分の怖れ、自分のバルネラビリティー(脆弱性/攻撃され易さ)の感覚を克服するのを助けるべく、スピリチュアル領域の人々からの莫大な援助を受けます。

一度あなた方が自分のハートを開けば、またこれに失敗はあり得ませんが、あなた方は、そのバルネラビリティー(弱さ)が提供する愛の感覚、目的感、満足感に仰天します。大部分人類は、自分自身がバルネラビリティーである(弱くある)のを許すのは危険なことと考えます、何故ならばその言葉は、無防備の状態、自分がまるで残忍に攻撃されるか被害を受ける状態を意味するように成り果てたからです。しかし、バルネラビリティーが真に意味するのは、あなたが人に防衛の必要を感じさせない状態、開けっぴろげな状態にある、ということです ー そして「愛」は、あなたが開けっぴろげである時に流れ込むことが出来るものなのです。それが、あなた方の多くがこの生涯で学びつつあるレッスンの一つです。覚えておいてください、何を言われても、それによって怒らされるのをわざわざ自分から積極的に選択しない限り、誰もあなたを怒らせることは出来ません。そしてあなたが怒らされる方を選択するのは、自分自身で自分の価値を低く見積もるあまり、他人も自分をそう判断するだろうと思う場合だけです。し、か、し、です、彼らのあなたに対する意見というのは、常に、彼らの勝手です。もし他人があなたを裁くならば、問題があるのはその人です!

あなた方は全員、「神」に永遠に愛される神聖な存在です。もし他人が、あなたを愛さない方を、あるいはあまつさえあなたを憎む方を選ぶ場合、それはただの、彼ら自身が持つ不十分であるという感覚のサインに過ぎません、それで彼らに愛を送って差し上げて、あなた自身の意気が高まるのを感じてください。愛情深くあることの実践を強めることが出来るあなたの毎日の静かな時間を、怠らず確実にしてください、それが自分の自然な状態になるように ー 真実は、これまでも常にそうだったのです。

とてもとてもたくさんの愛を込めて、サウル

http://johnsmallman.wordpress.com/2013/07/10/your-hearts-are-vast-spaces-into-which-endless-joy-is-about-to-flow/

翻訳 ソウルカメラ

 

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here