サウル〜分離つまり;小さな取るに足らない個人の見た目の孤独 

2013年8月25日 ジョン・スモールマン経由

創造(宇宙)の一体性。その相互依存関係が無視されたり、拒否されたりすることはもはや不可能であり、そのことから、起こることは何でも創造の全てに影響する、という承認が必然的に続きます。しかしこの承認は、幻想の内に没頭している人々にとっては一つの新しい概念ではあり、それはごく最近になって、あなた方の主流科学によって受理され認知されたばかりです。しかし、多くの人々がまだそれを否定したがります。それは不都合な真実です。それを承認して認知することは、人類に変化を要求します ー 信条の、知覚の、意見の、振る舞いの、人間活動の変化。ある階級や地域に固有な風土性であり、分離の感覚の大きな徴候である、利己的な個人的行動計画、及び随伴する、一般的な人間経験であり累代に亘ってそうであった、独立独歩の必要性、など、大規模な縮小が必要な全てのことの変化です。

一人の人間としての独立独歩というのは、一つの、見せかけの自由への感覚的な必要性 ー 規則、法規、酷な審判などの、情け容赦のないシステムによる奴隷状態から逃げるための、一つの手段です。しかし、どんな成功の尺度でも自分自身に頼ることが出来る人というのは、ほんの一握りです。成功して繁栄するために自分は誰も必要としないことを、どれほど自分自身に証明しようとするとしても、あなた方の色々な文化と社会が全く疑いもなく示すように、あなた方は、相互依存しています。ある者は、自分が商品やサービスで必要とするものは何でも買うだけの十分な裕福である限り、自分自身が完全に独立していると思っていますが、その自信の表面下には、激烈な怖れと不安があります。そしてそれこそが、つまり分離;一見無関心で果てしない大宇宙の中の、小さくて取るに足らない個人の見た目の孤独、です。それは全く不自然です、何故ならばあなた方は、「神」と一つに創造された ー そしてそれは、決して変わることがない ー からですが、どうもあなた方というのは、孤独なようです。それもその筈、あなた方は、その、無限により大きな全体である、一つの全体;「神」である「一つ」、としての自分達の真のアイデンティティーを、否定する方を選んだのですから。

永劫の昔にあなた方が分離を体験することを選んだ瞬間以来、その否定の状態は維持されてきており、そして現在、どうも絶対的にリアルであるようです。人類が遂に、分離、個別性、他人からの独立というのは幻想であることを、承認し始めているということ以外は。。。多くの永劫と多くの生涯に亘って、あなた方は、「本当の現実」をあなた方に示そうとした教師、賢者達と交際したことがあります。そして、たとえあなた方の目は閉じたままだったにしても、種は植えられ、あなた方の集合的な心にゆっくりと発芽しました。それらの種は、力強く且つ断固として成長し、今や、自分達の「ソース(源)」からの分離の不可能性に対する気付きへと、開花しつつあります。しかし、多くの人達にとって、その「ソース」の何たるかは、いまだに一つの謎です。

自分達の「ソース」との一体性に対するあなた方の感覚あるいは知識は、あなた方の創造の瞬間に、あなた方一人一人の内部に永遠に移植され、それは神聖な創造の意図の一部である故に、根絶不可能です。しかし、どうもあなた方がそこに入って自らの背後に扉を閉めて施錠したようである、幻想、という思い付きとその構築によって、あなた方は、自分達がその幻想を信じて支持する限り、その神聖な真実を忘れてそれに対して無意識のままでいよう、との、意識的な自由意志決定をしたのです。その信念は、失敗しつつあります;それは溶解しつつあります。そしてあなた方は、在りて在るもの全ての「ソース」の存在を否定することの、その非常識さに気付いているようになりつつあります。科学、医学、心理学の分野で奮闘する多くの人々は、「人間存在というのは、一つの完全に無作為に型作られた物理的環境における、繋がってはいるが基本的に無意味な化学反応の一連である」などということを、いまだに死に物狂いに維持しようとしています。しかし、彼らの柔軟性のない態度は、膨大かつ急速に増える反対証拠の量に耐えられません。

あなた方というのは、人体を持つ非常に制限された物理的体験をしている、精神的な存在です ー それは一旦あなた方を、一寸の間ほとんど満足させた体験です。そして今やそれが、100%そうではありません。どうしてそれが、無限にパワフルな「神」の御子たる者を満足させ足り得るでしょうか、まして、自らの人間人生体験というのは何か酷く不適当なものであることを、自らの心の内では知っている者を?あなた方は、「愛」用の「愛」製です。ので、愛されていないと感じて生きること(それが一般的な人間体験です)は、少なくとも動揺させ、酷い場合は現実的に極端に痛いのです。従って、あなた方は自分自身の、その失われて最も重要な側面を捜し求めることに、その人生を費やすのです。あなた方は大部分それを認めませんが、その代わりに、幾多の技術と能力を開発して公開することによって、他人からの是認を、彼らに慕われようとする死に物狂いの試みで求めます。こうした努力においてどんなに成功しても、それらはあなたを満たし得ません、そしてあなたの業績は、やがては灰と化します。何故ならば、あなたの真の永遠の天性は「愛」であるからです。そしてそれは、何ものにも代えることは不可能です。そして、あなたが「それ(愛)」を否定したせいで、あるいは「それ」から隠れたせいで「それ」なしでいることが、あなたに度を超えた痛みと苦悶を引き起こします。

良い知らせは、あなた方は決して「それ」なしではないということです。それというのも、自分の神聖な本質なしであり得ることは不可能だからですが、あなた方の一人一人が辿っていた人間の道は、あなたの否定、あなたの全くの惨めさの(否定され、人類の大多数に埋没されたことの)感覚からあなたを外に導いて、「神」への永遠の繋がりなどいらないという、そのような志の高い、しかし馬鹿な希望を携えてあなた方が入った悪夢から目覚めるように、周到に用意されました。

あなた方は、そのような力強い、神聖な存在として創造され、好むままに自分の力を行使するに結構であったが故に、幻想を作ることなど比較的簡単なことだったのです。問題は、それが一つの幻想であることを知覚することに、お分かりのように現在大変な難儀を呼ぶほどの、そのような非常に良い仕事をあなた方はしてしまった、ということです。あなた方の内で、自分は「神」に可愛がられているスピリチュアルな存在であることに気付いていよう、との意識的な選択をした人々でさえ、あなた方の回避不能な覚醒の瞬間までは、まだ幻想の人生をやり続けなければなりません。そしてその人生というのは、あなたを分離の暗闇に引き降ろすことによって、あなたの当たり前で神聖なアイデンティティー(身元)から、絶えずあなたの気を散らそうとします、そして、そこはどうも、ほとんど誰一人として信用出来ない一つの無愛想な環境における、無事に生きているままにあることが一つの果てしない奮闘であるようなところです。それはあなたにはとても不快なことです、それで、独立独歩でいることなど忘れてしまって、自分の怖れ、疑い、不安を克服するのを助けるよう、あらゆる瞬間にスピリチュアル領域の私達に頼んでください、そうすれば私達は、あなたの援助に喜んですぐにやって来ます。私達はあなた方全員を心から愛しており、ただただあなた方を、あなた方の神聖な「故郷」に完全に目覚めて完全に意識的であることの永遠の喜びに、目覚めることを手伝いたいのです、そしてそこは、実は、あなたがいつも、そして既にいるところです。

とてもとてもたくさんの愛を込めて、サウル。

http://johnsmallman.wordpress.com/2013/08/25/that-is-the-separation-the-apparent-aloneness-of-a-small-and-insignificant-individual/

翻訳 ソウルカメラ 

 

 

 

 

 

 

 

LEAVE A REPLY