サウル〜あなた方の法規は大部分、権力者を利するためだけに確立されました 

2013年6月19日 ジョン・スモールマン経由

常にあなた方が包まれる神のエネルギー・フィールドが人類へ及ぼすその影響は、あなた方の壮大なる目覚めの時が近づくにつれて絶えず増大しています。そして、それは壮大なる目覚めです!それを実現に至らせるべく、あなた方全員がそれはそれはハードに働きました、またその結果があなた方を失望させることは絶対ありません ー 失望というものがそもそも幻想です。

個人が自らの生き残りを主要な懸念とする人生を主に生きて来たように、失望は、ほとんど永劫にわたって「地球」上で伝染してきた風土病でした。災害あるいは大惨事が発生したかその恐れがあった時々には、お互いが助け合うために人々は結集したものですが、その時だけでした。さもなければあなた方は、自分達の見かけ上の分離あるいは個々バラバラの状態が引き起こしたほとんど恒常的な不安または怖れの状態のせいで、大部分自分の個人的な生き残りを確実にすることに排他的に集中しました。そしてそれが、失望がそれほどにも頻繁に経験された理由です。

全ては一つです。これがあたかも事実ではないように生きようとすることで、甚大な苦しみ ー 必要がなかった苦しみ ー を引き起こしました。あなた方は、お互いに精神的にも肉体的にも戦い合い、拷問し合ったのです、それが自身の個人的な生き残りに必要であると信じながら。そして、しばしばそうした「生き残るために自明な法則」に従わなかった人達が最も苦しんだようです。あなた方は、そのような生き方を正当化するのに諺を用い出しさえしました、すなわち:「神は自ら助くる者のみ助く」。貧困にあるか、あるいは人生でトラブル ー 病気、怪我、人間関係の問題、財政の問題 ー に見舞われた人々は社会不適応者と判断され、神によって適切に裁かれているか罰せられているのだと見なされました。あなた方は各々我関せずで、「良きご守護があらんことを」と突き放す態度でした!

各々が縄張りを持ちそれが提供する安心感があるようだった部族社会の頃でさえ、他部族と頻繁に紛争を起こしました。幻想においては、順応して所属する必要から逃避する手立ては、どこにもありませんでした。大多数によっては承認されない規格で生きようとした人々は、追放され投げ出されました。しかしながら、啓蒙時代以来、科学的手法が、新しい考えが公式化されることと新発明が構成概念化されることを可能にしたので、事態はゆっくりと変化し、人々の考え方を永遠に変えました。政治的及び宗教的組織に特有の腐敗に対する反発が、改革は可能でありそれが希求されるという考えに結びつきました。それ以来、奴隷制度、女性、少数民族の権利及び民族性の抑制、及び「主流」ではないライフスタイルに対する非難は、全て公的に禁止されました。

多様なグループに対する迫害あるいは村八分がまだ続いていても、「彼」の子供達の誰であれがそれほど陰鬱に扱われるのは「神の愛」と提携するものではない、という認識が成長しています、また、教育を通してこうした愛情のない態度や振る舞いを終わりに至らせ、それらによって危険にさらされる人達の肉体的な保護を確実にするべく、疲れ知らずで働いている多くのグループ、組織、及び慈善団体があります。正に、スピリチャルな進歩、この数百年の間に人類が経験して来たスピリチュアルな進化は、驚異的で元気づける結果を産み出し、かつその進歩、その進化は、指数的に発展しています。それは、人類全員に永続する平和と喜びをもたらす、気付きにおける最高に素晴らしいスピリチュアルな態度の変化の一連の始まりに過ぎません。

かくも長い間疑問視されることなくとても多くの人達が生きた柔軟性のない信条は、遂に放棄されつつあります。それらは審判に基づきました、人が人を裁く審判、誰をも裁く知恵も知識もない人間による審判に基づきました。しかしながら、審判/裁判は、他の人達に対する支配力と権限を求めて獲得した人々には、非常に有用であると証明しました、何故ならば、それで彼らは法規のシステムを置くことが可能になり、そしてそれによって、人々を指図して自らの個人的な行動計画をさらに進めることが出来たからです。旧体制の人々、先祖伝来の称号あるいは富を持つ人々か、その彼らに同調した人々は、彼らの力と支配を失いつつあります、わずかに残る断片に彼らは必死で縋り付き続けるも、それは溶け、あるいは彼らの手から滑り落ちます。幻想においては、権力、権威、及び支配は人々からの大規模な支持に依存していますが、その支持が持続的且つ取り返しがつかないほどに撤回されつつあります。

今日日の人々は深刻且つ強烈に権威を疑っており、その権威を正当化しているその筋からの声明を受け入れるのを拒否しています(格言「全ての権威を疑ってかかれ」は、人類の地球上の存在期間に関しては、まっさらの未使用であり、いまだに非常に物議をかもす主張です)。

「愛」がその影響力を遠く広く拡げて、ますます人々が「それ」との同調にある方法で振る舞い始め、従って、あなた方の命を支配しており、且つあなた方が慣れてしまった無数の法規は、完全に不必要になります。そうした法規というのは大部分、自らの利己的な行動計画に駆られる権力者の唯一の利益のために確立されたのであるということが、実際びっくりするほど明らかになりました。強力なオフィスを占拠して力を濫用し、あなた方の最近の経済苦難を引き起こした連中は、基本的に自らの責任から免除されてきました。彼らが欺いた人々は、重苦しく路頭に迷う間、それは愚かにも欺かれるのを許した自分自身の馬鹿さ加減であると判断され、そしてよくご存知のように、結局ホームレスになりさえしました。

そして、あなた方の専門家及び「賢者」は、「これが世界の道理である」「世界はこうした方向で機能することになっているものだ」、そして「諸君、人々はただそれを認めるべきだ、それに慣れて、不満を言うのを止めなさい」などと、あなた方を説き伏せようとし続けます。この正気でない生き方は終わることになっていること、突然の終わりに至るということを知っていることは、なんて愉快なことでしょう!

あなたの静かな時間、自分の「非多忙」の瞬間には、人類の全員 ー 富める者と貧しい者、正直者と途方もない不正直者、虐待者と犠牲者 ー にただ「愛」を送ってください、そして、そうすることが「神の意志」であり、それは、彼が愛情なく捨てるか裁く者など、何処にも、一人もいない故であることを、思い出してください。その、あなた方の多くが係り合いを持つ「愛」の機会が、あなた方の一人一人と世界を変えつつあります。ただこれだけをするために具現化したあなた方なのだから、自分の抑制(神でさえ愛することが不可能な若干の者が、確かにいるに違いないという感覚)を手放してください、そして、貧しき者、不幸な者、そして非良心的でゾッとするような悪逆非道に傾倒してしまった誤誘導されし者達すらをも、あなたの愛及び全員が永遠に包まれる神聖な「愛」のフィールドのそれが抱きしめるべく、意図してください、これが、彼らもまた目覚めるのを助けます。

とてもとてもたくさんの愛を込めて、サウル

http://johnsmallman.wordpress.com/2013/06/19/your-myriad-rules-and-regulations-were-established-mostly-for-the-sole-benefit-of-those-in-positions-of-influence/

翻訳 ソウルカメラ

 

 

 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here