サウル〜罪悪感に囚われた信条はナンセンスでしたが、あなた方はどうにかそれらを信じることを選びました

2013年6月23日 ジョン・スモールマン経由

人類のやがて来ようとする覚醒というのは、波頭を立てて砕けている巨大な波に例えることが出来ます ー ピークに達した波頭が、次に全てを包含しながら四方八方に広がって、愛されていないとか、影響を受けていないとか、変わらないとか感じている者など誰一人残さないまでの、途方もない力(愛の大洋)です。それは、「神」(私達の父)によって無限に永遠に愛されており、「神」の完璧な子供達(創造の全体がその永遠の存在を持つ「神」の、重要で分離出来ない部分乃至側面)以外の何者としても存在不可能であることが、直接感じられる体験を通して気付きが始まる、想像も及ばない興奮の瞬間となるでしょう。「神」と一つでない個別性という形の分離の感覚は全てなくなります、また、恐怖、不安、及び十分に良くないとかふさわしくないとかの如何なる感覚も全てなくなります、あなた方は、「神」が「あなた」として創造した存在の驚異と壮大さを、一見始めてであるかのように、完全に把握して知ります!

あなた方の恐れを捨てて、溢れ出す程に「愛」が満ちるのを許してください。「愛」はあらゆる瞬間にあなたを囲み、あなたが「それ」を認めて「それ」を招き入れることを待っています。幻想の範囲内では、あなたが一面の懐疑論に包まれてまたしても「神」の存在を疑い始めるので、変え難い真実に対する信頼を自分の疑いと恐れがやって来るより前に一瞬でも維持することは、それはそれは困難でした。あなたは、自分の視界から「本当の現実」を隠すという非常に良い仕事をしました、なので、自分が見えないものを認めて信じることにおいてはあなたは大変難儀します。そのようなことの全ては、あなた方は自分を産湯に浸からせているような輝かしい「光」に目を開くと、このように「神」のあなた方への「愛」が主張しておりますので、変わることになっております、このようにして覚醒します。「愛」はあなた方のハートが望むあらゆる全てですので、「愛」の優しい呼びかけにそれほど長くは抵抗出来ないでしょう。

「神」の存在の中で意識的に生きることがハートが望む全てなのですが、あなた方が構築した幻想が(本来の完全に友好的な本性がより少ないがために)、自分自身を、広大で危険な宇宙 ー あらゆる瞬間に壊滅的な災害をもたらし、自分の生命を永遠に消滅させ得る宇宙 ー に漂う、非常に限られた寿命の小さな取るに足らない存在であると見なすように助長しました。従って、懸念と怖れが一つの不安感の背景を提供します、そして過去の時代にはあなた方は、自分達が敬意を払って生け贄を捧げる強力な神々(超人タイプの英雄達)を発明することによって、それを軽減しようとしました。最近ではあなた方は、科学を勉強して、「地球」が供給するかも知れないどんな身体的な被害に対してでも予防措置を取る合意に至ろうとしました。あなた方の科学的な知識は一つの脅威と戦うある手段を提供して、新しい手段がすぐにそれに代わるようです。そしてあなた方には、その不安感の背景がさもありなんとばかりに良く活気づくままにして、地震、火山噴火、洪水、森林火災があり、そして病気と事故に会う大勢の人々があります。

「地球」上で人類が生き延びることに対する一見して不可能な確率を観察して、あなた方の一人一人の内部に永遠に燃え盛る神聖な「愛の炎」が、絶望の感覚を受け入れて維持することをあなた方に思い留まらせました。絶望による目覚めへの拒否という昏睡状態にあなた方が陥ることが出来ないように、消すことの出来ない希望の火の粉が、あなた方の安全と保護のためにあなた方の内に置かれました。あなた方に希望がある間は人類が抱える問題の解決策を捜し続けます、従って、あなた方は、自分を通して神聖な「愛」のフィールドを流れさせるに十分に自らの心を開いたままにして、自分自身の個人的な「炎」を絶えず燃やし続けます。非常に短時間でも恋に落ちると、「愛」を刺激して、ただ生きているままでいるための恒常的且つ果てしない努力よりも多くのことが、人生にはたくさんある筈であることを、あなたに思い出させます。あなたはスピリチュアルな性質の意味を捜し、それで、「それ」はより明るく燃えます。あなたは意味ある前方の方向を発見はしたのですが、意味ある道を選ぶのには難儀します。とてもたくさんの道があるように見えます、また、ほとんどは何らかの ー 宗教的な、政治的な、文化的な ー ドグマにおける信条か戒律のセット、若しくは、自らを信者達と「神」の間の仲介者として設定した者への絶対的な忠義を要求します。

そうした類いの、罪の意識に支配された信条や、結果として苦しみと犠牲を生じる彼らの道のために残された時間は潮時であり、現在全く終わっています。それらは決して少しの意味もなしませんでしたが、あなた方は、どうにかしてそれらを信じることを選んだのでした。自分達に代わって自分達と「父」との間を取り持って和解させる、より神聖な、より精神的な、あるいはより高度な人間とやらを必要とする信条を、現在あなた方と惑星を包んでいる「愛」の力が溶かしつつあります。あなた方の「父」はあなた方各自が直接「彼」に話して、いつでも「彼」があなた方を抱く「愛」を体験することを望むのだということを、集合的にあなた方は理解しました。ここスピリチュアル領域において私達は常に私達の支援を提供しており、あなた方の「父」がどれくらいあなた方の一人一人を愛しているかを、あなた方に思い出させようとしています。あなた方を包む「愛」は抗し難いものであり、あなた方はそれに気付いているようになりつつあって、かつてない大人数で「それ」の方に寝返りつつあります。私達が知っているように、そしてあなた方が自分のハートの内側深くでは知っているように、あなた方への「神の愛」は果てしないのであるということを知っていてください、それはあなた方の覚醒を待っておられる「彼」の忍耐が物語っており、またあなた方は、自分達の覚醒をそう長くは避けることが出来ません。

とてもとてもたくさんの愛を込めて、サウル

http://johnsmallman.wordpress.com/2013/06/23/your-guilt-ridden-beliefs-never-made-any-sense-but-you-chose-to-believe-in-them-anyhow/

翻訳 ソウルカメラ

 

 

 

 

LEAVE A REPLY