Screen Shot 2014-07-30 at 2.30.27 PM

サナト・クマラ・・・2014年7月30日 真実 の顔

http://lichtweltverlag.blogspot.jp/2014/07/face-of-truth-sanat-kumara.html

30 July 2014

FACE OF TRUTH, SANAT KUMARA

channeled by Jahn J Kassl

translated by Franz

親愛なる皆さん、

次元上昇 をする者は次の光の高みに昇り、あらゆる障害を乗り越え、ふるさとである、天の結晶王国に帰ります。

私はサナ ト・クマラです。私はこの世界と他の多くの世界のロゴスであり、源で、あなた方の間にいます。

神の顔

細かい編み目の拘束の編みが人類の上に覆い被さっ ていますが、真実の日は闇の者たちが恐れ、次元上昇をする者が期待する光という顔を持っているので、その解放が近づいています。

”あなた 方はどこにいたのか?”と私は到着する者に尋ね、”なぜ時間の中に戻るのか?””と私は私に答えない、残る者に尋ねます。”顔”から の飛翔をしてくる人間又は”顔”を見るときに盲目である者が新しい成長の可能性を見るので、天があなた方に用意してある内部地球の多 くの家が空のままになっていて、多くの世界が新しく創造されています。

最後の時 なのになぜ非常に多くの人間が光に背を向けるのでしょうか?

あなた方 に言いたいことは、地球上の大ゲームはあらゆる点で強力であり、闇の者たちは多くの点で光の勢力と対等だ、と言うことです。それ故 に、彼等は絶えず触手を伸ばし、次元上昇の用意が出来ている者さえ捕捉しています。

愛のみが 差を作り出し、光の拡大を確かにするものは愛だけです。

あなた方 には愛の剣を利用するように勧められています。闇の者たちは白い冷たい光を放射し、人間を分割して不安を創り出す光の剣を利用してい るのですから、そうして下さい!

光の戦士 の剣は、あらゆる対立に有効な特別の光の特性を示します!私がそう言うのですから、神があなた方に与えてくれたこの最強の剣を決意を 持って躊躇することなく利用して下さい。

自分の力を否定する者は全てが敗北します!

数少ない 者が山頂に達し、到着した者がほんの小さい人間のグループを形成します。そして、最後まで知識を持ち、闇の者たちとの戦争のような小 競り合いがあったにも関わらず、今日まで平和に暮らし、創り出された信頼である信仰に留まっていたあなた方については、私への道がな らされています。

新しい時 代もその名付け方も知らずに、新時代を告知する多くの”光のメッセージ”によって目をくらませられないようにして下さい。

あらゆるところで、闇の力が人間のソウルを占有 し、”宗教的でスピリチュアルな”レベルの分野で社会に深く浸透しているので、まだ、勇気を持ち、極度に用心深くする必要があります。

これらの 闇の要素が時間の最後の時に、素早く解消されるまでは、彼等は悪さをし、自分たちをこの世界の支配者だと思っています。私の王国に 入ってくるあなた方全ては神から与えられる全てを包み込む保護を楽しむ事が出来ます。

後戻り無しに次元上昇の引力に捕捉された者全て は、光の中への橋に達し、渡ることでしょう。

光の道か ら引き戻していた日が永遠への飛翔をするので、闇の者たちの強力な操作に影響を受けないままでいた全ての人達は永遠の命を得ます。

神の顔が この世界に現れるので、次元上昇直前の今、世界全体の完全な変化の直前に、この次元上昇への手短な評価が、ここ地球上での最後の日日 に、自分たちの元の意図と決意を否定し、闇の者たちからのオファーを受け入れ、この世界を引き継ぎ、永遠の生命の獲得に失敗し、この 現実から遠く離れる数多くの人間に気付くための注意に役立ちます。

これを選択しなかった者は誰も陥落せず、無常のマ スターたちとの出逢いから何も得られない者は、誰も死を経験せず、神は自己に気付き、光から与えられた自分の役割を思い出し、これを実行 し、与えられたあらゆる可能性を利用して実現しようとする者全てを忘れないでしょう。私を求め、希望の炎を絶やさない全ての者は私の所に 戻ってきます。なぜなら、全ての生命は私から生まれ、ソースに戻るという希望がこの源を忘れさせないことが真実だからです。

これらの日日は短くなっってきていて、時間はその 価値を失い、空間は未確定になってきています。次元上昇の直前には、この世界は分裂しますが、私であるこの世界の王は、子供たち一人一人 の名前を知っています。

そして、 私は影のこの世界から離れ、光の新世界へと移って行きます。

私はあなたである、サナト・クマラです。

翻訳  Taki

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here