Screen shot 2013-12-26 at 9.23.40 AM

サナンダ・・・2014年7月4日 ロシアの強さ

http://lichtweltverlag.blogspot.jp/2014/07/russias-strength-jesus-sananda.html

4 July 2014

RUSSIA’S STRENGTH, JESUS SANANDA

channeled by Jahn J Kassl

translated by Franz

夢: 私 はウラジミル・プーチンが”嘘はもうたくさん、これからは私は真実を行い、事実を創造する、”と言うのを見ました。それによって彼の 表情は非常に厳しくなり、下あごが実際よりももっと突き出ているように見えました。(夢の終わり)

チャネ ラーJJKの解釈:プーチンは米国、NATO,及びEUのことを言っています。これらの西側勢力はもはや信頼できるパートナーとは見なされません。又、外交用語 (合意の上で許される嘘)も旨く通じなくなっています。ですから、プーチンは、米国とNATOからの攻撃からロシアを守るためにあらゆる手段を講じると言っています。ウク ライナ紛争では、ロシアと中国に対して直接的な影響を与えるためにロシアとの国境まで地政学的な支配権を拡張するという意味があるだ けです。マスメディアの編集者たちは新世界秩序(NWO)を推進しているシンジケート(ロスチャイルド、ロックフェラー、ソロス、K300、ビルダーバーガー、外交評議会、三極委員会、世界の銀行・オイルカルテル、 秘密社会、ボヘミアングローブ/クラブ、スカル&ボーンズなど)の支配下にあるので、この観点はマスメディアには無視されていること は驚きよりもむしろ脅迫的です。

まとめ: プーチンは、下あご(彼の決意を表している)を突き出して、ウクライナ紛争の本質は尊厳有る国家としてのロシアの存在の継続であり、 全力を尽くしてウクライナを守る立場を強調しています。ですから、”嘘もいい加減にしろ”と言っているのです。(解釈の終わり)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

親愛なる 皆さん、私はサナンダです。

この夢はより高い次元の次元上昇レベルに触れるも のなので、この解釈は確かなものです。

いくつか のメッセージで既に伝えられていることですが、今日は闇のエネルギーの放散と新しく現実化してきている光のエネルギーとの間のバラン スを保つことが必要です。次元上昇したマスターはそれに対して、それ故に、最終段階で次元上昇をする者に取って何よりも歓喜を確実に する次元上昇を保証するために私たちが常に心がけている創造主からのこの指令に対する責任を担っています。

ロシアの役割

ロシアの 大統領は内なる導きによって、この世界を、何よりもまず、全ての人間を吸収したいと願っている”最高権力”に対抗して全力を尽くして 立ち上がるように言われています。これは次元上昇プロセス全体のバランスをとるので、地政学的に緊急の課題なのです。あらゆる事が全 てのレベルに影響します。それはまだ時間というダイナミズムにおけるもののようです。

それ故 に、ロシアとその大統領はこれほどまでに重要な役割を果たしているのです。

もしもロ シアが専制的な世界一元化のエリートの手に落ちたとしたら、この専制者たちにとっての道が自由になってしまうでしょう。

こ次元上 昇をする者と落ちる者は、このレベルでは、未だに”統合”して生きていますが、世界が完全に分離されるまではこのようなことは起きな いでしょう。ロシアの強さによって、世界の構造は少なくとも専制者たちの方向に完全に傾くようなことがなくなり、部分的なバランスが 保たれるので、それが次元上昇のプロセスの中で重要な役割を果たします。

次のより 高いエネルギー的で微妙なレベルで、ロシアの強さは次元上昇プロセスのバランスを信頼できるほどに保つ効果を発揮します。

次元上昇 は天の光と地球の光の複合的な投射であり、それによって人間は絶対的に固有の重要な役割を果たします。各国はその役割を果たし、ロシ ア以外にも全責任を担って、専制的な世界一元化に対抗している国があります。

それによってこの夢の解釈は適切なものになりま す。結論的には、愛する息子、兄弟、姉妹たちである人間の皆さん、真実の日は近く、非常に近づいています!

そして私は、人間の大多数が期待していないとして も、嘘の終わりが到来する、と申し上げます。その日は決まっていて、人間に対する光への道はこれらの時間の間に全うされます。

次元上昇 したマスターたちはこの世界の上に降りており、私たちは人間のハートを光と愛で満たします。

しかし、私は人間として時の始まりから人間の間を 歩行している者です。

ジーザ ス・サナンダより

翻訳  Taki

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here