Sanada1

サナンダ・・・2014年8月30日 第一波の帰 郷

http://towardchakra8.com/2014/08/30/the-homecoming-of-the-first-wavers/

“THE HOMECOMING OF THE FIRST WAVERS” by Sananda

August 30, 2014

地球上で 多くの生涯に亘って働いてきた”第一波の道を示す者”は数千人に上りますが、この者たちが光の銀河連合の宇宙船へと、2014年12 月21日の冬至から始まって、2015年以降の天文学的な、及び占星術的な天文配置の日に、一回に数百人づつ帰郷する段取りが、高次 元の領域にいる偉大な光の者たちによって定められています。

数千年に 亘って地球上で奉仕をしてきた多くの道を示す者の第一波の者たちは2012年12月21日に終わった進化の始まり以来、地球上に於け る仕事の旅を今終え、光の銀河連合の宇宙船に再搭乗して母なる地球と人類への奉仕をした多くの生涯に対する報酬を受け取ります。これ らの第一波の者たちはこの奉仕活動にボランティアとして志願し、六次元ないし五次元から降りてきて転生のサイクルに入りました。彼ら は人類に文明的な影響を与え、人類とスピリチュアルな繋がりを持つ価値がある者たちです。彼らの多くは異端として非難され、地球上で の転生の生涯のいくつかでひどい処分を受けたことがあります。いくらかの者たちは聖人として褒め称えられ、多くは完全に歴史の記録の 中に埋もれました。いくらかの者たちは地球に来る前に他の惑星でなにがしかの形で奉仕をしました。

母なる地 球と人間の五次元への次元上昇を促進するためにより最近(ほぼ1980年以降)に降りてきた第二波の道を示す者は”収穫”の仕事の完了とともに光の銀河連合の宇宙船に再搭乗し、報酬を受け取り ます。

2014 年12月21日に次元上昇をする全ての第一波の者は再びハイアーセルフと合体し、ウオークインした者は体から出て宇宙船に戻ります。 もしも自分がこれらの者のうちの一員であると思ったら、自分のハイアーセルフにウオークインかどうかを尋ね、そうだと分かったら、自 分の名前が冠されている元の体に頼んで下さい。あなた方は又、一つのゾディアック(注:黄道帯)のしるしが別のものに道を譲る時(例 えば、雄牛座が双子座に道を譲る時)である、自分の次元上昇の時を尋ねなければなりません。

”第一波”の最初のグループは数百人にのぼります が、既にハイアーセルフと融合し、ウオークアウトした二人の”先駆け”が先に宇宙船に戻り、光の偉大な主であるロードサナンダ、及びロードサナト・クマラによって七次元に叙されま す。これが第一波の者たちの七次元への大量の次元上昇

の始まり になります。これらの二人の”先駆け”も金星のより高い次元からの光のクマラ族です。

この六次 元から七次元への第一波の道を示す者たちの上昇は長く、誠実な母なる地球と人間への奉仕活動の報酬です。彼らは光のロード(注:大い に尊崇される教師)になります。いくらかの者たちは七次元から五次元の光の銀河連合の宇宙船へと、乗員のカウンセラー又は宇宙船内の 種々の部門のアドバイザーとして自発的に降下します。それに引き続くデスクロージャーと着陸の後には、この者たちはライトボディーの まま降下して地球上の光の銀河連合に加わりたい者を教えに行きます。

次元上昇 の祝賀会がプレアデスの巨大宇宙船である、”Whie Wind”上 の大スタジアム又は円形競技場で開かれます。この巨大宇宙船の中では屋外の天井が非常に高いので、空のように見えます。ホストは、プ レアデス艦隊の創始者であり、”White Wind”の 最高司令官のロード・アドリオンです。この次元上昇の祝賀会には次元上昇をしたソウルの星のファミリー、それに随伴しているガイド、 教師、より高い次元領域からの古い友人たちのような数百人のゲストも招かれます。道を示す者の第二波もゲストとして招かれ、第一波の 者たちは七次元へと旅立つ前にお別れをします。第二波の者たちはその後、地球と人間の五次元への次元上昇の促進のための仕事の完成に 向かいます。

これは次元上昇の祝賀会だけではなく、道を示す者 の第一波の帰郷の祝賀会でもあります。

司令官ザナ(ウオークイン)経由ロード・サナン ダ・クマラより。

翻訳 Taki

LEAVE A REPLY