サナンダ/ジーザス・・・2013年9月5日 サナンダ/ジーザスが書いた新しい聖書 第十二章
http://www.whoneedslight.org/index.html?entry=chapter-twelve-the-new-scriptures
Chapter Twelve, The New Scriptures as Written by Sananda/Jesus
by Kathryn E. May, PsyD on 09/05/13

主創造主は語りました。あなた方には次元上昇の為の新しい戒律が与えられました。これらの注意深く述べられた宇宙の法には解釈の必要はありません。これらの言葉の中には、隠された意味、あるいは神秘的な推測はありませんし、単なる、私たちの創造主の真の表現に過ぎず、これから先の日々の私たちの過ごし方を助けてくれるものです。惑星地球上の誰もこれらの法から逃れられませんし、誰も自らの選択によってしか次元上昇の特権から除外されることはないでしょう。

この栄えある機会から誰が除外して欲しいと思うでしょうか?死後の暮らしの存在、あなた方一人一人が自分の運命に対して責任があると言う考えを受け入れるのは簡単なことです。それに加えて、五感によって見たり触れたり出来ないことは何も信じないことを要求する、科学的研究という宗教に加入した人が大勢います。この限定された見方は、あなた方の周囲の物理的世界についての理解と言う点では、多くの成果を得ましたが、より高い次元での暮らしの神秘に関する理解には役に立ちません。

多くの人たちは、”宗教”のように響くあらゆることを極度に拒絶するようになっているので、単に私たちの名前が見られると言う理由で、これらの教えを拒絶するでしょう。彼らに対しては、あなた方一人一人との個人的な会話の方を選んで、全ての”組織化された宗教”による習わしを終わらせることが私たちの希望だということができます。全てのカルトのような組織、又はここで読んでいることの範囲を越える、如何なる念入りに作られた行動規範にも執着する必要はありません。私たちは特定の習わし、又は信念システムを変えたいとは思っていません。私たちはあなた方の神聖な私という存在の中の神との繋がりを再び生かす方法を教えたいと思っているのです。あなた方自身のほかには、如何なる導きの必要もありません。

私たちは又、あなた方に天のホストを紹介したいと思っています。この一般的な肩書きは、スピリットの形の、主創造主、母/父なる神、及び私から、大天使や、あなた方の道に沿って助けの手を差し伸べる、私たちと共に働いている古いソウルである次元上昇をしたマスターまでの、全ての覚醒した存在たちを指すものです。彼らは多くの経験を積んだ、三次元の暮らしのあり方についての専門性を持つ者で、あなた方が次元上昇を完了するために必要なことを良くわきまえています。

これらの者たちはバイブル、あるいは他の書物の中では、彼らの地球への転生に関係すること、おそらくは、私と、私の母、メアリーとの間の関係を除いては頻繁に語られたことはありませんでした。アジアにおける観音の人気は例外です。セント・ジャーメインによる惑星地球を経済奴隷の状態から救済するための繁栄基金の設立に果たしている仕事のおかげで、西側世界では、彼はより良く知られるようになりつつあります。セント・ジャーメインたちの存在が認識されていないとしても、彼らの影響はこの惑星の表面上で強く感じられます。これらの者たちは、あなた方を導き、世話を
しますが、彼らの激励と方向付けはハートとマインドが開かれている全ての人に感じられます。一般的に彼らのメッセージと介入を、あなた方は、”直感”と呼んでいます。

これの者たちはあなた方のファミリーです、親愛なる皆さん。彼らは長年の間あなた方を見守ってきました。多くの人たちは、生涯と生涯の間の期間に、今でも、睡眠中に、彼らと親しく働いてきました。あなた方も体から離脱して旅行をし、より高い次元を訪問することが出来ます。あなた方は、神と話をし、あるいは死亡した人たちを見たような、子供の時からの夢を思い出すかもしれません。もちろん子供たちは、”地球外生命体”に関するあらゆることを否定するように変えられている大人たちよりも、これらの者たちのハートにより近いのです。あなた方は、より高い次元に到着し、自分の宇宙へののぞき穴がいかに小さいものだったかを発見して、笑い出すことでしょう。

さて、あなた方の性との取り組みについてお話をしましょう。この惑星上に見られる、特にみだらな態度の為に、私たちは時々、むしろ堅苦しいまでの性に対する取り組みを奨励しました。私たちは必要な場合には、両極端のバランスを取ろうとしましたが、文化としては、あなた方はある程度成熟しています。特にメディアやインターネット上では、いまだに客観的な態度が見られますが、今は、性的衝動や生殖能力に対して、もっと合理的で、心を開いた取り組みに踏み込む時です。

より高い次元では、拘束されている子供や女性に関する場合を除いては、私たちは、誰が、誰と性的関係を持つのかについてのモラル上の審判をしません。あなた方は自由意志を持っていて、過ちを犯し、その結果を自分の暮らしに生かすことによって、自分のレッスンを旨く学ぶでしょう。多くの良い結婚が不貞によって破壊されましたが、”悪いことをした”ペアが如何にしばしば別の、より満足できる関係へと移行し、あるいは、如何にしばしば両方のパートナーが、破綻の後で、永続的な愛を見つけたかに、あなた方は気がついているでしょうか?

あなた方が情熱、誘惑、しくじりに捕らわれるのが私たちには見られます。性的衝動はあなた方の種族においては非常に強く、お互いの組み合わせは、性的な関係を満足させることによって最も旨く強化されるので、私たちはあなた方に同情します。不幸なことに、多くの宗教的な教えは、性的な感情を通じて人々を支配する努力のために、神は、特に、生殖を目的としない、楽しみとしての性を軽蔑しているとの印象を作り出しました。これは意味の無いことです。あなた方には性の喜びを楽しみ、愛の関係のなかで分かち合う、この才能が与えられています。見知らぬ人との間のセックスが不満足で、満たされず、徹底的に違和感があることは言うまでもありません。

セックスはある人によって、困難な時に相互の関係を保つ”膠”であると言われています。これは真実です。日常生活の歪み、お金の問題、子供にとって好ましくない文化の中での子供の養育などのあらゆることが、パートナーとの間の関係の感情的な気配によって癒され、あるいは悪化する、不満足と苛立ちの感情に寄与します。うらやむような組み合わせ(結婚していようといまいと)は衝撃を受けた時の暮らしにとって大きい助けになり、慰めになる性的な出会いは、ほとんどあらゆる困難な挑戦を楽なものにします。

ホモセックスは神の目から見て禁じられた忌まわしいことであると考えられています。これは真実ではありません。同性の他者に対して魅力を発揮するように改変された性的な衝動を持つ体でこの生涯に至るという挑戦に取り組む多くの人が、この惑星の上にいます。これは勇気のある、難しい感情的な調整、人の自尊心、そして時には肉体的脅威という挑戦を保証する契約でした。この一生涯の挑戦を自発的に申し出た人たちには、通常の信念システムに立ちはだかり、特に、原理主義派に立ち向かうことになることが分かっていました。これによって、内戦時代に行われたように、やがては偏見の背後にある憎悪を暴露する結果に至る状況を作り出すことが彼らの希望だったのです。

西側世界は相対的に非常に急速に動いて、代わりになるライフスタイルに対して寛容な態度を取るようになりました。この急速な変化にはうれしく思いますし、それが起きるように暮らしを仕向けた勇気ある兄弟、姉妹たちに感謝をします。それは宗教教義に執着していた者たちを動かし、いわば、鎧に穴を開けたのです。

あらゆる点で安定で、異性愛の対応する者たちと同様に育成的であり、世話にならなかったとしたら安定した家庭を持てなかったであろう子供たちを同等に支えられることを実証した、愛し合い、有益な暮らしを営むゲイである友人たちを、ますます多くの人たちが擁護したので、世界はゲイの人たちには、結局大きい差が無いとの認識をしなければなりませんでした。お分かりのように、寛容と愛に対して扉を開くという点では、これは劇的な成功が得られた実験でした。

レプティリアンが世界の金融システムの場から立ち去った今では、”熾烈な競争”に疲れた人たちがついに、家庭生活に満足を見出し、創造的な努力、及びコミュニティーへのサービスのために時間を割くことが出来るようになるので、急速な優先度の変化が起きるでしょう。戦争機械の終焉と共に、暮らしをより快適に、より面白いものにする快適環境に大量の資金を充当するようになるでしょう。慈善のための基金が既に増加傾向にあり、芸術、音楽、演劇、ダンス、及びその他の創造的努力における生産性のエンジンとして感じられ始めています。

真の意味に餓えている大衆に心に響く歌を聞かせる、真の才能がある歌手や作曲家と比較して、同じ年齢の、ぐるぐる旋回し、貧弱なドレスをまとったポピュラーミュージックスターが輝きを失っているので、芸術性に対する尊敬の念が既に感じられ始めています。あらゆる暮らしの分野で、レプティリアンの好みだった、安物の、見苦しいものの売り歩きは、今はもう終わりになっています。人間は今から、美と卓越さが称えられた、以前には見られていた、ヨーロッパのルネッサンス、ギリシャ、ローマ時代の高みのようなレベルの芸術的表現にまで上昇するでしょう。人間にとって可能な驚くほど美しい創造物で満ちたギャラリーや博物館、公園や家庭が見られるようになるのは、何と嬉しいことでしょう!

あなた方、親愛なる皆さんには、自分の真の希望を探索する機会があり、それは、制約的、抑圧的なあらゆることに反対する新しい態度へと急速に流れてゆく日常生活における新しい自由を作り出すでしょう。これがより高い次元への、それ自体の効果を持つ、ポータルの新たな開放です。これらの言葉の最初の読者であるあなた方は全ての者を、あらゆる心理的な抑圧から解放する動きの最前線にいます。あなた方は非常に急速に自分のために考え、自分自身の感情を経験し、愛する母/父なる神の存在を感じるかどうか、あなた方を抱擁し、耳に優しく語り掛ける時の私の声を聞けるかどうかを自分で決める権利を主張するようになるでしょう。

確信は盲目ではありません、愛する兄弟、姉妹たちよ。それは経験に基づくものです。あなた方はこれらの言葉を読み、それがハートの中でいつもわかっていたことの表現である簡単な考えなので、その中に真実を感じ、安心感を得ます。これらのメッセージはエゴ/頭脳に訴えかける、内側でいつも変わらない論点にしたので採用した、本当とは感じない何かを盲目的に受け入れるように確信させられた誰かを怒らせるだけでしょう。もしもあなた方の宗教的な信念があなた方を優れていると感じさせるとしたら、彼らは間違っています。もしも彼らがあなた方に恥ずかしいと感じさせるとしたら、彼らは誤まっています。もしも彼らがあなた方を恐ろしいと感じさせるとしたら、彼らは威圧的です。他者があなた方に同意しない時に、怒り、又は心配を感じたら、あなた方は低いレベルで振動していて、如何に正しいことだと考えても、一連の考えや原則を守るための投資よりもむしろ、光の比率を向上させる必要があります。

私が教えるこれらの真実は、次元上昇に対する準備の為の今という時に適っています。以前には、人々の状態がより低かったので、他の原則を強調することが適切でした。あなた方は進化し、インターネットがあるためにはるかに大きい情報をを入手でき、天文学、物理学、及び経済の基本概念により詳しくなっています。例えば、宇宙旅行という概念は、あなた方の政府が全ての人にとって普通の知識になりつつあるこれらの事を秘密にしようと、あらゆる努力を払ってきたにもかかわらず、あなた方にとって全く意外なものではありません。上空で宇宙船を見たことが無い人はほとんどいませんし、目撃は日に日に増加しています。

高等学校を通じての、全ての人のための自由教育の機関は、完全なシステムではないものの、西側世界と極東の一部に100%の読み書きできることが普通である人々を作り出しました。これを150年前と比較してみてください。私は今、宇宙の中心にあるセントラルサンからのプラズマエネルギーの波についてあなた方と話が出来ますし、あなた方はそれを読み進めます。私たちがDNAの線条が活性化されるとお話をすれば、あなた方にはそれについて討論するだけの概念的素地があり、質問ができます。

これらの言葉を英語で書き、海のはるか向こうの聴衆に顕著な反応を期待できる能力さえあります。お分かりのように、これが、私たちにとって新しいバージョンの聖書が必要な理由なのです。多くの古い書物は、今では誇張した、あるいは難解だと響く言葉で書かれ、多くは、人々を驚かせ、支配するための制約的、独断的な教えに対する欲望を満足させるために時間の経過とともにゆがめられました。多くの人は、私が約40年前に口述した、”奇跡のコース”を知っているでしょう。多くの人には読解が困難であり、私がここで述べている簡単で直接的な言葉よりもはるかに複雑です。今は、差し迫った疑問に対する明瞭で決定的な答えをする時であり、出来る限り最大の数の人たちに届くようにする時です。今は行動の時です。

あなた方がこれらのメッセージを読む時には、私のハートの感情をあなた方に語らせてください。主創造主の愛をこれらのメッセージを通じて語らせてください。母なる神の優しさと父なる神の強さをあなた方の血管の中に流させてください。そうして、母なる神の女性の強さと父なる神の男性の優しさをあなた方の体の全ての細胞に浸し込んでください。光と、私が彼らと、主創造主との繋がりを持つ時に私が感じる愛の放射表現を感じてください。親愛なる皆さん、私は、私たちの存在のエッセンスである優しさと喜びの大いなる表現をあなた方に送ります。あなた方が自分たちを向上させているので、私たちの抱擁、私たちのあなた方に対する賞賛を感じ、私たちと共に喜んでください。今は生きていることが素晴らしい時です。

私はあなた方、私の星の兄弟、姉妹たち全てを愛しています。
私はあなた方のサナンダ/ジーザスです。
米国東部時間2013年9月2日、午後9時、カナダのベンデーにて、キャサリン・E・メイ筆記

翻訳 Taki

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here