Screen Shot 2014-01-10 at 10.43.30 PM 

宇宙の文明と政府– ETとのコンタクト

SaLuSa

Multidimensional Ocean 2014-1-9

皆さん、また、どんな時どんな状況でも愛の心でいられるように励ますためにやって来ました。古い世界が終わろうとしているこのアセンションの時にも疑いや不安を感じているのは理解できます。皆さんの多くはアトランティス時代にいました。そこで歴史は繰り返すことを怖れています。でも今時点でその可能性は非常に小さいものです。地球とすべての魂にとって好結果になるという意識を持ち続けることが重要です。

まだ、地球が黄道帯を通過するために地球に大きな惨事が起こると思っている人が多くいます。そして地球に災難をもたらす天空の領域を通過する時に最悪の事態が起こるのではないかと危惧しています。また小惑星の直撃を受けたり、極が変動して大変なことが起こるのではないかと不安に思っています。そういうことがあって、カバルは起こりうる惨事から自分を守るために地下深くに基地を造ってきました。カバルの中には火星にエネルギー資源を移設しようと画策してきた者がいます。火星の地下と地上に居住出来るところを建設するために膨大な金額を投じてきました。

火星には重力と大気があります。特定のエリアは人間に適した所があります。そのようなことを皆さんが聞かないのは、十分な数の人間を搬送出来るだけの宇宙船がないからです。

カバルは地球の変動と太陽活動の変化を知っていますが、それが人間の意識にどのような影響を与えるかは知りません。また、インナーアースに友好的なETがたくさんいることも、地下にいるETが数日から数ヶ月の間ゲートを開けてシェルターを提供することを了解していることも知りません。

宇宙の兄弟と同じように、彼らは地上の状態如何にかかわらず皆さんが幸せになれるようなテクノロジーを提供することにも合意しています。地球が5次元、ニューエイジに進むと、地上の生物に劇的な変化をもたらす可能性があります。

懸念材料は磁場の変化です。人間の意識レベルによってはそれも難なく通過できます。しかし、その時に恐れるあまり否定的な結果を案じたりとすることは避けてください。

私たちは常に太陽活動や地質、磁場、プレートの動きを監視しています。しかし私たちにも難しいことは、戦争や恐怖心、貧困などの光を持たないあらゆる波動を考慮に入れることです。

更に、原子力プラントもモニターする必要があります。高濃度の放射能に対しては私たちが望んでも十分対応できる状況にはありません。どうか、多くの人にとってこの転換期の重要性、大切さを考えてください。今あること、今までのこと、今後起こることを穏やかに受け留めてください。

皆さんは地球の波動を上げ、人間の中で働くために送り込まれました。そうやって新しい次元に穏やかに移行できます。皆さんの先祖は過去の文明で中々アセンション出来ませんでした。母なる地球は、文明がアセンション出来るように先祖たちに愛と平和、守護に適した環境を提供しました。

地球でアセンションした人間は今私達と一緒にいて皆さんがしようとしている行動を一つ一つ見ています。また地球全体が高次元に上昇するのをじっと見ています。皆さんの先祖は、アセンションする道筋が分かるような数多くの手がかりを残しています。

また先祖たちは宇宙に出られるきっかけを幾つか残しています。彼らは物質とエネルギーを思いのままに出来るマスターです。たくさんの銀河にも行ったことがあります。皆さんと一緒に冒険をしたいと望んでおり、皆さんが地球のアセンションを手助けしてほしいと望んでいます。

皆さん、私たちは創造者です。互いに繋がっています。自分たちの願いを実現しているのですが、時にそれが衝突する時があります。

カバルの願望には明らかに光がありません。彼らが変わり、恐れるのではなく自分の光を見られるようにするには、私たちの愛と忍耐強さしかありません。

私はシリウスのサルーサです。自分自身の願い、地上平和の願いを実現し、楽しく穏やかにアセンションしていってほしいと思います。

私たちはスタンバイして、皆さんの政府が了解すればすぐにでも接触する用意があります。数多くの政府の人たちと連絡を取り合っています。しかしいつもそうですが、私たちが地球にいること、ここに存在することに関して公表する決定を下すことは簡単ではありません。ビジネスに対して、人類から利益を上げることの妨げになる、その脅威になると考えています。政府の上層部の中には私たちを歓迎する人もいます。しかし、敢えて公にした場合に物笑いになることを怖がっています。

秘密事項や秘密のテクノロジー、人間とETとのコンタクトのすべてをディスクローズするよう要求していってください。政府が私たちとの関わりをいかに日常業務、ありふれた手続きとして考えているか、それを知ったら驚くでしょう。私たちは常に平和な態度で臨んできましたし、心から手助けしたいと思っています。

残念なことに、これまでの私たちは深刻に捉えられすぎるか、良くても逆に無視されるかしてきました。彼らは私たちの意思を押し付けるのは私たちの本意ではないということが分かりません。

皆さんが心から愛と平和でいられることを願っています。

Thank you, SaLuSa

channel: MultidimenisonalOcean.

Copyright © Laura/ Multidimensional Ocean. All Rights Reserved. Permission is given to copy and distribute this material freely, provided the content, including the title, is copied in its entirety and unaltered, is distributed freely, and this copyright notice and links are included:http://multidimensionalocean.wordpress.com/

 

翻訳 ライトワーカー・マイク

http://lightworkermike.wordpress.com/2014/01/10/et-contacts/

LEAVE A REPLY