サン・ジェルマン〜自分自身の寺院を築き、他者を 
見聞きするのを止めなさい ヒラリオン経由 20 
13年2月21日

ヒラリオンによるチャネリング

「あなた方は自分自身の内なる寺院を築かずに、い 
つまで他者を見聞きしているのでしょうか。あなた 
自身の内なるセティ寺院を築かずに」

あなた方は他人の発表するものを議論します。

よろしい。

でも何故、自己で鍛錬せず、内側に行くように変わ 
らないのでしょうか?

こういう嘘を聞いたことがありますか?。。。私た 
ちと来なさい、助けて上げます。

椅子、ソファー、またはハンモック、あるいは芝生 
に身を預けて。。。平和にあってください、

あるいは、痛みにあってください。私とともにあっ 
てください、あるいはどこかにあってください。な 
ど。

「あなたの道は私たちを通じて、」と云う者達に頼 
るのを止めなさい。

彼らは嘘つきです。

内面に行ってください。

自分自身を信頼することを学んでください。

あなた自身(yourself)から。。。そしてあなたの 
「セルフ」(your Self)から学ぶことを学んでくださ 
い。

自己(your self)と「セルフ」(your Self)との対話か 
らの「離婚請求」を、終わりに至らせることを学ん 
でください。

愛にわくわくしてください、それが自分の中を流れ 
るままに。

痛みにぞくぞくしてください、もしそれが自分の中 
を流れるならば。

自分自身を信頼してください。。。さもなければ、 
思い違いしたまま、あなたは、、、判りますね、

あなたは惑わされて迷います。

自分の現実を調整しないならば。

あなたとソース(源)の間の存在の純粋さを抱きし 
めてください。
サン・ジェルマン 2013年2月20日

それは誰が正しくて誰が間違っている云々ではあり 
ません。

それはあなたです、束縛からの出口を見つけ出すた 
めに、あなたの自己、「Your Self」で鍛錬するまでは。

あなたの首根っこを摑む支配マスターとは、あなた 
自身の理解です。

はい、我々はやり続けることが出来ました。

マスターが如何に、喜び、愛、理解、知恵、そして 
力において笑うかを記念するシンボルを、どなたか 
開発しませんか?

皆さん知ってますか?「全て同時」です。はい?学 
びたい?

私を見に来てください。もし助けがいるなら。

あなたを祝福します。それは私のワークの一部で 
す。また、あなたの実地体験を招く方法を教えます。

私はそれをあなたのために、あるいはあなたに対し 
て行うのではありません。私は決してそうしません。

愛、知恵、気付き、マスターの感触の、完璧な光 
の、機能的な地上の寺院にあなた自身であなた自身 
を造るように、あなたの認識のアートを実践する方 
法を私は教えます。

あなたの傲慢は、自分は多くを知っている、あるい 
は自分は「誰か」である感じに夢中になるもので 
す。それは「あなたの完全なセルフ」と存在の前に 
自らの謙遜を受け入れるよりも、こんなに重要で 
す。。。

あなたが誰かに対して謝るべきであるなら、それは 
唯一、あなたの自己に対してであるべきです。

それが、嘘が終わるところ、あるいは多くが言う 
「でたらめは止み、そして車は出発する」ところで 
す。。。

そうですね?はい。

あなたはでたらめはあてにならないことを理解しま 
す。。。はい。

あなたは今耳を傾け始めます。。。はい??

そして、それは傷つきます。。。はい???

うろたえないでください。。。今のその状態から逃 
げないでください。。

あなたの自己とともにあなたが呈するところのまま 
にあってください。。

そこに留まってください。そこにあってあなたは安 
全です。

*ソイレント・グリーンではなく
(*訳注:絶望的な食糧難の世界を描く近未来SF映画 
のタイトル。ここでは「でたらめ、嘘」の意で引用 
していると思われる)

自分の寺院を築くことを学んでください、。。。

学んでください、、、勉強してください、、、あな 
たの寺院は。。。経験とあなた自身についての学び 
における、あなた自身の経験です。。。

今「秘密」を教えましょう。。

それは成功への最大の秘密です。

しかし、じっと見ていて私の言葉、今日の私のオリ 
ジナルの言葉を模倣する狡賢い者達に、用心してく 
ださい。。。

私はちょうど、彼らの恐ろしいエネルギーを少量埋 
め込みました。それは多くの場合隠されます、、

今あなた方は、あなた方の経験における恐ろしい性 
質のバロメーターを持ちます。

今あなた方は、その仄かな匂いを手短に嗅ぎます 
(迅速に、より認識して)

では。。。
秘密とは。。。。

あなたの地上の寺院建設に成功すること

1 純粋さとは、進行中の神(偉大な自己)の至福 
と愛からあなたを切り離す現実における、あなたの 
内外の現在の状態を意味しないことを知ってくださ 
い。それは間と辺り一面にあります。

それは、誰かより、自分の自己より、あるいは何で 
もかんでもより、「もっと良くある」ための自分の 
執着経験のエリアの中で隠されるだけです。また、 
それは「損」か「得」かという想像上の現実への拘 
りです。

私たちはそれを、関係の原動力と呼びます。そして 
その関係は、通常それ以上一つも進歩しませ 
ん。。。そうですね?

私はたくさん何度も言います。お付き合いします。

近づきつつあるイベントに対するこれが唯一の「あ 
なたの」防御として、私は自己認識を教えます。

言います。。。

2 自分自身で鍛錬する

2 内側に入る

2 自分の自己からの範囲内で学ぶ

2 これにより自分の不屈の精神と強さを開発する

2 自分の自己の前に屈む謙遜を発達させる

2 「自分をスピリチュアルだと思うとはなんて快 
いことか」に自分のマインドを陥らせない。

2 自我(エゴ)は容易に自分自身の一部に夢中に 
なり、すぐ魅惑されて自己満足します。

2 自我はすぐ「侮辱」を、「侮辱された」を感じ 
ます。

2 これは、根のない木です。風の中で手を振る 
が、倒れます。

2 そうしたことを手放してみると、自分が思うよ 
りさらにもっと良いものです。

3 「自分自身の教師」になってください

3 自分の自己に教えてください。これを学ばねば 
なりません。それがあなたのの唯一の救済です。

3 内側で質問に答えてください。自分自身で教え 
てください。こうした筋肉を発達させてください。 
こうした筋肉を発達させてください。

3 これが出来るようになるまで頭を垂れてくださ 
い。。。。これを築くまで、、、

3 これを行うのに変わらず十分強くある力を発達 
させてください。

私のスクールでは、あなた方は欲しいものを何でも 
要求します。

でも実践しません。

あなたの自己で鍛錬してください、自我を膨らませ 
ずに、自分自身から学ぶことです。

自分自身で教える鍛錬を開発してください。怠惰で 
あらずに、そして他の人々のでたらめを熟考するで 
はなしに。。。

私のスクールでは、あなた方はその両方をやってい 
ます。熟考して議論します。外の背景として、だけ。

私の学校では、あなた方は自分の自己に挑戦するこ 
とを学ばなねばなりません。自分の自己、自分のや 
り方、自らの偽りなく認めるバージョンの自分に、 
疑問を呈さなければなりません。

あなた方のほとんどは、自分の自己から学ぶのに、 
辛うじて立っており、。。独学は論外です。。。

そして、あなたが内側で自分の自己で教える気がな 
いならば、常に問題を抱えることになります。

あなたは常に内側の真実を避けて、常に欺瞞に美し 
く誘い込まれるでしょう。

また、その「我はかくかくしかじか故、汝より勝れ 
し」を一掃してください。。。でたらめです。

そこで最大のでたらめは、二元性のエネルギーの範 
囲内での限られた位置、場所を前提とした「自分」 
であるので、あなたの自我がそれを誇りにし、そこ 
で止まってもうそれ以上を行なわないのを誇りにす 
るのは、十分愚かでおかしなことです。。境界型白 
痴状態。今、意識的な馬鹿であることは、あなたの 
損にはなりません。

明らかに、同様に無意識であることはあなたを支援 
せず、少し「わかっていない」?に置き去りにしま 
す。よろしいですか?。。。内でも外でも。

限界のままに留まることになることを理解しなけれ 
ばなりません、

そして知ることを学ばなければなりません、さもな 
ければ、これはさらにあなたをコントロールするた 
めに使われることになります。

あなた方全員、子供達全員。。。光において祝福さ 
れんことを。。

そしてさらに、自己の前での、さらには考えられる 
あらゆる個に対しての、全くの謙遜を混ぜ合わせた 
善性の光において、祝福されんことを。

御機嫌よう。。。良い日を。

サン・ジェルマン
ヒラリオンによるチャネリング

St. Germaine
A hilarion channeling under my I Am Free Foundation

http://lightworkers.org/channeling/177426/st-germaine-when-will-you- 
stop-looking-and-listening-others-instead-building-your-

翻訳 ソウルカメラ

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here