images-1

ジャイコムメイヤス/オーラと翼について  2016年10月4日
チャネラー:ちのたき

 宇宙評議会のジャイコムメイヤスさんからのメッセージでは、2016年10月11日から、以下のようになる、とのことです。

すなわち、高波動のソウルのオーラが光り、3次元の光のソウルにも見えるようになります。ただし3次元の闇のソウルには見えません。ですから、この時点で、光のソウルと闇のソウルが明確に判別できるようになります。オーラの光はソウルの波動値に比例して強く光ります。

 生命のサイクルが6回目以上のソウルの背中には翼が生えていて、今のところ、物理的には見えず、動作もしていませんが、この日、10月11日からは、自分にも、他の高波動のソウルにも物理的に見えるようになります。しかし、低波動のソウルには見えません。この翼を翼ばたかせて、500Mの高さまで上昇できます。距離的には、150KM程度まで疲労することなく移動できます。飛行は、ゆっくりもできますが、どのような遠くにでも殆ど瞬間的に移動できます。どのような着衣を着ていても、重い荷物を持っていても翼を翼ばたかせて飛行することができます。翼は肉体の中に完全に仕舞い込むことができ、着衣は、肉体にぴったり合うものを用いることができます。

Jaikommeiyas/Aura and Wing
4 October, 2016
Channeled by Taki Chino

Mr. Jaikommeiyas of the Council of Cosmos sent us a message that the following phenomena would be realized on 11 October, 2016.:

Aura emitted by souls with higher vibration will be seen by the light souls even if those are the ones who don’t ascend to the higher dimension and will not be visible for the dark souls. Accordingly, at this moment light souls and dark souls will easily be identified. The Aura light emitted by the higher vibration souls will be stronger than that emitted by the lower vibration souls.

Wings are equipped for the souls whose life cycle ( when a soul reaches to the God’s 28 th dimension, one life cycle completes) is more than 5. At the moment the wing is not visible nor functions. However, from 11 October, 2016, the wings can be applicable for flights and become visible, but only for the higher vibration souls. By swinging the wings, a soul can fly up to 500 meters high and 150 kilometers distant with whatever the clothes and heavy baggage. Flights can be slow but normally very quick and almost instantaneous even for long distance. The wing can be contained fully in the soul body. Souls with wings can put on any clothes fitted.

LEAVE A REPLY