スザンヌ・リー

2015年1月7日

ポータルとしての想念形態-脳波と意識、パート3

翻訳:Tatsuhikoさん

Thoughtforms as Portals — Part 3 of Brainwaves and Consciousness

1-7-15

http://suzanneliephd.blogspot.jp/2015/01/thoughtforms-as-portals-part-3-of.html

ポータルとしての想念形態

Screen Shot 2015-09-17 at 14.09.28

アルクトゥルス人

想念形態はあなたの感情と思考が組み合わさったものです。想念形態としてパッケージされたこのコンビネーションは、あなたのリアリティの創造を始めます。想念形態の周波数はあなたの意識の状態によって決定されます。意識の状態はあなたの脳波によって決定されます。脳波の大部分はあなたの感情の周波数によって決定されます。

あなたの感情は常にあなたの身体とのインターフェイスであり、それはあなたの思考の波の周波数に影響を与えます。同様に、あなたの思考は感情の周波数に影響を与えます。あなたの思考は無条件の愛の響きから、恐怖の感情まで、あらゆるスペクトラムで満たされることができます。

身体を介して無条件の愛を体験するとき、それは感情のように感じられます。ですが、それは五次元的な感情なので、私たちはそれを共鳴と呼びます。想念形態を完全に成長させるためには、思考と感情の周波数を同期する必要があります。

したがって、もしあなたが無条件の愛を感じながら、どういうわけか恐怖に満ちた思考を持っていたなら(無条件の愛を体験している間にそれが生じることは起こりそうにありませんが)、あなたの思考と感情の周波数は、想念形態を作るのに必要な同期から外れてしまいます。

一方、あなたが恐怖の感情を感じ、恐怖に満ちた思考を持っていた場合、あなたは恐怖の感情が恐怖に満ちた三次元的想念形態を創造する(そしてその逆向きにも同様に作用する)フィードバック・ループを形成するプロセスを開始するでしょう。

また、あなたは幸せの感情や、人間愛や、ワクワク感など、あなたのオーラに留まり、思考に影響を与える感情を体験することができます。そして、あなたが幸せで、愛に満ち、ワクワクする思考を持っているとき、あなたは幸福な三次元的想念形態を創造することができます。

スペクトラムの高次元的なアスペクトは無条件の愛です。それは上述したように共鳴と呼ぶべきものです。この高い周波数の共鳴は想念形態を完成させるためにあなたの多次元マインドを呼び込みます。この場合、想念形態は高次元のリアリティへのポータルとして機能します。

あらゆる想念形態はあなたの高い知覚によってのみ観ることができます。それはたとえば透聴(高次元のソースからのメッセージを聴くこと)や、透視(高い周波数の光の形像を見ること)や、超感覚(あなたの身体とオーラで想念形態を感じること)などです。

三次元的想念形態はあなたが自分の日常生活の創造者となることを支援しますが、一方で、多次元的想念形態は、あなたが多次元マインドやサードアイやハイハートを通じてメッセージを受信するためのポータルとして機能します。

こういった想念形態は主にデルタ波とガンマ波意識によって知覚されます。一方、三次元的想念形態は通常、あなたがアルファ波かシータ波意識でいる時に知覚されます。

三次元的な思考は『無意識的に』日常の中に入ってきます。あなたの思考と感情が整列したとき、想念形態を待ち受けるようあなたを導くある種の方法へと引き寄せられます。一度あなたが注意をその方向に向けると、あなたがその特定のエネルギーパターンにに気づけなかったとしても、その想念形態はあなたの日常生活での各種の選択に影響を与えます。

想念形態が無意識的なものであるか、あるいは、意識的なものであるかが(そうするには完全に目覚めている必要があります)あなたの『今』のための『オペレーティング・システム』を選択します。あなたを取り巻くエネルギーパターンに気づいているとき、あなたは自分に影響を与えている想念形態に気づいています。

もしあなたその中を歩きまわり、その影響を受けている想念形態のエネルギーフィールドに気づいていないなら、あなたは自分の人生が自分の管理下にないと感じるでしょう。一方、あなたが想念形態/エネルギーフィールドの中に入っていくことを意識的に選択するなら、あなたは自分の人生が自分の管理下にあると感じるでしょう。その選択をするためには、あなたは日常生活の中にある想念形態のエネルギーフィールドに気づいている必要があるでしょう。

想念形態の中に意識的に入っていくためには、あなたはまず最初にその想念形態を知覚する必要があります。思考と感情の結合物である想念形態を知覚するためには、その想念形態の周波数にあなたの意識を合わせる必要があります。

おそらくあなたは湖や海のさまざまなエリアの波が、暖かい、冷たい、あるいは濁っているかクリアであるかを認識するのと同じようなやりかたで、エネルギーフィールド/想念形態を認識するでしょう。『誰かが私の墓の上を歩いているような感覚(ゾッとしたときの英語の慣用句)』という表現は、低い周波数の恐怖に満ちた想念形態に出会ったときの一例です。

その一方で、高い周波数雨の合いに満ちた想念形態に出会ったとき、あなたは幸福感や爽快感や光を突然感じるでしょう。その想念形態はあなたの肉体を支配している3D脳が、あなたのライトボディを支配している多次元マインドに適応するよう調整される機会をあなたに与えます。

あなたの3D脳はあなたに外界の情報を与えるのに対し、あなたの多次元マインドはあなたに内側の世界についての情報を与えます。あなたはあなたの多次元的リアリティを見ますが、それはあなたの上にあるのではありません。それはあなたの内側にあるのです。それらはあなたの内にあります。あなたの源はあなたの内側にあります。あなたの高次元リアリティもあなたの内側にあります。

あなたの外的3D脳をあなたの内的多次元脳に融合するために、おそらくあなたは、あなたの外的リアリティに対する個人的なコントロールの感覚を感じる必要があるでしょう。外的リアリティの個人的コントロール/統御力を維持するために、おそらくあなたは自分の内的世界を意識的に高次元へと開き続ける必要があるでしょう。

自分が外の世界への『ボス』であるという安全性を感じることができているときは、ベータ波意識の監視モードを超えた、アルファ波の想像力モードへとあなたの意識を拡張することができますこの安全性を維持するには、アルファ/想像意識と、ベータ/監視意識を融合することが役立ちます。

あなたのその今の中、物理的世界がどれほど恐ろしく挑戦的なものになりえるかを私たちは認識しています。もしあなたが内なる世界へのポータルを開き続けることができるなら、あなたはあなたを快適にし、あなたをガイドする、あなたの自己の高次表現との常時接続を持つことができます。

もし物理的世界があなたのコントロールからあまりにも離れてしまったなら、そして特に、それがどのようなものであれ、あなたが与えられている状況から目を背けているなら、外界の混沌はあなたの内なる夢の世界と、日常生活の中にまで侵入してくるでしょう。そしてあなたは『悪い夢』を見るでしょう。それは実はあなたの内なる世界からの警告なのです。外なる世界が混沌の渦の中へとあまりに深く飲み込まれているということへの。

あなたの世界の中で、特にこの『今』の中においては、あなたは混沌を避けることはできません。なぜなら混沌は変化に先行し、変化はあなたの物理的リアリティに大いに必要とされているからです。さらに言えば、この変化を作るためのあなたの『アイデア』のほとんどは、アルファ波とシータ波の、意識の高次状態を通してのみ、あなたの自覚の中にやってきます。

また、意識の高次状態はあなたの創造性を大いに拡張します。それは古い状況へのユニークな解決法をあなたに提供します。自分の創造性を受け入れ、日常生活の中に安全の感覚を作ることで、あなたは意識の高次状態へと移行することができます。その意識の高次状態は、幸せな、愛に溢れた多次元想念形態を作ります。

そういった想念形態はあなたの個人的ポータルであり、それはあなたが自らの思考と感情によって創造している高次世界へと続いています。目覚めたものたち、アセンションしたものたちにとって、それを創造することは喜びであり責任です。また、もっとも重要な事は、あなたの個人的なポータルたちを維持し続けることです。それは他の個人的ポータルたちとあなたのポータルを最終的に統合するためです。

意識をベータ波よりも上の、アルファ波やシータ波に保つことを学ぶプロセスの間は、あなたの個人的ポータルに集中することがベストです。私たちが『ポータルたち』といったのは、あなた方は皆、いくつかのポータルを持っているからです。多くの場合、ポータルたち、あるいは、想念形態たちとあなたが呼ぶものは、多くの異なったリアリティのバージョンへと流れこんで行きます。

ですから、あなた方は一度に沢山の物事/リアリティを体験することができるように、多次元意識を『ブラッシュアップ』する必要があります。まず最初に、あなたは三次元世界で、マルチタスキングへと拡張することが出来ます。それからあなたは四次元的アルファ波意識が三次元世界の中へと縫うように入ってくるのを受け入れることができます。

一度、あなたがある程度その能力をマスターすると、あなたは五次元的シータ波は意識を目覚めている間の物理的リアリティの中に引き込み始めることができます。これは高次リアリティへと続く『ポータルを開けるもの』としてのあなたの『任務』が開始されるポイントです。

ですが、シータ波意識は通常、監視意識による固定具を緩めるのに十分なほど守られていると感じられる中での瞑想や創造的活動によってのみアクセス可能です。あなたの現在の『今』の中での物理的世界は安全ではありません。

さらに言うなら、混沌は常に変化に先行するため、混沌の3Dと4D想念形態を、淀みのない3D、4D、5D想念形態から区別する必要があります。幸運なことにすべての想念形態はメンタル的、感情的な響きを持っています。

ポータルを開くという奉仕を真剣に始める前に、あなたの意識の中に流れるあらゆる想念形態の響きの感覚を識別する方法を思い出す必要があります。いくつかの想念形態は、あなたが対応する必要のある何かの義務をベータ波によって思い起こさせてくれるリマインダーです。

あなたはそういったベータ波想念形態のせわしないフィーリングを認識する必要があります。またあなたは、『今』の中であなたを呼んでいる物理的な仕事に対応するために、そのポータルを開いて応答する必要があります。一方、もしベータ波想念形態が恐怖に共鳴しているなら、無条件の愛を送り、それをあなたの意識から解放するという選択をするのがベストです。

もしその想念形態に『3Dの義務に対応してください』という構成要素があるなら、それを無条件の愛が、三次元を取り囲んでいる習慣となった恐怖から分離します。それによって、対応するようあなたが求められている行動が明らかになります。そしてあなたは、日常的ですがいまだ必要なその仕事に対して『ありがとう』ということができます。そしてその『温かい想念形態』を、変容のために、五次元へと送ることができます。

3D想念形態に対応したら、すぐにそれを変容することが重要です。あなたはこの行動を、プレゼントの包装紙や、支払いの封筒や、物理的生活のための他の三次元的な日用品の容器をリサイクルするのと同じように行います。3Dのお金の請求に支払いをしたり、3Dの食べ物を食べたり、3Dのゴミ箱がいっぱいになったりすると、あなたはガイアという惑星を汚すことのない変容的な方法でゴミを出します。

実際、ますます請求書はEメールで送られるようになっています。私たちはリサイクルバッグをスーパーに持って行きます。いらない服や他のいらない物を入れることができる回収容器を外で見つけることができます。こういったことは五次元がゆっくりとあなたの物理的リアリティに忍び寄っているサインです。面白かった記事を友人にシェアするために保存するのと同じように、あなたはあなたの大切な想念形態/ポータルを人にシェアするために保存することができます。

あなたがベータ波意識をアルファ波意識とシータは意識に拡張するにつれて、あなたは3D想念形態/ポータルを、多次元想念形態/ポータルへと置き換え、変容しています。あなたが自分の経験を人にシェアするとき、あなたは自分が、真の多次元セルフになる準備ができていることを自分自身に証明しています。

最初に、あなたはあなたの個人的なポータルを、あなたが愛し信用する人にシェアします。次にあなたは自分の体験を人に匿名でシェアするかもしれません。そして最後に、それらのポータルが提供する深い保護をあなたが知るとき、あなたは自分の体験を人々の広範囲なグループに、オープンにシェアするでしょう。あなたが体験をシェアするとき、あなたの意識を恐怖を基礎としたベータ波の上、インスピレーションに満ちたアルファ波と多次元的なシータ波に保つことが重要です。

あなたのアセンションへの道は、思考と感情を統御することから始まります。怒っている状態は、あなたがいまだアセンションしていないことを示し、それはあなたを被害者モードにし、意識を物理的なベータ波意識に低めます。怯えている時や、あなたのプロセスに対する忍耐を失っているときも同じ結果を招きます。そういった感情はあなたのベータ波的な、気をつけて見張っている意識を活性化します。

確かにガイアはアセンションしつつありますが、人類の何割かは退廃していく3Dマトリックスにおそらく残留します。アセンションはあなたが受け取る贈り物ではありません。アセンションは、猛烈にあなたの助けを必要としている他の人類との一体意識に参加することによって、あなたがあなたに与える贈り物なのです。

その過程の一部は、他の人への支援を通して、あなた自身のエネルギーフィールドのマスターになることです。このマスタリー(熟達性)を得る可能性は、ベータ波意識の制限内に住んでいる間は、わずかにもありません。アルファ波意識のみがあなたの気づきを四次元へと拡張します。

したがって、あなたは五次元的シータ波意識へとあなたの意識を拡張し、そしてその拡張というギフトを他の人とシェアする必要があります。アセンション意識というギフトをなぜシェアする必要があるのか、そうあなたは問うかもしれません。その答えは、個人性というコンセプトは三次元と低次四次元にのみ共鳴するものである、ということです。

地球に住む他の種族は人間が作りあげたような個人的意識を持っていません。ガイアの他の生物は、鳥も、魚も、クジラも『ひとつ』の群れとして働いています。ひとつの森の木、ひとつの集まった雲として働いています。

人類は惑星のアセンションの足かせです。なぜなら個人としての自分の生命を一人で引っ張っていく、ただ一人の人間は、アセンションのパワーを増幅することができないからです。それぞれの『個人』は意識をアルファ、シータ、デルタ、そしてガンマ波にまで拡張しなければなりません。

デルタ波意識は共感だけでなく、多次元的知覚への接続と相互作用にも関与しています。これらの脳波は、あなたの統合と手放しの能力に関与しています。デルタ意識に入ることは、車を運転し、ギアをファーストギアにシフトするようなものです。ファーストギア(デルタ波)で車は早く進むことはできませんが、コントロールは最大になります。

デルタ脳波は奇跡的治癒、聖なる知識、内なる存在と個人の成長、再誕、トラウマからの回復、宇宙との一体化、サマディ、臨死体験に貢献しています。デルタ波は深遠な直感、エンパシー的な同調、本能的な直感を提供します。

あなた方が意識の状態を他の人と融合するとき、同調化の力によって、あなたの共鳴の高次状態をあなたはシェアします。この融合はあなたの集合意識があなたのデルタ波とガンマ波意識を経験することを大いにアシストします。統合意識のフルパワーに共鳴するためには、個人的統合から、集合的統合、そして惑星的統合へと意識を拡張していく必要があります。

ガイアの地球を取り囲む惑星的統合を想像できますか? その惑星的意識のメンバーは、彼らの意識の高次状態によって開いた多次元想念形態/ポータルを保持し、維持し、共有しています。この無数のポータルが、どのように互いに織り合い、ガイアの多次元的マトリックスと結びついているのかを知覚するため、今、あなたのイマジネーションの偉大なる力を使ってください。

そして私たちのあなた、アセンションしているあなたは、ガイアの多次元的想念形態/ポータルへと入って行くことができます。それは新しくオープンした、ガイアの多次元的、惑星的マトリックスの各グリッドに移住するためです。そのようにして、ガイアのアセンション中の人類の思考と感情によって創られた高い周波数の想念形態と共に、私たちは惑星的マトリックスの各周波数を高め、活気づけてゆくことができます。

ガンマ波は素晴らしい能力をあなたに与えます。それは知覚能力と、多次元想念形態/ポータルに入っていく能力です。ですがまず最初にあなたはガンマ波意識に共鳴しなければなりません。私たちはガンマ波意識について議論するために戻ってきます。

祝福を、

私たちはあなたの銀河の家族

私たちはあなたです

翻訳:Tatsuhiko

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here