スザンヌ・リー

2015年5月8日

地球の多次元大学 – アルクトゥルス人と私たちの銀河の家族

翻訳:Tatsuhiko さん

Earth’s Multidimensional University – The Arcturians and Our Galactic Family

5-8-15

http://www.suzanneliephd.blogspot.co.uk/2015/05/earths-multidimensional-university.html

地球の多次元大学

Screen Shot 2015-05-27 at 01.07.26

アルクトゥルス人とあなたの銀河の家族

親愛なる読者の皆さんへ。

ブログをしばらく更新せずごめんなさい。私のコンピュータが壊れ、動くようになるのに今日まで時間がかかったのです。これは私にとってチャレンジングな時間でした。1990年代の初期から、書いた文章をすべてコンピュータに保存してきました。ええ、最近の文章はバックアップしていましたが、古いファイルは永遠に失われてしまった可能性があるのです。

最初、私は怒り狂いかけたのですが、アルクトゥルス人が「手放すこと」について語っていたのを思い出しました。だから、私は失うことへの恐怖を「まぁいいか。このぐらいで済んで良かった」に変容しました。そして、ほとんど恐怖の及ばないところに留まっていることができました。ですが、そのプロセスは何日も続き、私の信念は揺れ動きました。

そして一週間が経過したころ、私の耐久力と忍耐力はやせ細り、とうとう私は自分の中心から外れてしまいました。ここで私が言いたいのは、『ふいに雲が晴れ、アルクトゥルス人が私を助けてくれる』といったことは実際には起こらないということです。私のヒューマン・セルフはコンピュータを落としました。そして「私は何もかもを失ってしまったのだろうか?」という、とても長い三次元的な恐怖を体験せねばなりませんでした。

今、このことを振り返っても、まだ自分を裁かずにいるのは難しいです。ですが、その自由落下が起きた時に、「もし、大きなイニシエーションがあるなら、自分の身体ではなくコンピュータを通してそれを通過できて私はハッピーです」と高次元のリアリティに向かって言ったことを私は思い出しました。私は自分が健康なことをありがたく思います。そして、私は自分のエゴの死に直面していたのだと、私は今、はっきり理解しています。

あぁ、手放すべき、『レット・ゴー』すべき、もっと沢山のエゴがあることを私は確信しています。次回同じようなことがあった時、私がもっと穏やかで、冷静で、軸がぶれずにいられるよう私は望みます。私たちの古い世界が強烈な変化を始める時、私たちが『重要である』と考えるものが、私たちの人生から去っていくように見えるとき、あなたが自分を裁くことがありませんように。そんな望みとともに、私はこの体験をシェアします。

今朝、私は考えました。新しい『エネルギー天気予報』を受け取ったかもしれない。そのタイトルは『嵐に備える』だったかもしれない、と。ですが、もう一度、『レット・ゴー』すると、私はまったく違ったメッセージを受け取りました。

***

ガイアをアシストしている、私たちの、とても愛しいボランティアの皆さんへ。

私たち、アルクトゥルス人とあなたの銀河の家族は、今日、2015年5月7日に、親愛なるガイアを取り巻いているエネルギーフィールドについての私たちの知覚をあなたにシェアしたいと思います。スージルが彼女のコンピュータがクラッシュしている間、『浅瀬』で待機している必要があったのと同じように、沢山の秘密の変転が起きている間、すべての人類は『浅瀬で待っている』のです。

これらの変化は、『今このとき』の中で、地球の器を身につけている多くのボランティアの知覚範囲を超えています。それにもかかわらず、あなたの自己の高次元表現はこれらの変転に完全に気づいており、ゆっくりと、安全に、その情報をあなたに送信しています。

あなたが物事を理解するために役に立つものは何であるのか、そして、ただでさえ複雑で難しい3D生活をもっと混乱させるだけのものは何なのかを、私たちは高次の知覚によって認識することができます。必要な情報の全ては使用可能であることを、私たちはあなたに告げます。

あなたが必要なことのすべては、あなたの自己の高次元表現を意識的に受け入れるよう、あなたのアウェアネスを拡張することだけです。そうしたら、あなたは、あなたの多次元マインドの中へと、必要とする情報をダウンロードすることができます。私たちが『多次元マインド』と言う理由は、そのマインドは、あなたのための、光の言語、『ライトランゲージ』メッセージのすべてに対する『翻訳デバイス』だからです。

基本的に、ライトランゲージによるメッセージは五次元とそれを超えた場で生起するものです。地球の器を身につけているあなたが高次元の情報を受け取る準備ができていることを、あなたの高次元表現という意味の『あなた』が気づくとき、『ライトランゲージ・トランスミッション』があなたの多次元マインドへと送られます。

一度、このメッセージがあなたの多次元マインドへと送られると、高位四次元および/あるいは五次元へと、あなたの三次元意識が拡張するのを、あなたの多次元マインドは待ちます。あなたがこのトランスミッション(伝達)を受け取ることができるよう、多次元マインドは待っています。ライトランゲージによるメッセージの受け入れと共に生じる、逐次的な時間に基づかない翻訳プロセスが存在しているのです。

ですから、それらのメッセージを受け取るためには、あなたが3D意識に接続されている状態に意識的に留まっている間に、あなたは意識を高次脳波へと拡張するために何らかの方法で瞑想する必要があります。

あなた達はそのメッセージを深い眠りの最中に受け取ります。ですがそれはあなたが目覚めた時、忘れられてしまうか、大きく歪曲されてしまいます。だから、ライトランゲージのメッセージを、どのように意識的に知覚し、翻訳すればいいのかを思い出せるようになるには、あなたが眠りから覚めた時、できるだけ早くあなたの夢を書き出すことです。

なぜならあなたの象徴的な言語は、あなたの現在の物理的な肉体の経験と、記憶にもとづいているからです。あなた達は皆、自分の象徴的な言語を3D言語に翻訳する個人的な方法を持っています。

たとえば、水の主要な意味は、ある種の感情です。ですが、もしあなたが水泳を愛しているなら、溺れた事があって水泳を恐れている人と比べて、水というものについてまったく違った意味を持っているはずです。

換言すれば、『忘れられた』子供時代の体験も含む、あなたの人生のあらゆることに対する感情的なリアクションに、あなたがもっと意識的であるならば、あなたはもっと簡単に、ライトランゲージのメッセージを三次元的な思考へと翻訳することができます。

あなたの三次元的、逐次的な思考は、私たちがあなたに定期的に送信しているライトランゲージのメッセージを効果的に翻訳するためには不適切です。これら無数のメッセージを意識的に翻訳し、受信することができないために、あなたは孤独感や見捨てられた感覚を持つのです。

私たちは、三次元地球への勇気ある使者が、見捨てられた気分になることを望みません。それゆえに、私たちはこのメッセージをあなたに送っています。あなたの物理的リアリティの変化は、ますます速く生じるようになっています。『速い』というのはあなたの三次元的な物の見方によるものですが。

真実は、あなたの三次元的な世界が『変化している』というだけのことではありません。実際に起こっていること、それは、あなたの三次元的な世界が、その高次表現へと帰還しつつあるということなのです。私たちの親愛なるあなた、地上に降り立ったあなたは、ホームへと帰還しつつあるのです!

私たちは喜んであなたにもう一度、思い出させます。あなたは一度たりとてあなたの高次元リアリティから離れていません。時を超えたところから、あなたの多次元セルフは、あなたの多次元的な本質の火花を送り出し、降下させ、それを地球の器へと植え込んだのです。

あなたはその地球の器ではありません。あなたはその地球の器を着込んでいるのです。ですから、あなたのホームへの帰還は、あなたのクローゼットに行き、あなたの3Dの『服』を、あなたがそれとともに生まれてきた、あの素晴らしい多次元的なスーツに取り替えようと決心することによく似ています。

不幸なことに、3D生活のどこかで、あの『多次元スーツ』はクローゼットの中に失われてしまったのです。事実、それはあなたの子供時代のクローゼットに失われてしまったでしょう。私たちは、スージルが子供だった時、『部屋を掃除する』ための、もっとも簡単な方法として、彼女がクローゼットになんでも押し込んだのを覚えています。

ガイアをアシストするボランティア、私たちの親愛なるあなたは、ガイアが彼女のクローゼットを掃除するのを手伝うために、あなたの現在の、濃密な、3Dの器を身につけねばなりません。ご承知の通り、あなたは自分が望むどんな姿をも選ぶことができます。だとしても、クローゼットの中の混乱を作ったのは人間だったために、あなたも人間の姿を身につける必要がありました。

あなたの子供時代を思い出して下さい。きょうだいか友達が部屋を汚したとして、あなたはそれを自分が掃除せねばならないと感じたいでしょうか? いいえ、あなたはそうは思わないでしょう。なぜならあなた達の多くは他の人間が作った汚れを掃除したくはないでしょうから。それでも、それこそがまさに、あなたがボランティアとしてやっていることなのです。

この汚れを作った人間たちは彼らの自己の高次表現に接続されていなかったということをどうか理解して下さい。事実、その何人かはクローンであり、その他は『羊の皮を被った狼』でした。

私たちの親愛なる地球への使者であるあなたは、物理的な地球の器を『着込んだ』私たちの銀河のメンバーであり、天上の家族です。同様に、ドラコニアンや『他者を支配するための力』を求める銀河ファミリーのメンバーが存在しています。

彼らはあなたが地球の器を着込んでいるのと同じ方法で、地球の器を着ています。ですが、あなたは私たち『内なる力』の銀河、天上ファミリーに属しているのに対し、『他者を支配するための力』の銀河ファミリーに属している人々が存在しています。

あなたが気づいていようといまいと、三次元と低次四次元ではとても長い間、銀河戦争が争われています。この戦争はあなたの時代には終結していました。ですがドラコニアンの軍隊の多くが地球に戻った時、この戦争は地球の上に転送されたのです。

恐竜の祖先として、ドラコニアンは地球が彼らの家であると信じていました。最終的に、彼らは考えました。恐竜は『ガイアのリアリティ』の現サイクルにおける最初の居住者のうちの一つであったと。ガイアにとって幸運なことに、現在の『知られているリアリティ』に先行する、愛と平和が地球を統治していた沢山のサイクルが存在していました。

前に私たちが言ったように、ガイアはとても勇敢なソウルです。なぜなら彼女は、自由意志と分離の、二極性のオペレーティング・システムに基づいた惑星として存在するという偉大な挑戦を引き受けたからです。光/内なる力か、闇/支配の力かという二極性の中で生きることを選ぶために自由意志を持つことは、極端に異なったバージョンのリアリティを作り出してきました。

これらの異なったバージョンの生命形態は互いに戦い、互いに共存し、大いなる闇の時代と、大いなる光の時代を生み出してきました。『分離』は二極化されたリアリティの中で生じるがゆえに、それら闇の時代、光の時代は、支配された他者への力の時代や、自己の内なる力の時代という個別のサイクルとして生じました。

高次元からの私たちの視点によれば、光の時代の間、私たちはあなたと共に喜び、闇の時代にはあなたのアシストを試みていました。地球の人間としてのあなたは、ガイアの上に肉体を持つという選択をしました。なぜならそこでの生活の、とてつもない二極性は、あなたが光の中へと前進していくことを大いに促進するからです。

不幸なことに、あなたは闇の中で迷子になり、数えきれない生まれ変わりを『輪廻の車輪』上で費やすこともありました。あなた方の多くが知っているように、この『車輪』は終了しつつあります。なぜならガイアの三次元と低次四次元表現は、高次元へと巻き上げられるプロセスの中にあるからです。

ガイアの葉と花々の多くが、木から地面に落ちる前に、自分自身へと巻き戻るのと同じように、ガイアの低次周波数は、それが彼女の惑星へと落下してしまう前に、自分自身へと巻き上がるでしょう。原因と結果の3D学校は今、終わりを迎えています。

事実、地球の『二極性と分離の三次元学校』は、地球の『ひとつなるものとの統一を学ぶ多次元大学』へと変容しています。もしそう選ぶなら、あなたたちは皆、三次元学校を卒業し、多次元大学へと進学することができます。

ガイアは『自由意志』の惑星であることを思い出してください。それゆえに、あなたは『その教育過程に留まる』という決定をするための自由意志を持っています。三次元的な個人の中で『支配する力か、内なる力か』という学びを完了するという決定を為すための自由意志を持っています。ですが、そのような決定の果てには、他の惑星上の他の3Dマトリックスを探す必要にあなたは迫られることになるでしょう。

親愛なるガイアは、彼女の上に暮らす人間たちに、彼らが自分の多次元セルフを思い出すための『その時』を与えられるようになることを、長い間待っていました。彼女の植物たちは、自身の五次元表現へと変容する準備ができています。彼女の動物たちも、エレメントたちも、準備ができています。

もっとも重要な事は、ガイアの惑星ボディは、人類が原因のダメージ、彼らに『学生生活』を与えてきた惑星に対するダメージを、これ以上は耐えることはできないということです。親愛なるガイアが高次元セルフへと変容するのをアシストするために、彼女の上に留まることを選んだあなた方に、私たちは拍手を送ります。

あなたがガイアをアシストする一つの方法は、『独自性と自由意志をマスターすること』から、『ひとつなるものへ回帰するための統一意識をマスターすること』へと、彼女の『カリキュラム』を変容することです。地球への使者であるあなた方は皆、生活の様々な大変動に直面しています。ですがあなたは、自分が何者であるかを完全に思い出すための、あなたのコースに留まっています。

私たちはあなたに伝えたいと思います。それは『私たちも』、あなたが誰であるのかを覚えているということです。なぜならあなたは、その転生を始める前に選んだ道を歩いていて、探し求めていたものを見つけるだろうからです。なによりも、あなたは、あなた自身を見つけるでしょう。

私たち、あなたの銀河の家族は、このヴィジョンを私たちのハートに抱きます。

アルクトゥルス人と、あなたの銀河の家族より。

『今このとき』のために、この本を読んで備えよう。

アセンションについてのプレアデス人の視点

(アセンションについてのプレアデス人の視点、第四巻についてのメモ)

第四巻は他の巻の二倍の長さなので、あなたがよりよく情報を吸収できるよう、私たちはそれを二つの本に分けました。もしあなたが持っている四巻が400ページのものなら、あなたが持っているのは古いバージョンで、あなたはそのシリーズの最後まで持っているということになります。ですが、もしあなたの本が200ページのものなら、五巻へと進んで下さい。それは『リアリティが変化する』巻です。どうもありがとう。

翻訳: Tatsuhiko

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here