スザンヌ・リー

2015年7月22日

故郷からのメッセージ――光の言語を読むことを学ぶ/思い出す

翻訳:Nagisaさん

Messages from Home – Learning/Remembering to Read Light Language

July 22, 2015

http://www.suzanneliephd.blogspot.co.uk/2015/07/messages-from-home-learningremembering.html

故郷からのメッセージ

Screen Shot 2015-08-29 at 22.40.27

光の言語を読むことを学ぶ/思い出す

あなた方の多くは想念形態とエネルギー・パッケージを知覚し始めています。 あなたの透聴(聞くこと)、透視(見ること)、超感覚(運動感覚 性)能力はオンラインで来ます。今、着信しているこれらのスキルによって、あなたは光の言語を知覚し、受信し、解釈することが出来るよう に準備をしています。

このように、私たち(アルクトゥルス人、エレメンタル(四大基本元素)、天使、内部地球の存在)は光の言語を通してあなたに話すことが出来るでしょう。誰かが光の言語であなたに話しかける時は、それは完全な情報のパッケージです。

私たちは、個々に、あなたのための特定の情報だけでなく、一般集団のための情報も提供します。これはあなたがあなた自身の高次の『自己』を知覚し、心 を交わすことが出来る時に、あなたのために手助けを創造します。

あなた方『全員』が持っている生来のスキルを、あなたがひとたび思い出すと、心を交わし、高次自己を知覚できる他の者たちと共に集まること を、私たちはあなたにお願いします。その時に、私たちのアルクトゥルスの回廊に入ると、それは今、ガイアを取り囲んでいますが、あなた方はあなた方の高次元の 自己のすべてがお互いと、そして、あなた方の地上での表現のすべてとひとつに結合する、集合的エネルギー・フィール ドを創造するでしょう。

チャクラはあなたの光の言語を解釈する部分です。光の言語はある種の色と音 色を持ちます。色と音色のそれぞれは特定の光の周波数に振動します。チャク ラの各々も光の特定の周波数に振動するので、チャクラは“アルファベット”と “翻訳装置”としての役目を果たします。

いずれは、あなたは光の言語をあなたのチャクラ・システムを通してどのよう に解釈するのかを思い出すでしょう。私たちは“思い出す”と言います。このライトボディ・システム(あなたのチャクラ)を用いてのコミュニケーション・スキルは、あなたの高次の自己にとっては当たり前のことだからです。

各チャクラはある特定の領域の神経系(脊椎と脳)、内分泌系、重要な神経叢に相当します。あなたの高次元の意識は、時を超えて、『今』の中で、すでに受信し、解釈し、統合しました。

あなたがあなたのチャクラ・システムと調整されている状態になると、あなた の意識はすぐにより高い周波数の脳波に拡大します。次に、ただその光の言語 を“受信”し、“翻訳”するのではなく、ただそれに接続し、エゴを手放し、あなた の中に次元間の情報が入って来るのを“許します”。

この光の受け取りは忙しい一日の中を通して何度も起こります。私たちは皆、高次の『自己』と常に交信していますが、3Dの生活の中であまりに道に迷うので、定期的に私たちの中に流れ込む素晴らしい光の言語のメッセージに“無意識”になります。

チャクラがバランスが取れていて、連携している程度があなたの意識を高め、あなたに意識的に光の言語を知覚させます。ひとたび光の言語を受信することに熟練すると、それはますます高い周波数/次元から、あなたに来始めるでしょう。

光の言語を“読むこと”は、実際には、あなたが“『故郷からのメッセージ』”として特定できるようになった、ある種の肉体のセンセーション、感情と思考 に、意識的に関心を向けることを選択しているということを意味します。

あなたは3Dの言葉が提供するよりも高い周波数を用いて、光の言語を“読んでいる”でしょ う。光の言語は“情報の包み”として着信します。あなたはそれを解釈 するというよりはむしろ、情報を自分の中に取り込むので、あなたはあなたが自分の中に取り込んだものに『なり』ます。

忘れずに、一貫して、受信し、これらの光の言語のより高い周波数の中に身を委ねると、あなたの意識はこれらのエネルギー・フィールドを辿り、ますます高くなる周波数の現実である源へと戻ります。

あなた自身の自己の中心部を詳しく調べて、あなたがこの情報に対して準備が 出来ているかどうかを見て下さい。もし、この情報を『受け取る』準備が出来ているのならば、それを『実践する』準備が出来ていますか?

翻訳:Nagisa

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here