闇プラス光=ワンネス(一体性)~セイント・ジャーメイン(サン・ジェルマン)
2013年1月16日 アルーナ経由

運命のトランプがプレイされる時、誰が闇だったのか、そして誰が光だったのかを、私たちは知ることになります。しかしその時までは、その環境の私たちのドラマはもっと多くの注意を得なければなりません。私の弟子達の誰もが、繋ぎ止められた光についての意識なしには生きられません。しかし、今そのドラマは新しい方向ではっきりされなければなりません。

私の弟子達は、いかに50/50 光/闇 のバランスが変えられるものではないことを、理解しません。一つ多く、プレイに入って来ると、他がより明白になります。そのようなものすべてについての概念通りに一旦その光が「Oneness Now(
今、一体性)」を得れば、そのようなすべては One (一つ)、およびキリスト意識になり、それから、人がこの状態で明らかにし続けなければならない性格の密度を決定します。ワンネス(一体性)意識はワン(一つ)ではありません。たった一人の人間において ー それは、すべてに含まれる、一つ(One)の同じ意識です。一つの意識がプレイし続けるゲームを管理する性質において、闇と光の量は合計50/50で共存します。神の創造物のすべては、これらの正反対のどちらか一方だけでなく、思いつかれることが可能なすべてを運びます。したがって、3D(3次元)におけるドラマを作る為に、私たちは、双方をお互いに対抗させるすべての決定において、どちらか一方を救い出す/やっつけるというよりも多くの要因の上で決定する必要があります。

複数の体はこれらの詳細を決定しません。ただ天然のワンネス(一体性)だけが決定します。新しい世界を作るための一つの神、一人の人間の選択、そして一つの状態 ー ただその状態だけが新しい世界を作ります;意識があなたの唯一の選択製造機になります。そして、これが起こり、より多くの明快さを望んでいる人々によって、彼らの精神コンテナ(容器)においてワンネスは選択され得ます。

One(一つ)における平和は、一方にはネガティヴィティー(否定性)を意味します。あなたの正反対はあなたの変化で常に変わり続けます。より多く闇を加えると正反対がもう一方で現れます。これが意味するのは、二元性は減少せずに、増殖し続けるということです。そして、ドラマは常に対処するべき問題になるワケです。どなたか、光だけになれる方は ー おられますか、進んだ人?なされている選択がない場合にのみ;ワンネスは中立です(一方に味方しません)。

ハートがそれを受け入れることが出来る時、ますます多くの闇を寄贈する者達とますます多くの光を寄贈する者達の間に、違いはありません。私たちはもう一つ別の未来への扉を開くことが可能です。白と黒が正反対と考えられることがない時、それらはall that is(それであるすべて)の愛になりました ー 別の次元の構成概念です。あなたはどちらを切望するのでしょうか;光であることか、あるいはそれであるすべてによってOne(一つ)であることか?これを、また闇によって一つであることも含めて、良く検討してください。

私は私である者
高次元マスター セイント・ジャーメイン(サン・ジェルマン)
Alunaによるチャネリング

http://comptedesaintgermainsblog.blogspot.jp/2013/01/dark-plus-light-oneness.html

翻訳 ソウルカメラ

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here