ご機嫌なニュースではありませんが〜セイント・ジャーメイン(サン・ジェルマン) 2012年7月30日

何が起こっても怖れることなかれ、というのが今日の私のメッセージです。多くのドラマがやって来つつあります。既に起動したことを阻止出来るものは何もありませんし、それ自身の調和(合意)でやって来るものについて、私達はぎゃあぎゃあ叫びたてることはありません。精神活動というのは混沌を造り得るので、自身気を落ち着けることが出来て、周りの人々に気を落ち着けるようにたしなめることが出来る人であってください。

出来ることならば、自分の執着の数々から自由になってください。破壊を志す男女からは離れていてください。ハートを開いた人々のところにだけ留まってください。困難(非提携な活動)の真っただ中にいる間に正気を保つための一服の鎮静剤として、共同体意識が必要とされます。

大量破壊のニュースはあなたの意識から抜き取られなければなりません。あなたのマインドは、それが死と破壊の憂いについてアレコレぺちゃくちゃしゃべる一方であなたが破壊されたがっている、それ以上を破壊してしまう場合があります。全部に立ち向かってください、そして、恐れに自分の健康と他人の健康を破らせないでください。愚痴を言わずに、可能な最高を尽くしてください。あなたの注意を必要としているどんな詳細であろうと断行してください。

私は、それは今あなた方の地域に移りつつあると申し上げますが、別に暗闇を呼び込んでいるわけではありません。暗闇が現れる度にそれを適度にあしらうことによって幸せであることを、私達は全員に望みます。必要とする答は、信頼できる手法だけから集めてください。自分自身の内側に入って導きを求めてください。あなたが「ネガティブな支配者達」についてとるどんな姿勢もキャンセルして、こうした支配者達によって造られた状況についての、鈍い、否定的な思考に基づいた行動はこれ以上しないでください。あなた方が共有出来るような信用に足る構想はありませんから、起こっていることについて何か言うのは控えてください。今重要である唯一のものは、あなた方がするように求められる気遣いです。

支配者達がその攻撃を止めるのは、彼らが取り巻き連中の周到なネットワークを獲得した国々の完全支配を彼らが謳う時です。米国はこれらの国々の一つに過ぎません。米国のみならず、ヨーロッパの大半とオーストラリアが同様です。ロシアは異なるネットワークを持っており、彼らの支配下にはありません。ヨーロッパは破壊の地域が速くやって来ており、大部分は間もなくその連合から退けられます。次の月(8月)に、ヨーロッパ、特に、貨幣が既に、支配管理された当局陣営にある南部地方の国での、多くの障害について耳にするでしょう。

気遣いが自然な形で始まらなければならない:「母なる地球」の子供達全員が平等であり、特権階級や犯罪者によって支配されることになっているというわけではない、というニュースを伝達してください。ヨーロッパ大陸を四分の一程削って、残りに含まれる本土に、果たしてどれくらいの数の支配者達がいるか見てください ー 一人もいません。残されるものは、支配に関係する者を一人も含みません。*NEヨーロッパが、移るべき次のエリアです。

(*訳注;NE Europe: 不明:Northern East 南東?)

南アメリカのますます多くの国々が、ヨーロッパ大陸及び北アメリカ(含むカナダ)で起ころうとしていることについて、「ノー・コメント」モードになっています。それらの界隈でのようにばかりでなく、全てを精力的に成し遂げる、「母なる地球」の大運動が生じます。あなた方への私のメッセージは、去るのではなく受け入れて、起こり得ることを心配しないことです。魂レベルでOKと見なされていない死が起ころうとしているわけではありません。このマントラを唱えてください:「たとえなにが起こっても、私たちは全員、行き届いた保護下にあります」宇宙神か自然霊に対する非難に入らないでください。全てには、それが受け持つべき荷というものがあります。空想は荷を増やすだけです。あなた方の実際のニュースを共有して、海千山千の詐欺師が今しも大衆に告げようとしていることは無視してください。目を覚まして、自分が耳にする何事も本当のことだと確信しないでください。全てが脚色です。はい、人々は死にます、しかし、その全てが奪われるわけではありませんし、死ぬのは、生きる人々のようには執着のない人々です。そうした生きる人々の一人であることは、困難な道になることでしょう。「地球学校」の卒業は、あなた方の大陸で常に起こることになる出来事の中でも最も複雑な構成を、あなたがどのように迎えようとしているか次第です。安全避難所であり得る場所はありません、唯一、覚醒意識の中心だけがそれになり得ます。 「私は私である者」であることが、覚醒意識の中心です。

自分の空想と対決するマスターであってください、そうすれば、現実の意識において自分の覚醒意識を継続することが出来ます。

私は私である者

高次元マスター セイント・ジャーメイン(サン・ジェルマン)

アルーナによるチャネリング

http://comptedesaintgermainsblog.blogspot.jp/2013/07/not-so-good-news.html

翻訳 ソウルカメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


LEAVE A REPLY