Screen Shot 2014-03-01 at 5.55.12 PM

下記の文書は2014年2月16日のものですが、今回も同じ手順で行われます。

***

テレパシーでのワールドワイド・ファースト・コンタクト・イベント

2014年2月16日

前書き:

この文書は、2014年2月16日に行われるワールドワイド・テレパシー・イベント を書き下ろしたものです。下記のように、地球外生物とのコンタクトを行う手順(『予備練習』と『注意深く耳を澄ます』)は、これからのあらゆるコンタクトのイベントの為の基礎となる物です。イベントでは無い個人的なテレパシーでのコンタクトにも役立つものです。

_______________________________________________

 こんにちは、そしてこの ワールドワイドな、大きくて、とてもエキサイティングなイベントに参加する 決意をして下さった皆さん、ようこそ!

また、大きな時差があるにもかかわらず参加して下さる皆さん、本当に有り難う!

*何故このイベントがそれほど重要なのか?

私達は今日、世界中からの参加者と共に、意識的に地球外文明とファーストコンタクトを 行う予定ですから、とても重要です!

これはつまり今日のイベントの参加者全員、一人一人が、はっきりとそうしたいと願うならば、後に私達の宇宙の友人達の中の一人と、個々にテレパシーでコミュニケーションする機会を持てるからです。

私達の宇宙の友人はこのユニークな形のイベントで私達に加わる為に、そして 私達に手を差し伸べ、そうして 更に大きなステップを踏んで私達に近づく為に、喜びに満ちて今日ここに来てくれました。

*このイベントに期待できる事は何でしょうか?

まず最初に、 見て頂いたビデオについて、そしてこのテレパシーでのイベントの背景についても、少しお話しします。

その後直ちに、このイベントのテレパシーの部分を始めます。

ここでは、まず 私がテレパシーでのコミュニケーションの理論的な面にいくらか触れてみたいと思います。そして、その後、この事は参加している皆さん全員にとっては、今日のイベントで最もエキサイティングな部分ですが、私達の地球外の友人とのテレパシーでのコミュニケーションを、実際上のコミュニケーションと、テレパシーでのコミュニケーションの二つの レベルで 皆さんと一緒に見て見たいと思います。

ここでのゴールとは、「参加者の一人一人に 、今日、テレパシーでコンタクトを経験してもらう」ということです。

*次の事が、ここでのテレパシーでのコンタクトです。

  1、個人個人が、おのおの意識的にテレパシーでのコンタクトを確立する。

  2、そして、メッセージの送信、受信。つまりテレパシーでの情報交換。

誰もが、例外なく、テレパシーで通信することができます。

この能力は、時と共に失われてしまいましたが、私達の宇宙の友人達がここでこのコミュニケーションの形態を再び見いだす手助けをしてくれます。

*まず最初に、今日のコミュニケーションへの参加に際しての言葉を少々。

まず、参加できるのは誰ですか?

答えは簡単です。何の決まりもありません。誰でも参加できます。

その後は、参加者全員が、「テレパシーでコミュニケーションする」と意識してはっきりと決意する必要があります。そうする事でのみ、テレパシーでのコミュニケーションは始まります。それは 宇宙の友人達は、私達個人個人の自由意志を尊重するので、合意無しには前へは進まないからです。

その時点までは私も一緒にいます。

彼等は相互のコンタクトを本当に楽しみにしていますから、私達もファーストコンタクトがどうなるのか、楽しみに待ちましょう。並外れていて、信じがたいけれども、皆さんは魅惑され、ワクワクしながらこのファーストコンタクトを経験することでしょう。

少し神経質になるのは当然です。宇宙の友人達は理解してくれます。そして 優しく喜びにあふれながら、私達のファースとコンタクトを共にしてくれる事でしょう。

コンタクトの試みが失敗する事はありません。皆さんがどんなやり方でしても大丈夫です。

私達が、素晴らしい、新しい友人を 家に招待していて、いつもそうしているようにフレンドリーに彼等を迎えている様子を想像してみるのも、役に立つかもしれません。 関心を持って迎えるのはここでも同じ事です。

世界中には私達の友人とかなり強力なコンタクトが取れる、とても優れたテレパシー能力を持つ人々が大勢います。ちょうど彼等が時と共にテレパシーの能力を取り戻し、ユニークなコンタクトの方法を進歩させたように、私もその中の一人なので、皆さんにも 同じ事ができるようにお手伝いします。

この指導書は、宇宙の友人達とのコンタクトを確立する為に、このイベントの後に単独で用いる事もできます。 全体のイベントは、YouTubeでそのまま続ける事ができます。f

ウェブサイトにリンクを表示しました。

コメントのリンクは:http://youtu.be/2ADEqiFGsg8 です。

* 何故今日、このイベントがおこなわれるのでしょうか?

先住民と彼等の文化の古い言い伝えと予言は、『星からの神々の到来』について語っています。 エリック・フォン・デニケンのような主唱者達は、彼等の長年にわたる研究の結果に基づいた物として、『神の復活』が私達の生涯に起きると予言しました。

常に「黄金時代」と、「人類の意識の同時跳躍」についての記述がありますが、私達は今、この新しい時代のまさしくその戸口にいる、と多くの文化的、宗教的な著書では、私達に向けて述べています。

*ここに来る前に見たビデオとこの事とが、いったいどういう関係があるのでしょうか?

ビデオは圧縮した形となって、人類のための新しい時代への変化の時について詳しく述べています。

振り返って見れば、人類は現在ビデオの終末と殆ど同じ時点にいると言う事ができ、強い浄化の嵐が実りの多く、素晴らしい新しい始まりを歓迎しています。

この変化は注意深く伴われています。高度に進んだ、平和な地球外の文明に同伴されている事が、ビデオでわかります。

平和を好む国際的な団体として、私達がアマゾン地域に住んでいる孤立した種族に接近することになったとしたら、と想像してみて下さい。私達は慎重にそして敬意を表しながら私達を認めてもらうようにし、最終的には彼等の前に姿を現します。私達の地球外の友人達も、巨大な宇宙社会の一端で、私達にまさしく同じ事をしているのです。

訓練されたパイロット、警官達または軍隊のメンバーさえ、長年にわたってUFO現象などを報告しています。これらのレポートによれば 地球外生命体は実際に存在するのかどうか、そして、地球上に彼等が存在することもありえるのかという事に及んでいます。結果としてはますます多くの人々が、勇ましくも彼等自身の経験と知識を広める為に勇気を持って 公開し、前に進み出ています。

例えば クロップサークルような現象は、ここ数年で増加しました。

その理由は、地球外文明はそれらを用いて、総合的なファーストコンタクトへと 注意深く人類に用意ができるようにしています!

*それでは、このイベントの主要な目的であるテレパシーのコミュニケーションを始めましょう!

今日、私達にてを差し伸べている地球外生命体は、長い間私達と共にいました。

彼らは何年も前に、一般の人々には気づかれずに、まず個人個人とのコンタクトを始めましたが、ここしばらくはグループ全体にコンタクトをし始めました。

例をあげれば、それは地球外の文明から、テレパシーでメッセージを受け取って、そのメッセージを人類に手渡すという、チャネリングをしている人々のことです。 これらのメッセージも大きく考えれば、ファーストコンタクトの準備の一部と見る事ができます。

*新しい段階が始まりました!

この段階では、全体としての 宇宙の友人達と新しいスケールでのファーストコンタクトが含まれています。世界中で公になってきています。

冒険に関心があるならば誰もが、おそらく人類の最も素晴らしい冒険を、個人的なファーストコンタクトをテレパシーを使って意識のある状態で経験できるかもしれません!

ある人から又はその他のチャネリングされたメッセージで、皆さんが聞き及んでいるかもしれないこれらの地球外の友人達も平和に満ちた宇宙社会の一員です。

好奇心を抱いたままでいて、彼等に驚かしてもらいましょう!

テレパシーについて少しお話しさせて下さい。

*テレパシーでのコミュニケーションとは何でしょうか?

テレパシーでのコミュニケーションは、考えや感情、知覚印象などの複雑な交換が可能になり、時空の制限は受けません。

テレパシーは意識のレベルで起こるのであり、身体に付属する物ではありません。

テレパシーでのコミュニケーションは、「個人の意識が意図するもの」に基づいているのであり、したがって特定の言語で制限される物ではありません。

この形態のコミュニケーションであれば、異なる種族間での、すなわち 意識が物理的な形態を持つものと、もたないものとの間の複雑な交換をも可能にします。

意識の上でのテレパシーは、動物または亡くなった人々とのコミュニケーション するための基礎となります。少し例をあげてみましょう..

「祈る」ことも又、テレパシーでのコミュニケーションの一つです。

*テレパシーは宇宙全体のコミュニケーションの基本的な形態です。

人間誰もが、さも無ければ優れている人々が、意識のあらゆる形がこの能力を持っています。

テレパシーでのコミュニケーションは、脳の右半球に元来備わっています。そこには、創造力と想像力、そして直観力も備わっています。 ですから、絵画、歌、ダンス、 楽器を奏でるようなどんな活動も、テレパシーでのコミュニケーションの能力の発達を促す事になります。

備考:

テレパシーでのコミュニケーションの間、受け取る物を分析したり価値付けたりすると、自動的に私達の脳の左半球に集中することになり、私達のテレパシーでのコミュニケーションの質を再び妨げます。そしてそのつもりは無くても、更なるテレパシーでの情報の受信に対する障害を構築します。

まずは評価する事無しにテレパシーで受けた感覚を紙に書き留めるのは良い事だと思います。そしてコミュニケーションが終わった後で分析して下さい。

*テレパシーとは、コミュニケーションを基礎にした「意思」のことです。

テレパシーをするという事は、もともと眠った状態での意思に基づいているのではありません。重要なのはそれを理解する事です。これはどういう事でしょうか?はっきりと理解してもらう為に次のような例を挙げてみます。

私達が、ケーキを食べたいとします。

ケーキ屋さんのカウンターの前に立ち、沢山のおいしそうなタルトやケーキを眺めますが、なかなか決める事ができません。

「大きな生クリームのタルトを一つ買おうかな?それともチーズケーキの方がいいかな?」

結局は喜んでチーズケーキに決めますが、チーズケーキを注文する、その事が、これがつまり私達の考える「意思」というものです。

感じの良い売り子さんに向かって、「チーズケーキを一つお願いします。」と頼みます。

それで、この場合は日本語で、注文をしたわけです。それについては記憶の中にある適切な言葉を探し、正しい構文と規則にかなった物を「お願いします」という言葉を添えて伝えます。

例えば、イタリアのケーキ屋さんにいるのを想像してみて下さい。そしてケーキを一つ食べたくなります。ここでも又、チーズケーキに決めますが、 もちろん正しい構文と規則に沿って、知る限りのイタリア語から適切な言葉を用いて、「お願いします」も付け加えます。

この例での重要なポイントは、

言語は異なっても、意図する物、意思は変わらない、ということです。

*テレパシーでのコミュニケーションのは、意図を自覚しているという事に基づいていますから、言葉に左右される事はありません。

もう一つ注意するべき重要な事があります。テレパシーでのつながりにおいては、感情や印象を込めた意思は相手にすでにもう届いており、 まだ質問や願いのような情報を相手に伝えることに考えを巡らせているうちに 、もう答えを受け取っているということが、起こる可能性も大いにあります。

始めは少々当惑するかもしれませんが、この先のコミュニケーションにおいてもこのようなサプライズはあると思います。

*『注意深く耳を澄ます』という事についてもう少し。

次のように想像してみて下さい。

あなたはリビングルームで椅子にくつろいで座っています。そしてゆったりと本を読んでいます。落ち着いた、静寂な心地よさの中で、読書に没頭しています。すると突然、後ろの方で「ガチャッ!」と音がしました。

このときあなたはどうしますか?誰だってこんな経験をした事があると思います。

あなたは直ちにてを止めて、音が生じた方向へ向いて、又その音がするかどうかという事に意識を集中します。違いますか?

そしてまさにその瞬間、というものが肝心です!私達は耳をそばだてます。

まさにその瞬間には、皆さんは受け身でいようとはしません。私達の思考は空の状態になります。

*まさしくこの瞬間の『注意深く耳を澄ます』事が、テレパシーでのコミュニケーションに必要な事なのです。

私達の思考が空の状態にあり、『注意深く耳を澄ます』事ができるようであれば、この瞬間に私達が受け取る情報は、外からのもの物に違いありません。ここでは、それはテレパシーで会話する私達の相手、という事になります

私達の地球外の友人達とのテレパシーでのコミュニケーションに移り、今日のイベントの実践の部分を始める前に、ちょっと休憩をしましょう。この休憩の間に、メモをする紙とペンを用意して、できるなら明かりも暗くしましょう。私は2分後に又戻って来ますので、、、。

(2分間)

そう、用意はできましたか?

書き取る為の紙とペンの準備もでできていますか?

明りも少し暗くしてもらえたでしょうか?

_______________________________________________

*『予備練習』

では、予備練習を始めましょう!

・ 背筋を伸ばして、リラックスした状態で座って下さい。

・ 目を閉じます。

・ 両手の平を下に向けて膝の上に置きます。

・ ゆっくりと均一な呼吸をして下さい。

・ 首の筋肉に注意を向けて下さい。

・ 頭を優しく左右へ回し、軽く前後にも曲げて、首の筋肉をリラックスさせます。

・ 肩の筋肉に注意を向けて下さい。肩を優しく上下にそして輪を描くように動かして肩の筋肉をリラックスさせます。

・ ゆっくりと、吸って、吐いて、、、均一な呼吸をしてください。

・ 今度は 足の裏に注意を向けて下さい。床を感じて、左に、、、右 に、、、かかとのソフトな圧力を感じて下さいあなたの肌に触れる 靴下の素材、靴の材質も感じて下さい。

・ ひざに注意を向けて下さい。 左に、、、右に、、、そして膝下の柔らかなクッションを感じで下さい。

・ 手の平に注意を向けて下さい。左へ、右へと、、、そして膝の暖かさを感じて下さい。指先でズボンや来ている物の素材を感じて下さい。ジーンズなど履いている物の材質を感じ取ってください。その繊維の一つ一つまでも感じ取って下さい。

・ さあ今度は、自身の静寂の中に注意を向けて下さい。あなたは素晴らしい花々で満ちた草原にいます。とてもよいお天気で、空は青く、考古値よい暖かさが、肌に染み渡ります。あなたは新鮮で清々しい空気を呼吸をします。スペースシップが、、、います。皆さんは微笑んで、このスペースシップに尋ねたい質問を頭の中に巡らせます。

・ 心の中であなたの望みを表現して下さい。そしてあなたが練った考え  をこのス  ペースシップへ送って下さい。

*『私はテレパシーを通じてあなた方とコミュニケーションしたいです』、、、、と。

今、あなたの頭に 最初に浮かんだ数字を覚えておいて下さい。

さあ、元の状態に戻って、ゆっくりと目を開けて下さい。そして

数字を書き留めて下さい。そして 何であろうと心に浮かんだ物を全て書き留めて下さい。

_______________________________________________

この予備練習は、テレパシーで受け取ったメッセージが、どのように感じるのかを皆さんにお見せします。

それは、とても優しく繊細な形のコミュニケーションであり、考えが心の中に入ってくるような感じです。

これが実際の、テレパシーでのファーストコンタクトです。軽くなったような気がしませんか?

ではさらに、『注意深く耳をそばだてる』事の方へと先に進みましょう。

このさらさらとした音をどうか心に留めておいて下さい。

(木の葉がたてるようなさらさらとした音)

聞こえてくるのは小さな箱の中の少しばかりの米粒の音ですが、、、。

さあ 、あなた方、個人個人の質問をどうぞ選んで下さい。そして又それを記憶にとどめておいて下さい。

尋ねたいと思うならどんな質問でも、かまいません。幾つか例を挙げてみましょう。

・ あなたは、どのスターシステムから来でいるのですか?

・ スペースシップを着陸させるのですか、そしてあなた方を公にするのですか?

・ あなたのふるさとは私達から何光年ぐらい離れているのですか?

・ あなたがどのような姿なのかテレパシーで送ってもらえますか?

・ 私が今受け取った数字にはどういう意味があるのですか?

・ あなたと再びテレパシーでコンタクトできますか?

などです。

今この2分ぐらいの間に、あなたがしてみたいと思う質問を2、3考えてみて下さい。

では2分程で私は戻って来ます。

[2分間の休み]

_______________________________________________

************

『実際のファーストコンタクトの始まり』

*『注意深く耳をそばだてる』

では実際にファーストコンタクトを始めましょう。あなたが注意深く耳をそばだてるられる状態になるまで、あなたが質問できるようになる時点までは、私があなたに付き添います。20分程したら、後ろの方で皆さんのお供をします。

・ 背筋を伸ばして、リラックスした状態で座って下さい。

・ 目を閉じます。

・ 両手の平を下に向けて膝の上に置きます。

・ ゆっくりと均一な呼吸をして下さい。

・ 首の筋肉に注意を向けて下さい。

・ 頭を優しく左右へ回し、軽く前後にも曲げて、首の筋肉をリラックスさせます。

・ 肩の筋肉に注意を向けて下さい。肩を優しく上下にそして輪を描くように動かして肩 の筋肉をリラックスさせます。

・ ゆっくりと、吸って、吐いて、、、均一な呼吸をしてください。

・ 今度は 足の裏に注意を向けて下さい。床を感じて、左に、、、右 に、、、かかとの ソフトな圧力を感じて下さい。あなたの肌に触れる 靴下の素材、靴の材質も感じて下 さい。

・ ひざに注意を向けて下さい。 左に、、、右に、、、そして膝下の柔らかなクッション を感じで下さい。

・ 手の平に注意を向けて下さい。左へ、右へと、、、そして膝の暖かさを感じて下さい。指先でズボンや来ている物の素材を感じて下さい。ジーンズなど履いている物の材質を感じ取ってください。その繊維の一つ一つまでも感じ取って下さい。

・ さあ今度は、自身の静寂の中に注意を向けて下さい。あなたは素晴らしい花々で満ちた草原にいます。とてもよいお天気で、空は青く、考古値よい暖かさが、肌に染み渡ります。あなたは新鮮で清々しい空気を呼吸をします。スペースシップが、、、います。

皆さんは微笑んで、このスペースシップに尋ねたい質問を頭の中に巡らせます。

心の中であなたの望みを表現して下さい。そしてあなたが練った考え  をこのス   ペースシップへ送って下さい。

*『私はテレパシーを通じてあなた方とコミュニケーションしたいです』、、、、と。

・ さらさらと米が立てる音を聞いて下さい… (さらさら、さらさらという音)

・ もう一度さらさらという音に耳を傾けて下さい。さあもっと静かになりました、、、(さらさら、さらさら)

・ あなたの心に入ってくる一番最初のものを、覚えておいて下さい。

・ スペースシップに思った事を尋ねて下さい。

   『名前を聞かせて下さい?』と。

*一番最初に心に入って来た情報を忘れないで下さい。

 そしてあなたの質問でコミュニケーションを初めて下さい。

(20分間に渡るETとのテレパシーでのコミュニケーション )

*あなたとコンタクトしてくれた存在に、有り難う、そしてさようならと言って下さい。

少しずつ目を開けて、経験して知覚した事すべてを 書き留めて下さい。

私は2分たったら戻って来ます。

(2分間の休み)

それでは、地球外の友人達との相互における私達のファーストコンタクトも終わりが近づいて来ました。多くの皆さんに取っては、おそらく非常にエキサイティングな経験、そして又非常に感動的な経験であった事と思います。

さあ、これからはどうなるのでしょうか?

他の人たちにはこのイベントがどうであったのか興味があるのではありませんか?

質問があるかもしれませんし、あるいはあなたの地球外の友人とコンタクトを続けたいと思っているかもしれません。

私達はこのイベントのために、専用のフェイスブック・グループを立ち上げたので、あなたの考えを 参加した他の人々とそこで交換することができます。

リンクは、このウェブサイトの一番下にあります。

私達も、宇宙の友人達からのフィードバックを受けながら、私達自身のコンタクト経験もそこに記載しています。

そこで会えるのを楽しみにします!

この大きなイベントに参加して下さって本当に有り難う。

素晴らしい日を、あるいはすばらしい 夜を、過ごしてください! では又!

アルフレッド

Source: Alfred Steinecker – www.the-starpeople.net

原文: http://www.thestarpeople.net/content/Weltweites%20Erst

kontakt%20Telepathie%20Event%20-%20Februar%202014.pdf

 

 

LEAVE A REPLY