Screen Shot 2016-03-11 at 14.25.05

ディナールクロニクルニュース/新合衆国、GCR・RV、大統領選挙 2016年10月14日

http://inteldinarchronicles.blogspot.com/2016/10/solo-los-hechos-hondo-chavez-urgent.html
Dinar Chronicles Intel Update – Republic, GCR/RV, Presidential Election
By Solo Los Hechos

ドナルド・トランプもヒラリー・クリントンもUSA株式会社の大統領にはならないだろう。両方とも全てのことを正常にするための予め書かれた脚本の中で役割を演じているだけなのだ。これが選挙運動のレトリックがとんでもない方向に向かっている理由なのだ。これは全てがフィクションだ。

新しい、しかし実は歴史的な政府が戻ってくるだろう。これは the Republic of the United Statesと呼ばれている。

この国は全ての統治を行う建国の父たちによって書かれた憲法のもとに、1776年に創立された。

この新合衆国は11月8日以前に、非常にまもなく復権宣言され、新合衆国の選挙がまったく新しい候補者の間で競われるだろう。

世界金融改革(GCR)と通貨改革(RV)はそれぞれが209カ国の独立国家が署名をした国際協定(パリ協定)に従って実施される真の金融イベントなのだ。

二つのイベントは非常に大規模なので、このような広範囲の変革の安全な実施を保証するために、秘密裏に、慎重に、非常にゆっくりと展開されている。

世界中の全ての通貨価値はすでに再調整されることになっていて(日時は未知)、ロンドンに対抗する上海で日々価格調整される金供給と同調することを知ってほしい。

世界の通貨に関する真実とバランスはすでに更新され、今ハッキング不可能なコンピューターシステムでの公正な通貨プラットホーム上で運営されている。

この新たな権威ある新/旧合衆国用のディジタル通貨も2016年10月1日の深夜に静かに発行された。また、新合衆国政府の大統領、内閣、議会、およびまったく新しい最高裁判事も誓約の上で職に就いた。

突然ではあるが、新/旧合衆国の財務省は自身の権威あるディジタル通過で国内、国外の歴史的な債務の処置を任され、全てのT1(独立国家)とT2(政府)の両方の取引を行うに至った。これらの取引は私的なものであって公にはされていない。

その後、2016年10月10日(EDT)の深夜に、T3取引が新/旧ディジタル通貨による決済を許され、歴史的債権、法的支払い、原住民保障用の個々の支払いに充てられるようになった。これらの取引も私的なものであって公にはされていない。

最後に、2016年10月13日(EDT)の深夜に、T4取引が認められ、国内、国外の新/旧合衆国ディジタル通貨での支払いが許されるようになった。

これらの決済はまた、私的なものであり一般大衆レベルで数百万ドルに達したとしても、インターネットでの無税の番号での通知にとどまり、暫定的なオフサイトの場所での支払いに充てられる。

T4の支払いには、IQD, IRR, IDR, AFA, VNDおよび ZIM のようなファーストバスケットの評価換えが行われた通貨の私的交渉の交換(PNE)も含まれる。米国の国内的には、全ての収入は新/旧合衆国ディジタル通貨に変換されて支払われる。

無税の交換開始がいつかは、オフサイトでの交換を行っているウエルズファーゴにさえもわからない。つまり、全世界はスタンドバイ状態であり、今この時間にも世界での解放を待っている。

LEAVE A REPLY