ハッキングによって盗み見られた米国諜報大佐のEメールでは、ペンタゴンがシリアの化学兵器攻撃に関与していることが判明した  2013年9月2日
http://jhaines6.wordpress.com/2013/09/02/urgent-hacked-email-of-us-intelligence-colonel-shows-pentagons-involvement-in-chemical-attack-in-syria-the-video-with-the-children-killed-in-the-chemical-attack-near-damascus-was-staged-by/
Hacked Email Of US Intelligence Colonel Shows Pentagon’s Involvement In Chemical Attack In Syria Sept 2, 2013

シリアにおける情勢は、依然として世界のメディアの注目を集めている。専門家はもう一つの米国の”人権”侵害を予言している。ワシントンは定期的にシリア攻撃の準備が出来ていると公言している。高官は、アル・アサドとシリア軍が民間人を対象にした化学兵器の使用を罰するとの決まり文句を言っている。

一方で、メディアは、米国の諜報部隊のダマスカス近傍での化学兵器攻撃への関与の新しい証拠を示している。ハッカーが米国の諜報部隊の関与を発見し、米国陸軍大佐、アンソニー・J・マクドナルドのメールを公表した。

マクドナルドは、陸軍の諜報スタッフであり、作戦、及び計画オフィス副主任のスタッフディレクターである。

このメールは、シリアにおける化学兵器攻撃に関するものである。
ペンタゴンがシリアにおける化学兵器攻撃に関与している可能性がある。

8月22日のメッセージでは、ユージン・フルストが大佐の作戦の成功について祝い、シリアにおける化学兵器攻撃についての彼のワシントンポストの記事について述べている。

アンソニーの妻と、彼女の友人との会話では、ダマスカス近傍で殺害された子供の様子を撮影したビデオが、明らかに米国の諜報部隊のたくらみによることが明らかである。

更なる詳細は、http://syrianetwork.org/?p=2140を参照。

翻訳 Taki 

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here