ハトホル世界瞑想に参加する前に以下のメッセージを読み、ワークを行なっておくと当日後効果があるとハトホルの助言です。
 ハトホル・プラナタリーメッセージ
可能性の珠 The Sphere of All Possibilities
Tom Kenyon
このメッセージでは、3次元だけでなく他の次元でも結果を出す方法についてお話しようと思います。この方法は幾何学と意識の本質の基本を理解することです。幾何学図形の多くが情報を運びます。ここで一番簡単で、一番効果のあるものを取り上げます。
実現することについて先ず理解しておくことは、すべての行為にはその反対があるということです。それは二極性に依るからで、そこを抜けだすと高次の意識、最早二極性のない意識になります。今回お伝えする方法は3次元に新しい現実を創造する方法ですので、二極性が対象になる要因です。
もう一つの重要な側面は、害をなすことへの警告です。この原則で否定的な結果からあなたを守ります。簡単に言えば、自分にも他の人にも危害を加えないということです。ここでは3部に分けてお伝えします。最初は実現の幾何学についてです。
2番目は、意識の非二元的状態と高次元と一体になる方法についてです。この2つのパートは今年10月始めに完成する予定です。今回は、「新しい種をまく」というタイトルのハトホル・インテンシブ期間に行われる世界瞑想の準備のためです。(2012年11月4日
この情報の3つ目は、時空に非二元的意識と結果を生み出し、一つにする方法です。この知識は今年12月1日の前に公開します。
皆さんは個人としても全体としても宇宙の交差点にいます。2012年12月21日のアラインメントは新しい波動に入ると予告されています。この時、世界が終わるとは考えていません、世界は変わるのです。
ここでお伝えすることは、皆さんが自分のためにも人類のためにも新しい現実を創りだすことを目的にしています。この方法はその創造のプロセスを大いに促進します。皆さんが感じているように時間が加速しているので、この方法が大いに役立つものと信じています。
方 法
ここで、チャクラの一つに意識を向けます。実現の観点から、意図、意識、エネルギーを一つにすることが秘訣です。一般的に言って殆どの人は太陽神経叢に意識を集めてやります。そこは意志と個人の力が集中する箇所です。
また他のチャクラでも試してください。ハート、喉、第3の目、クラウンです。殆どの人はクラウンチャクラから現実が生まれることは矛盾することだと思います。つまり、この意識の場所では目にする現象は全て幻想でありながら、現象を越えやすい地点であるからですが、このチャクラでやる際には何かを生み出すという固有の願望を特定しないチャクラがここです。目的は3次元に結果を出すことですが、大体の人は太陽神経叢が最も効果的だと考えるでしょう。
おへその後ろにある太陽神経叢に意識を置き、その中心に宇宙のボール球があるとイメージしてください。このイメージのボール表面には無限の数の点があり、「すべての可能性の珠」と呼ぶものを活性化します。
新しい現実を創造する難しさは、今の現実が全てだという信念です。それで感覚が閉じられて今ままでの見方と外界の条件に縛られるのです。無限の可能性がある球体をイメージすることでその殻を壊します。新たな可能性と新しい現実が期待できるのです。
次に、選んだ現実に生きている自分をイメージしてください。何らかの対象や状況を実現する場合、自分がその中にいるとイメージしてください。自分の能力だったり性質の場合は、そのような力を身に着けていることをイメージしてください。そのように、快く感じられる将来の自分を離した所にイメージしてください。殆どの人は30センチから1メートルくらいの所にそのイメージしたものを置きますが、将来の自分との距離は問題ではありません。心よく感じられる所に置けば良いのです。
次に、太陽神経叢から将来の自分の太陽神経叢にコードが伸びているイメージをしてください。コードか線でつながるイメージのまま、「無限の可能性の珠」を呼び出して、静かにあなたの意図が生き生きするようお願いしてください。静かに意図することは、あなたの意志が動き出します。何かを口に出して言うことはありません、静かに意図してください。言葉もアファーメーションもいりません。あなた個人の意志が動き出して宇宙の力を意図に繋げるのです。すべての可能性が、意識というまさにその性質自体の力によってあなたに繋げるのです。
目の前に将来の自分を感じてその太陽神経叢が線で繋がり合いながら、ただ意志を動かすのです。意志を動かすというのは、意志がどこかに行く、移動するということではありません。固定した動力発生装置のようなもので回転しながら、その珠からエネルギーをどんどん引き寄せます。そういうイメージです。意志が静かに動き出すのに言葉はいりません。意図と期待の2つ、そして、あなたが将来の自分と繋がることで「可能性の珠」はあなたにエネルギーの線をお送りだします。
この時に、球体表面の多くの光の点がエネルギーを放ち、あなたの意図と繋がります。球体の光の点とあなたの太陽神経叢がエネルギーの線になります。その数は数十から何千という数線が太陽神経叢に繋がります。エネルギーが増大して将来のあなたに線伝いに流れていきます。
これが新しい現実を活性化します。将来の自己はその時にいわゆる「磁石」になります。毎日これを続けると将来の自己を益々引き寄せます。その結果は多次元に及びます。一つに、大脳神経系に新しいネットワークを創り、神経を通じて新たな現実が生まれます。この磁石はひらめきや「予期しない偶然」をも生み出し、思いもしなかった人や状況、機会を引き寄せ、新たな現実創造を促進します。
 
磁石・将来の自己の加速
この創造に対して感謝すると益々新たな現実が加速していきます。これは、今の自分の太陽神経叢と将来の自己との間にエネルギーが流れる時に感謝の念を伝えるということです。将来の自分を感じ、その現実で生きると、今の人生に感謝の念が湧きます。創造のマトリックスに感謝が加わると、それが意図を大きくします。
感謝と創造については非常に内容のある話です。将来それについて取り上げようと思いますが、ここでは込み入ってきますので立ち入りません。人間の意識に関して言えば、神経学的リアリティと外界の創造の触媒になる最もパワフルなものは、恐怖か愛です。人類全体には恐怖があり、それがコントロールしたり現在と将来を操る方法に使われてきました。愛、この場合感謝ですが、外界の現実を創造するパワフルな方法です。二極性は人類の歴史がそうでしたが、実に探求するに値する分野です。
では、もっと進んだ段階に入りましょう。高度なテクニックを使うことが出来ないとしても心配いりえません。基本的方法ですぐに結果が出ます。高度なテクニックはこのプロセスを更に進めます。
実現したい世界で何かをしなければなりません。行動を起こすのです。3次元で変えたいことがあれば、この方法を学んだ後、生活の中で望む結果につながる行動を取る必要があります。多分、望んでいることについて情報を得たりすることになるでしょう。あるいは、生き方を変え、やり方を変える必要があります。
別次元の意識のことであれば、その次元で行動を起こすことが必要です。今回ではなく、今後その件についてやり方をお伝えしましょう。基本的なことは、どの次元世界の意識でも新たな現実を創造するためには、そこで行動を起こさなければならないということです。
 
上級テクニック
上記の将来の自己を活性化した後、今の自己から将来の自己像に変わってください。意識を肉体の自己から将来の自己に正確に移すのです。将来の現実を経験することになります。将来の現実を十分に感じる時は、将来の地点から今の肉体を見てください。これをやると、2つの現実がひとつになった振動を感じるようになります。まるで将来の自己のエネルギー波が現在の自分のエネルギー波とぶつかるような感じがします。
将来と現在の自己の波がぶつかる地点が虚空を生みます(正確には「空域」)。そしてこの虚空で、実際に今の現実がすぐに将来の現実にシフトします。意図と目的によってあなたは時間軸を飛び越えたのです。どうか、「時間軸を飛び越える」という以前のメッセージをお読みください。そこで上級テクニックをもっと説明しています。この手法は個人の願望を叶えるためですが、希望としては11月4日の世界瞑想で使用します。そこで人類に望ましい現実の種を蒔きます。
世界瞑想に参加する準備として指示書を10月1日に公開します。
皆さんは新しい現実の種を蒔く人です。意識してもしなくても種をまく人です。これを伝える私達の意図は、人類の素晴らしい将来の可能性を広げることです。世界瞑想でのシアトルのワークショップ、あるいは遠方にいる方でも、世界瞑想の前に今お伝えしたこの方法を自分で試してみてください。変えたい望むことを選んでください。そして毎日実行してください。
一日1回やってみてください。どうなるのかを体験してください。この方法の効果を直接やって理解してください。すると、この方法をマスターして他の人に役立てるようステップアップできるでしょう。この手法を練習してマスターしていただきたいと希望します。
 
The Hathors
August 18, 2012
翻訳 ライトワーカー マイク
http://lightworkermike.wordpress.com/2012/10/28/spheresofallpossibilitiesbuhathor/
 

LEAVE A REPLY