バイバイ米ドル、ハローSDR  2013年3月1日

http://nesaranews.blogspot.hu/2013/03/bye-bye-dollar-hello-sdr.html
Friday, March 1, 2013
BYE BYE DOLLAR HELLO SDR
William Mount

米ドルは消え去り、SDR(特別引き出し権)に置き換えられようとしている。

最近のG20の会合で、ウラジミール・プーチンがG20の議長に選ばれた。この遷移を保留させていたものは、米国と国連を所有しているIMF、バチカン銀行信託とバチカン銀行が、今までG20との強力を拒んでいたという事実であった。

法王が自身の犯罪裁判の中で国家的証言を覆したことから、バチカン銀行のアクセスコードがBRIC諸国に漏れた。このことによって、バチカン銀行は180カ国のBRIC国家グループと協力せざるを得なくなった。

IMFは今では、G20と新しい世界的なドルであるSDRの設計に協力せざるを得ない立場になっている。この再設計は世界経済を軌道に戻すための試みとして行われるだろう。

社会保険は死亡保険金だと言った、IMFのその女性理事長が、世界の基金の安定化のためにIMFが自由に出来る緩衝資金として1兆ドルを要求している。

無法者たちのためにもっと多くを供給しようとして借入れ金に頼っている米国の連邦予算の成長率(過去4年間には14%、今年は10%)は世界を唖然とさせた。3月に始まる隠蔽では、予算の成長率が14%ではなく、10%にしいる。

ロシアが主導する財政安定化委員会(FSB)が、世界経済を安定化させる旅を始めてから、世界に如何にして新しいSDRドルを溢れさせるかの方法についてはいまだに模索中である。

今では、IMFは、米国、国連、及びバチカン銀行とともに、この新しいFSBの援助の傘の下にある。

別の言い方をすれば、世界は、バチカンではなくロシアによって導かれようとしている。ロシアの世界の感知法は、米国におけるそれとは全く異なる。富める者、貧しい者、引退した軍人のように観察の対象になる者がいる。

これがどの程度迅速に行われるかはまだ決まっていないが、それが起きる時には一気に急速に行われるだろう。

ひとつ確かなことは、新しいSDRは米ドルとは違う、ということだ。これは全ての物価が上昇することを意味する。

世界中の軍事記録を売ってくれてありがとう、VAディレクターよ、今年はあなた方もそのおかげで5百万ドルのボーナスがもらえるでしょ。これが、米国コーポレーションとの取引がある全ての企業のアクセスコードの信用を失わせた。あなた方はジェスイットを売った。あなた方はカソリック教会、バチカン銀行を売ったのだ。

翻訳 Taki  

LEAVE A REPLY