Screen Shot 2015-11-22 at 10.19.08

パリテロ事件の犯人はシリアで戦い、イスラエルで訓練された者  2015年11月20日

NOTE: 以下の記事はレバノンのジャーナリストであり、文書、情報管理センター長であるHosein Mortadaから受け取ったものである。

Hosein Mortada は11月13日土曜日の他のメンバーと共にパリテロ事件に加 わった一人についての詳細を伝えてくれた。この男の名前はAbo Talha Al Jazaeri (Aljazaeri はアルジェリア人、を 意味する).

フランス国籍のAbo Talhaは、パリテロ事件に加わった他のメンバーと共に、イスラエル占領地である ゴラン高原で訓練を受けた。

このパリテロ事件に加 わったすべてのテロリストたちはヨーロッパ籍で、以前は シリアのAl Nusra前線で戦い、その後いわゆるISIS(シリアにおけるイスラ ム及びレバント国)に加わるために Al Raqqaに移った。

最後に彼らは Quneitra、 Daraaに行き、最後の場所は シオニストに属する Bait Zorahという イスラエルのBait Zorahで、そこでイスラエルの諜報機関であるモサドによる訓練を受けた。

彼らはパリ事件の数か月前にここからフランスに送られた。

ここでの疑問は以下の通りである。:

このようなテロリスト グループがスタジアムやコンサートホールのような場所での保安検査を外国の諜報機関の支援なしにどのようにすり抜けたのだろう か?

フランスはシリアの避難民としての肩書通りに、穏健な者として これらの闘士たちを受け入れる準備をしていたのだろうか?

Hosein が譲歩源から知らされたところによると、米国は当時ヨルダンで、このような者たちをシリアの民主軍と 呼んで訓練を始めていた。

レバノンのレジスタン スであるヒズボラとロシアの航空支援の援護のもとに、シリアアラブ軍(SAA)はシリア中で大きい進 展を果たした。SAAのシリアでのこの進展 はイスラエルの大きい脅威になった。こうして、(フランスを含む)シリアでの米国とイスラエルの連合は、SAAのシリアでの進展を防 止するために、さらなる関わりの必要を感じるようになった。

さて、フランスと米国 には、パリでのテロ攻撃の結果、シリアでの彼らの干渉を拡大する良い口実ができた。

Afraa Dagher は現在シリアに居住している政治アナリストである。彼女はシリア内の現状 と現在の危機いの性質に関する多くのコメントを書いている。
http://www.activistpost.com/2015/11/paris-attackers-fought-in-syria-trained-in-israel-report.html

翻訳 Taki

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here