Screen Shot 2014-02-09 at 12.20.10 PM

ヒラリオンの週間メッセージ 2014年10月 19日~10月26日 

http://www.therainbowscribe.com/hilarion2014.htm

Hilarion’s Weekly Messages

October 19-26, 2014

親愛なる皆さん

新しい地 球が姿を現したというビジョンを高く掲げるように世界中のライトワーカーに呼びかけます。この今という時に世界を悩ます幻想を作り出 すことによって目的から目を逸らし、脇道にそれないように自分自身を訓練して下さい。あなた方全ては、何が現実で真実であるかを峻別 し、経験したいと思うことを創造する能力を備えているので、これがあなた方が焦点を当てるべきことなのです。平和を自分の経験の中に 取り入れられれば、それが現実になります。これから平和はあなた方の周囲の世界の中へと流れだし、全ての人のあらゆるものに指数関数 的な効果を及ぼします。新しい時代はあなた方が思い描き、集中する最高の理想へのこだわりによって創り出されつつあります。ここでの 鍵はあなた方の天の生まれを毎日思い、天の息子/娘として行動することにあります。

人は魔術師である必要はなく、自身の善と統合を信 じ、それを続けなければなりません。他者には彼ら自身の道を選ばせれば良いのです。道を示す者が兄弟を鼓舞し上昇させるのは自身を例にし て示すことなのです。あなた方の周囲のその他の人達はあなた方の内側から放射されるものを見て感じ取り、それから刺激を受けて自分自身の 暮らしの中に放射出来る神聖な人間のテンプレートと例になります。今はあなた方の光を輝かし、あなた方の善とハートの輝きの純粋さを示 し、創造主の輝きへの深い愛を示す時です。あなた方自身が光であると日日唱え、この行いを怠らないようにして下さい。この保護の場を遮蔽 又は光の輪として自分の周囲に加える事が必要です。

出来るだ け多くの時間をより振動を高め、高い振動を維持するためにマントラ、祈り、言葉を欠かさないようにして下さい。自然の中で過ごす時間 を取り、地球と繋がり、グラウンディングを行い、宇宙エネルギーを自分の中に流してバランスを取り、調和を保って下さい。暮らしの活 動を出来る限り単純に、複雑ではないように保って下さい。なぜならこれによってあなた方がこのような時に地球上のここにいる理由を思 い出す助けになるからです。天と毎日通信をすることが必要です。これによって一人静かに時を過ごす事は、より高いエネルギーの取り入 れと今起きていることのダウンロードを助けることを意味します。道に迷わないように、自分の平衡と安定性の維持を助けるために知って いるあらゆる事を行って下さい。

集中に よって容易に創り出せるより高い振動の状態を創り出せるのですから、歓喜の感情と状態を創り出す事に集中して下さい。今と言う時にこ の状態をもたらすために利用出来る、あなた方一人一人が過去に持った多くの経験があります。感謝の対象になるあらゆることを毎朝、そ して就寝前にリストにして書き留めて下さい。これは、自分が思う以上の効果をもたらすので、これを毎日行ってください。挑戦的なこと や問題を経験しているとすれば、感謝をすることが習慣になるまで実践を続けられるように、自分を訓練しなければなりません。エネル ギーの錬金術師として、あなた方は自分の経験として取り入れられるあらゆることをより高く、より軽いエネルギーに転換出来るのです。 あなた方は既に毎日これを行っていて、それにより大きい力を与えるためには単に意識の中に取り入れる事だけが必要なのです。

繰り返し 念を押しますが、毎日コップ8杯の水で適切な水分補給をする必要があります。エネルギーのダウンロードが増すので、疲れを感じ、落ち 込む事があるでしょう。内分泌システムをハーブマカのような自然の補助手段が、メタボリズム、エネルギーレベルを調整し、分泌による健康という感覚と幸福感を創り出す重要なホルモンの生成を助けるので、 それによって健全な内分泌を調 整し、支援して下さい。出来る限り加工食品を避け、その代わりに生の新鮮な食品を摂取することがリラクセーションや深呼吸テクニック と同様に助けになります。10分ずつ3回に分けてもいいですから、毎日少なくとも30分間は運動をして下さい。体を通してエネルギー のダウンロードを進めるために体の各部を動かすことが大切です。真夜中以前の一時間の睡眠は、真夜中以降の二時間の睡眠に匹敵し、こ の実践によって副腎機能が回復します。これらがこの今と言う時に体への実践的な支援になる方法です。

来週又、 ヒラリオンより。

翻訳 Taki

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here