5月21日:ブロッサム・グッドチャイルドを通して~光の銀河連合からのメッセージ~

http://www.galacticchannelings.com/english/blossom21-05-17.html

5月21日:ブロッサム・グッドチャイルドを通して~光の銀河連合からのメッセージ~

ブロッサム:どこか、他の世の愛しい存在のみなさん!またやってきましたね。実はちょっと困った事がありまして、助けて頂ければと思うのですが。ある男性読者の方が、地球は平らなのか、ドーム内にあるのかについての真実等々をどうしても聞きたいと切望しています。それが、真実であるかどうかは別として…私はそれに関しての真実をお答えする‘立場’に無いと伝えました!私の安全や神聖な計画のタイミングやその他の様々な理由がありますが、私はこの件に言及する事はできないと言ったら、このような返事が返ってきました:

“何年間もあなたのブログを読んできましたが、この堂々巡りを抜け出したくて叫びたい程いらいらしています。より高度な存在の声を聞く‘耳’があるのなら、もっと具体的な事を聞き出せよと。これではまるで、歴史上最大の図書館にいるにも関わらず、何時間も棚の形や敷かれた絨毯を眺めているのと同じです。”

まあ、図書館のくだりに関しては確かにそうだし、何か考えさせられました。でも、何でもかんでも質問するのは正しくないと感じるのですよ。みなさんであれば私の気持ちが分かると思うのですが。まあ、ごちゃごちゃ言わずにみなさんにバトンタッチします。

光の銀河連合:ようこそ、親愛なるブロッサム及びこの旅を共に歩んでいるみなさん。まず、‘高度な存在’とコミュニケーションした事のない方たちにお伝えします・・・もちろんみなさんコミュニケーションできますが・・・こういったやり取りには双方が合意している決まり事があります。ブロッサムが言った通り、まだお話しするべきではない話題というのは実に‘たくさん’あります。特定の話題を‘避ける’のは、私たちがその事に言及するのは不適切であると・・・感じる・・・からです。前にもお伝えしたように、これから多くの真実が明るみに出ます。全人類をあっと驚かせるような真実の数々です。とはいえ、それらを「今」私たちから明らかにする事はできないという事です。

ブロッサム:今でなければ、後で教えてくれるの?

光の銀河連合:そうとは限りません。何故なら、適切な時にあなたはそういった事を目撃するからです・・・まさに直接目撃する事になるのです。そうなってから、その事についてどう思うかなどをみなさんにアドバイスする事はできます。とはいえ、繰り返しになりますが・・・私たちがこうしているのは、みなさんが愛である自らの真実や知識と統合するのを手助けする為で、混乱や恐怖を与える為ではありません。今回意見をして下さった男性に関して…彼は自ら選んだ道を歩んでおられます、その他全てのみなさんと同じように。とはいえ、彼が求めている真実が、他の人の求めている真実と同じであるとは限りません。

ブロッサム:でも、前にみなさんと真実がどうとかそういった話をした時に、地球は丸いのか平らなのか。その時みなさんは、それは自分の望むようにどうにでもなるといいましたよね。

光の銀河連合:それは正しいです。まさにその通りです。たった一つここでの問題は、地球のみなさんがひとつの場所、ひとつの状況に「決定」されていると‘思い込んでいる’という点です。地球にいる事で‘理解が欠如’してしまうのは分かります。ひとつの状況以外にも色々あるという考え方自体がみなさんの頭を混乱させてしまうようです。

ブロッサム:それは、前にもみなさんが言ったように、わたしたちはパラレル現実間や次元間をジャンプできるといったような意味合いですか?

光の銀河連合:その通りです。そして、それぞれのパラレル現実/宇宙/次元内には・・・いつも同じ場所にいると‘思わせる’ような共通点があります。

ブロッサム:これを理解できるように手助けしてくれますか?それは何に例えられますか?どうしても掴みきれないのですが。

光の銀河連合:それは何故なら、あなたは人間の形をしてその真っ只中にいるからです。でも、その中にいながらあなたが人間の形を抜け出して、純粋なエネルギーになり、望めば‘その機会の為に’純粋なエネルギーの形態を‘変身させて’全く違う何かに変わる事もできます・・・それは自在で・・・必要な間だけ・・・必要な時だけ・・・違った状況に「在る」事ができます。

もっと混乱してしまいそうな事を言うと・・・こういった事全ては、あなたの人間の身体が不在の状態でもできるし、あなたが居なかった事も自分では分かりません・・・何故なら時間など無いから・・・実際は。

ブロッサム:わお!なんでも全ては可能であるという事が理解できた気がする、だから地球もどんな形にもなり得るのね。

光の銀河連合:そうなのです。恐れながら言わせて頂くと、あなたも読者のみなさんも意識に制限がかかっているので・・・かなり小さめの枠内にのみに考えが制限されている生き方を選択されている関係で、たくさんの混乱が生まれています。

ブロッサム:でも、それは私たちが決めた事では無いですよね。制限、洗脳、法律、歴史等々によって私たちはこのような考え方になってしまいました。多くの方が何度も転生する中、この地球が全てだと思いながら生きて死んでいっています!そして、死んだら後は天任せ、もしくは人によっては地獄を信じる方も居るのでそっちに行くのかも・・・それだけです!私に関して言えば、少なくとも今世で少しは視野を広げる事ができた事に感謝していますよ。

光の銀河連合:お~!あなたに‘全て’を説明する事ができたらどんなに良いか。でも、‘全て’話せば地球に住んでいる間のみなさんの理解を遥かに超えてしまいますね。

ブロッサム:どこをどう説明すれば良いのか、というみなさんの葛藤を感じます。まあ、せいぜい頑張ってください!私たちの多くがもっと知りたいと望みつつ、ちょっとした事でいつも混乱してしまいます!

光の銀河連合:天国に行って幸せに暮らす事を‘これが全て’と信じる人にとっては・・・それが現実となります。その先の全てを探求しようと思う時が来るまでは。また混乱させてしまうかもしれませんが、そう思うのはその人の一部の要素に過ぎません。人とは、多面的にカットされたダイアモンドのように、同時に何千ものアドベンチャーに繰り出しているからです。

ブロッサム:では、地球が平らかどうかの話に戻していいですか?地球の現実の中のひとつには、みんなが壮大なドーム内に住んでいるという現実もあるという事?

光の銀河連合:もちろんそういう地球もあります!そうでなければなりません、何故なら全てが無くてはならないからです!全ての可能性が在り得るのです!‘その世界’を選択する人は・・・その信念を選ぶ人は・・・それがその人の真実となります。宇宙とは永遠に続くもので・・・他の銀河にも届くと信じる人は・・・それも真実です。

ブロッサム:はい、でも何で同じ世界に住んでいるのに、それぞれの真実が違うなんて事があるの?あ、みなさんの答えが聞こえた・・・良くぞ聞いてくれたですね!

光の銀河連合:はい、何故なら全ては幻想だから。実際には何もありません。だからこそ、人は望みどおりにその世界を‘創りあげる’事ができるのです。

ブロッサム:創らない事もできる!

光の銀河連合:地球に住むみなさんは、その中に囚われの身になっていると信じていますね。“そうではないのです。” あなたのスピリットは自由です。あなたの魂も自由です。違うと思えるのはあなたが・・・“自由ではない”と・・・そう信じ込んでいるからに過ぎません!

ブロッサム:でもね、実際時々囚われていると感じるのですよ・・・社会的な決まりとかルールとかに。それが地球でのあり方ってものです。

光の銀河連合:敬意を込めて言わせて頂ければブロッサム、それはあなたが意識として‘創りあげた’あり方ですよ。

ブロッサム:では、私たちは集合意識として、この現実を‘構築’したという事か・・・個人的にそこから抜け出す事はできないの?

光の銀河連合:今まさに、あなたはそれをしているのです!その為に地球に来たのです!あなたは経験として・・・自ら創りあげたしがらみから自分を解放させようとしています。みなさんひとりひとりが考え方を変えていくにつれ…‘こうであるべき’という条件付けが崩れていき、新しい形へと変わっています。そして“今回のみなさん”は…真新しい経験をお望みですね。

ブロッサム:でも、私たちは以前にも愛の光の経験をしているのではないですか?

光の銀河連合:似たような経験はしています。みなさんは多くの人生を様々な考え方を持ちながら生きてきましたし、その中で愛の光もたくさん経験しています…例えば:レムリアやアトランティスやその他の時代です。そして、みなさんは集合意識としてどこに、どうして落とし穴があるかを学びました。
だからこそ、今回は非常に注意深く…同じ間違いが起こらないように気を付けています。何故なら、過去の経験においては大規模な破壊に繋がり、‘進化’とは違う道に逸れてしまったからです。

とはいえ、気が付いて頂きたいのは、それもどうでもよいという事です。その時はただの違った経験であり、人は何度だって挑戦し続ける事の出来る程、有り余る時間があるのですから。

そう言ったものの…今回に限っては…話が違います。集合意識はある折り返し地点に到達し、この新しい地球のスタイルはこのまま継続する事となったからです。一度、ベースとなる基礎が出来上がったら、次はその上に積み重ねられる事となり、崩してまたやり直しの方式ではなくなったのです。

ブロッサム:そうなったという保証はどこにあるの?

光の銀河連合:それは厳密には言えません。でも、ひとつ言えるのはそれが‘定め(ordained)’られたという事です。

ブロッサム:ordainedという言葉をGoogleで調べたら‘正式に定められた’とありますが…誰が定めたの?

光の銀河連合:全体の集合意識がです。

ブロッサム:そして、今地球にいる私たちはその新しい地球とやらのベースとなる基礎を設置しているの?

光の銀河連合:そうです、一呼吸ごとに。

ブロッサム:でも、それは新しい地球に‘住みたい’という人の為だけよね?同じ地球の違った次元に住みたいという人もいるかもしれないし、そうでしょう?次元というのは同じ地球の、違った側面という見方で良いの?

光の銀河連合:そういう事もあります。何というか、全てには次元があります…一つの経験にもたくさんの次元があります。

ブロッサム:では、ズバリ次元って何なの?

光の銀河連合:手助けの場です。

ブロッサム:(笑)。なんだ、また小難しい事を言って混乱させられるのかと思いきや、そうでは無かった!ズバリそのままの答えでした。正直言って、みなさんの言う事はズバリそのままの事が少ないですからね。

光の銀河連合:それにも理由があるのですよ。中には、私たちの事を‘適当な事を言うだけ’でいつもズバリの答えを言わないとお思いの方がいらっしゃるようですから。

ブロッサム:はい、そう思っている方はたくさんいらっしゃいます。私だって、時々そう思うし。とはいえ、何かしらの理由がある事は受け入れています。ところで、その理由とは何ですか?

光の銀河連合:以前にも言いましたが、物事には今明かさない方が良い事もあるのです。私たちからお伝えするのではなく…みなさん自身が実際目撃した上で知るべき事とか…そしてその他にも、単に私たちが介入するのが適切でない事もあります。

先ほどの読者の男性の言っていた図書館というのは、普通の図書館と同じように人ぞれぞれ探求するべき様々なカテゴリーがあると言え、中にはフィクション作品の欄、歴史、地理、教育関係のなど様々です!私たちは、みなさんに図書館に入ったら‘愛’関係の資料に集中してくださいとお願いしました。そしてみなさんは、そうしてくださいました!そうして下さった対して、私たちは永遠にみなさんに感謝したいと考えています。

ブロッサム:わお、今の最後の一言で涙が溢れてきました。それは、私たちがうまくやっているとみなさんから評価されているという意味かな!今日のおしゃべりありがとうございます。容易さと愛の恵みが流れていました…愛しています。

光の銀河連合:あなたである愛で居続けてくださいね。いつか…全ての混乱の…意味が分かります。このアドベンチャーに選ばれたお一人お一人に愛と感謝を送ります。

Website: Blossom Goodchild

訳:JUN

LEAVE A REPLY